Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. 特集

あなたは大丈夫⁈ ハマるなキケン! 【潤いアンバランス落とし穴】 大人の夏スキンケア

汗はダラダラ、スキンケアもあぁ面倒くさい....。暑いからって夏のスキンケアを怠ると大変なことに!! 陥りがちなパターンからまずは「保湿しているのに部分によって潤いが足りない”潤いアンバランス穴”」を解説。

1.クレンジングで汚れをきちんと落とせていない
2.保湿クリームを全顔にまんべんなくたっぷり塗っている
3.怠ったクレンジングでぽつぽつ角栓増殖中

こんなことが思い当たるいい加減スキンケアが日常化しているアラサー女子は、美容プロによる正しい夏のケアで気持ちを入れ替えて!!

保湿してるのに残念! 潤いアンバランス穴

<うっかり落とし穴1> 潤いを奪わない、マイルドタイプでやさしくやさしく
夏も保湿が肝心ね。まずはクリーム5点置きしてっと
<うっかり落とし穴2> 内から外にスーッとなじませまーす
<うっかり落とし穴3、ドボン!!> イヤーン、Tゾーン角栓ポツポツ、Uゾーンはかっさかさ
ナビゲーター:モグラ先輩
間違ったスキンケアで落とし穴にハマっている女子たちに関西弁でツッコミを入れまくる、意地悪で親切なおっさん、もといお兄さん
【顔の中の肌状態を見極めて強弱をつけた潤い補給をすべし!】
乾く部分とテカる部分に同等に水分や油分を補給したのではその差は開くばかり。
「夏は潤いを入れる力は弱く、出ていく力は強い。朝起きたら、いちばん乾く目じりといちばんベタつく小鼻の横の肌をチェックして。この差が縮まるようにケアに強弱をつけて」 (美容家 小林ひろ美さん)
「ベタつきを嫌って乳液やクリームを省略すると秋に泣くことに。最低でも乳液を」(トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん)
<うっかり落とし穴1>及び腰クレンジングで汚れをきちんと落とせていない 「乾きやすい頰から洗うなんてもってのほか。おでこや鼻、あごなど皮脂で汚れる部分から洗い、頰やフェイスラインへ、という順番を意識して。きちんと汚れを落とせていないと化粧水はじめスキンケアも入っていきません。やさしくかつきちんと洗顔を」(小林さん)
<うっかり落とし穴2>保湿クリームを全顔にまんべんなくたっぷり 「夏はテカる部分と乾く部分の差が開く季節。洗顔時とは逆で、特に保湿したい頰など顔の外側から重点的に保湿し、Tゾーンなどはその余りで軽く。つけ方を工夫するだけで顔の中の肌の潤いアンバランスの差が縮まります」(小林さん) 抗酸化に働くオイルベースの有用成分を豊富に含みながらも水のようにフレッシュなテクスチャー。ベタつきが苦手な人に。イドゥラ ビューティ マイクロ クリーム 50g ¥10000/シャネル
<うっかり落とし穴3>及び腰クレンジングでぽつぽつ角栓増殖中 「乾燥肌やし、敏感肌やしぃ~と言って夏の落ちにくいメイクしてるにもかかわらず、クレンジングはやんわりやんわり。そのせいで毛穴に汚れを詰まらせて、ぽつぽつ黒ずみ毛穴、つくってる子、多いよな。取りすぎはあかんけど、取らなさすぎもNGやで」(モグラ) 粘着力のあるバームが角栓を溶かし出したあと、チップタイプのローションで角栓の原因、毛穴内部の重層化を防ぎ、毛穴部分の肌を引き締める。丁寧で穏やかな毛穴ケアでさらば黒ずみ毛穴。ポアスキンケアステップス バーム 20g・ローション 6ml ¥4500/イプサ

教えてくれたのは…

●美容家 小林ひろ美さん
美・ファイン研究所主宰。過去に自らも落とし穴にハマり、シミを経験。そこから独自の美容理論で無事脱出。そのエイジレスな白肌は羨望の的。

●トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん
化粧品頼みだけではなく、栄養や運動、ライフスタイル全般を通してキレイになる方法を提案。数多くの肌を見てきた実績あるアドバイスに定評。
顔の部分によって保湿度や毛穴状態が全然違うなんて!!強弱をつけた潤い補給と部分別ケアで正しい夏仕様のスキンケアを。暑ーい真夏のケアを怠ると大変!自分のいい加減スキンケアを今一度見直して、きちんとしたアラサー美肌のためのお手入れを!!陥りがちな落とし穴別スキンケアを紹介する「大人の夏スキンケア落とし穴」特集はBAILA9月号にて詳しく掲載中です!
撮影/横山翔平<t.cube>(人)、ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/藤本 希<cheek one> モデル/松原麻衣(スーパーバイラーズ) イラスト/hamchim 取材・原文/平 輝乃