Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開

この秋デビューさせた新ブランド【COEL(コエル)】も絶好調なBAILAカバーモデルのヨンア。永遠の名品バッグからかごにスニーカー、モードな最旬靴まで彼女ならではの"好き"が詰まった今のスタメンを見せてもらいました。

【シューズ】甘めの服を大人に仕上げる、エッジの効いたモードな靴

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_1

1/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_2

2/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_3

3/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_4

4/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_5

5/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_6

6/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_7

7/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_8

8/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_9

9/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_10

10/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_11

11/12

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_12

12/12

シャネルのバックストラップシューズ
ディオールのメッシュショートブーツ
セリーヌのフラットシューズ
トッズのフリンジつきドライビングシューズ
トッズのダッドスニーカー
ジル・サンダーのレースアップシューズ
J.W.アンダーソンのリボンストラップシューズ
レペットのメタリックバレエシューズ
ATTICOのリボンストラップつきバイカラーサンダル
プロエンザ スクーラーのウッドプラットフォームサンダル
Aquazzuraのエスニックサンダル
メゾン キツネのアンクルストラップシューズ
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_1
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_2
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_3
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_4
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_5
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_6
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_7
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_8
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_9
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_10
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_11
【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_1_12
「季節の変わり目などにまっ先にトレンドを取り入れやすいのってやっぱり靴だと思うんです。今回、最近のお気に入りをピックアップしたけど、こうしてみると好きな靴ってどうしても似ちゃうんですね(笑)。プレーンなものより、ちょっと辛めのデザインが好き。あと、よく周りの人からも言われるけど、ストラップやリボンなど"足首にデザインのある靴"が多いかな。シンプルだったり、フェミニンになりがちな春夏の服にも、ちょうどいいアクセントになります。靴からスタイリングを考えることもよくあって、まず新しい靴を買った次の日は絶対にそう。『今日はこの靴が履きたい!』とワクワクしながら洋服を選ぶのって、本当に楽しくて。靴って、出会った瞬間、履いた瞬間ピッタリきちゃうと『あ。私のだ!』って、シンデレラじゃないけど運命を感じてしまうんです。家に連れて帰ってからもあの服に合わせたら可愛いかも、こっちもいいかも、ってずっと考えてしまったり……。自宅のシュークロゼットはきちんと整理して、どこに何があるかちゃんと把握しているし、ヒールなどのメンテナンスもマメにしながら大切に履いています。それくらい靴が大好きなんです」

【バッグ】コーデのポイントになる最旬デザインが勢揃い

【COELデビュー記念♡】ヨンアのスタメン靴&バッグを一挙特別公開_2
「私、お財布と携帯とリップがあれば基本、大丈夫なんです。子どもといるときはママバッグがあるし、出かけるときの持ち物が少なめ。だから実用性のあるものからアクセサリー感覚のものまで、バッグのコレクションの幅は広いほう。ひと目ぼれだったり、持ってみたときの雰囲気だったりとにかく直感で選んでいて、バッグは難しく考えるより、"出会い"を大切にしています。このグリーンのケリー(中)もずっと探していて、去年の12月、ハワイでやっと出会えたもの。春夏はカラフルなコーデが多くなるから大活躍しています。かごバッグもすごく好きで、毎年買い足したくなっちゃうんですが、今年はロエベとフィリップ リムをヘビロテ中。ディオールのロール型バッグは実はメンズのもので、旦那さんのものを買いに行ったとき店員さんがすすめてくれたんです。おしゃれって出会いだなぁってあらためて思いました。バッグもきちんと保管しておかないとレザーが傷んできたり形崩れしてしまうので、クロゼットをこまめにチェックしてます。お風呂に入っていてもたまに『あのバッグどうなってるかな!?』と気になったりして、上がったらそのまま確認しに行くことも(笑)」
撮影/魚地武大〈TENT〉 取材/杉山ゆり ※BAILA2018年8月号掲載 ※掲載アイテムはすべて私物です

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン