Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Love & Wedding
  3. 婚活

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)

周囲の友人たちが結婚していくなか、なぜ私だけ!?と焦りとモヤモヤが募る30代未婚女子。「好きな人と恋愛して結婚したい」だけなのになかなか前に進めない、11人それぞれの(涙)の事情を聞きました。

「彼がいる人」が結婚できない4つのワケ

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_1

1/4

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_2

2/4

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_3

3/4

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_4

4/4

【CASE1】 今の彼は大好きだけど、仕事がよくないので転職して今よりよい条件になったら結婚しようねと話している。けれど転職活動しないまま4年目に! 条件面でいい人を探すべきなのか、目をつぶって今の彼と結婚するべきなのか悩む。 (32歳・講師 交際4年)
【CASE2】 今の彼は大事にしてくれるけど男性として見られない。前の彼には振り回されたけど男性として見られた。どっちも結婚向きじゃない。好きな人に好かれて結婚したいだけなのに! (34歳・接客 交際2年)
【CASE3】 今の彼は穏やかで何でも私の言うことを聞いてくれる。でも彼に対してときめきがない。一緒にいてラクだし、やさしいパパにはなってくれそうだけど…。 (33歳・製造業事務 交際1年)
【CASE4】 大好きだった恋人にふられて、次につきあった人だから、テンションが上がらない。 (31歳・マスコミ 交際1週間)
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_1
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_2
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_3
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_1_4
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_1

1/7

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_2

2/7

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_3

3/7

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_4

4/7

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_5

5/7

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_6

6/7

それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_7

7/7

【CASE1】 婚活アプリに登録。 写真やプロフィールを見れば見るほどもっといい人がいるかも、と決められない。 (33歳・商社)
【CASE2】 20代のころのあの元カレより好きになれる人なんていないって決めつけてしまう。同年代の男性も求めているのは20代だろうし。 (32歳・医療事務)
【CASE3】 子どもを産みたいということ以外に焦って結婚する理由が見つからない。でも子どもは欲しい。このモヤモヤどうしたらいいんでしょう。できるものなら私だって好きな人に出会いたい! (35歳・営業)
【CASE4】 思われるより思いたい!あなたじゃない、という人ばかり寄ってくる! (30歳・公務員)
【CASE5】 しばらく頑張って恋活・婚活していた時期もあるが、どの人もいいと思えなくて疲れてやめました。 (30歳・医療)
【CASE6】 そもそも好きとかつきあうとかがわからなくなってきた。さらにその先の結婚なんて思考停止。業務的に「結婚する」と割り切ればいいのかもしれないけど、やっぱり恋愛して結婚したい! (31歳・医療)
【CASE7】 内面、外見トータルしてなんとなく好きって思える人がいない。好きでもない人と無理におつきあいして時間をムダにするのはイヤ。夫婦関係破綻している友達を見ると特にそう思ってしまう。 (35歳・印刷営業)
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_1
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_2
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_3
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_4
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_5
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_6
それでも「好きな人」と結婚したい11の事情(涙)_2_7
ある日編集部に届いた、「好きな人と結婚したい」という読者からの切実な声。「好きな人」が「結婚向き」なのがいちばん理想。でも、だからこそ30歳からの恋愛が難しくなってる!? 複雑な30代女子の結婚事情を、今後も紹介していきますのでお見逃しなく!
イラスト/平松昭子 取材・原文/東 美希

Baila Movieバイラムービー

バイラーズTV 今月の推しコンテンツをご紹介

【スカーフアレンジ】“包む”だけで格段にこなれる「バッグアレンジ」

【スカーフアレンジ】「ネクタイ風巻き」でアウタースタイルが華やかに!