Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択

持つだけで気分も上がり、着こなしもビシっと引き締まるブランドバッグは、いくつでも欲しくなるアイテム。ブランドを象徴するものとして、バッグの形や金具モチーフなど色々ありますが、もっとも“らしさ”が分かりやすいのが、ブランドアイコンのモチーフやロゴを総柄に仕立てたモノグラムパターン。世代を超えて愛され続けるアイコンとなっているんですが、今シーズン、久々にモノグラムを使ったバッグが増えてきたんです。
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_1
ブックトートという名のDIORの新作は大ぶりのモノグラムバッグ
そもそも、昔からあるじゃないか、と思われるかもしれませんが、定番品以外にモノグラムバッグがこれほど目立ったシーズンも久しぶりなんです。ヴィンテージライクな“古く良き”クラシカルなイメージとともに、今っぽいアレンジを加えたデザインで、欲しい気持ちを刺激するものが勢揃いしているので、ご覧ください。

モノグラム花盛り! ブランドの新作バッグがこちら

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_1

1/7

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_2

2/7

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_3

3/7

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_4

4/7

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_5

5/7

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_6

6/7

【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_7

7/7

【LOUIS VUITTON】言わずと知れたモノグラムバッグの代名詞的存在のルイ・ヴィトン。いつも出ている印象があるかもしれませんが、今シーズンの新作はだまし絵風のトロンプルイユバッグや、ヴィヴィッドカラーとのコンビネーションが新鮮。
【FENDI】いつかは欲しいと憧れている人も多いフェンディでもアイコンのFFマークのモノグラムパターンのバッグが登場。このモノグラム、手描き風のパターンで、クラフトタッチなイメージに仕上がってます。
【FENDI】定番のブラウンバージョンも、手描き風モノグラムで、ほかにはないスペシャル感が楽しめる。ヴィンテージライクな味わいもあって、長く愛せそうです。
【CUGGI】現在のヴィンテージブームの火付け役ともいえる、勢いが止まらないグッチ。アイコンのGGパターンと3本ラインのウェブストライプを組み合わせたバッグがずらり。注目のウエストポーチタイプも気になります。
【COACH】コーチからも久しぶりにモノグラムバッグが登場。とはいえ、オリジナリティ溢れるモチーフやアップリケなどを施されたバッグで、他にはない仕上がり。細長いハンドルも凝った作り。がま口型のクラシカルムードとのコンビが、今の気分にぴったりで欲しくなる!
【MAX MARA】淡いトーンの上品なモノグラムバッグは、マックスマーラの古くからあるモノグラムパターンをリバイバルしたものだそう。幾何学模様のようなモダンな文字が素敵です。
【SAZABY】おなじみブランドのサザビーからもモノグラムバッグが登場。かつて1970年代に流行ったニュートラブームを思わせるような、トラッド風味というか、プレッピームードが漂って。日常にクラシカルなムードをトッピングするのに最適。イエローなどヴィヴィッドな差し色使いが今っぽい。
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_1
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_2
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_3
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_4
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_5
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_6
【春の新作バッグ】ブランドアイコンのモノグラムという選択_2_7
ひとことでモノグラムと言っても、仕上げでキャラは様々。むしろブランドらしさが際立ってくるから、自分にどんなムードを加えたいかで、使い分けるのも面白そう。どのバッグを持っても、上品さやクラシカルなニュアンスが漂うから、今シーズンはねらい目ですよ。(副編ナカディ)

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン