Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由

出雲に行くなら神無月(旧暦の10月)と言われるのは、全国の神様が出雲大社に集まってきて、出雲以外の場所の神様が留守にしてしまうから。この時期は出雲だけは神在月と言われている(2018年は11月18日~24日も神様が集まると出雲大社は発表)。そう、秋は出雲巡りのベストタイミング。縁結びで名高い出雲大社をはじめ、寺社仏閣や美術館など、女子旅の定番スポットでもあります。ただ……

観光スポットの充実度や食べ物のおいしさは全国でも屈指の場所ながら、これまで1点だけ惜しいポイントがありました。

それが宿。出雲地方にも宍道湖(しんじこ)周辺を中心に温泉宿はあったのですが、いかんせん出雲大社が遠い! という難点があったんです。
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_1
旧暦10月の神無月には、ここ出雲大社に神様が集まってきます。
出雲巡りをする誰もが行きたい場所、出雲大社の近くに宿(しかも、いい温泉宿)があったら最高なのに……という気持ち。出雲に行ったことがある人だったら、誰もが思ったに違いありません。


そ・れ・が!!!


なんと、徒歩圏内に絶対満足できる温泉宿ができたというではありませんか!!!!

いい湯につかった翌朝、早朝から出雲大社参り、なんてことも楽々できちゃう宿。
それが【佳雲(けいうん)】です。
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_2
期待値をぐんと高めてくれるエントランス。
徒歩、なんと8分で出雲大社に行けちゃう。
そんな夢のような温泉宿だから、出雲に行くなら、もうここがベストポジション。しかも、お湯も部屋も、料理も最高レベルとあって、泊まらない理由が見当たらないほどなんです。

近いだけじゃない!【佳雲(けいうん)】に泊まりたい理由はこちら

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_1

1/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_2

2/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_3

3/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_4

4/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_5

5/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_6

6/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_7

7/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_8

8/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_9

9/10

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_10

10/10

ふっかふかのお布団で最高の寝心地を約束 まず、部屋に入ると出迎えてくれるのが、このふっかふかのお布団。思わずダイブしたくなります。ちなみに、こちらは「結の間」で、ベッドは3つ。檜内風呂もついてます。
大きな窓辺にくつろぎスポットが 部屋には田園風景を眺められる大きな窓が。窓辺には、ゆったりくつろげるチェアをご用意。ここでのんびり読書なんていうのも至福の時。
コーヒーミルで挽きたての、おいしい珈琲が部屋で楽しめる 部屋にはお茶セットだけでなく、コーヒーミルとコーヒー豆と、ドリップできるセットが一式常備! 入れたての本格コーヒーを出雲の焼きもののカップで飲みながら、のんびりできる。さりげない、嬉しいおもてなしにグッときます。
いろんな種類の枕をお試しできちゃう 枕が変わると寝られない、なんて人も安心ですよ。なんと、様々な寝心地の枕を集めた「まくらBAR」を設置。早い者勝ちながら、好みの枕を見つけるチャンス!
ビジュアル映えする浴衣も選べる 女子の温泉旅を盛り上げてくれるのは、ビジュアル映えする浴衣。色もデザインもバリエーション豊富。可愛い系にするもよし、大人っぽくシックにするもよし。
まろやかなお湯がいい!大湯処 雲の湯 「蒼雲」 大浴場は出雲大社のイメージのお社が。お湯はやわらかでまろやかな肌あたりの単純泉で、のんびり浸かっていたくなります。床が畳敷きなのもさりげなく心地いい。
外気が気持ちいい石造りの露天風呂 「蒼雲」には屋外ではないものの、外気のひんやり気持ちいい、半露天のお風呂も。頭寒足熱で、ずっと入っていられそう。
貸切風呂が、なんと5つも! エキゾチックなムードの「漆の湯」は漆塗りの真っ赤な湯舟が、黒い室内に映えて。和の映画の中に迷い込んだような気分になれます。貸切風呂は空いていれば予約なしでいつでも、何度でも入れるというのも嬉しいポイント。もちろん無料。
貸切風呂「絹の湯」は檜造りで優雅な気分 漆の湯と打って変わって、檜造りの白木の湯舟は、まさに正統派の和の湯。桝形の湯舟に浸かれば、気分は優雅になること請け合い。
海の幸・山の幸を堪能できるお食事 日本海でとれる海の幸や宍道湖のしじみなど海鮮のおいしさはもちろん、山の幸もふんだんに取り入れた食事をご用意。こちらは夕食の写真。このあと穴子切飯、鱧の土瓶蒸し、お造り、眼張の煮付、和牛石焼…と続きボリュームたっぷりでしたが、ついつい食べちゃいます。
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_1
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_2
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_3
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_4
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_5
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_6
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_7
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_8
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_9
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_3_10
★【佳雲】から@BAILA読者限定プレゼント実施中!
BAILAのweb記事を見て予約すると「夕食時にお好きなドリンクを1杯サービス」を宿からプレゼントいたします。
期間:2018年9月~12月末までの予約分

※宿の公式webサイト(https://www.hotespa.net/resort/)で予約をする場合は、ご予約する際の「お問い合わせ欄」もしくは「備考欄」にて『@BAILAを見て予約しました』とご記載ください。
※お宿へ直接お電話(℡0853ー53ー8877)で予約をする場合、『@BAILAを見て予約しました』とお伝えください。
※公式サイト以外の予約サイトからご予約された場合にはプレゼントは承れませんのでご注意ください。
※画面タップするとそれぞれのサイトに飛べます。
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_1

1/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_2

2/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_3

3/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_4

4/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_5

5/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_6

6/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_7

7/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_8

8/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_9

9/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_10

10/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_11

11/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_12

12/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_13

13/14

出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_14

14/14

絶対行くべき場所№1は何はともあれ出雲大社 縁結びの神様として広く知られる出雲大社は日本屈指のパワースポットともいわれる聖地。国宝にも指定されている大国主大神を祀る御本殿と客殿などは、この八足門の奥にある。門の手前の3つの円モチーフは、古代に3本の大木を束ねて1本の御柱とした跡。
出雲大社は後ろ姿から拝むのもよし 大社造りという日本最古の神社建築様式による御本殿の後ろ姿を拝むことができる。大国主大神がうさぎを助けたという神話「因幡の素兎(しろうさぎ)」にちなんだ、うさぎの石像と一緒にお参りしてみるのも一興。
一番奥に位置する素鵞社(そがのやしろ)も見逃さないで 出雲大社境内の一番奥にある素鵞社(そがのやしろ)は、大国主大神のお父上にあたる素戔嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りしている。生い茂った緑を背に厳かな雰囲気のお社は、清々しい朝の時間帯にお参りするのもオススメ。
日御碕神社はサンセット前に行くべし 出雲めぐりのもう一つのメインスポットは日御碕神社。日本の昼を守る伊勢神宮に対し、夜を司る神社で、松林に映える朱塗りの社殿が目印。写真は素戔嗚尊を(すさのおのみこと)を祀る上の宮「神の宮」のある高台から天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る下の宮「日沈宮」を見下ろした眺め。
神社をお参りした後は日御碕灯台へGO! 日御碕神社から車で5分ほどの日御碕の突端にそびえる白亜の灯台は、石造りでは日本一の高さで「世界灯台100選」にも選ばれている。展望台からは日本海のパノラマが楽しめる。
日御碕灯台からは美しいサンセットを眺めたい 夕暮れ時になると、日御碕灯台の周囲にはサンセットを待つ人々が集まってくる。日本海へと日が沈む眺めは、まさに絶景。青い空が茜色へと輝きを増していく美しさは格別。雲にかからず水平線への日の入りを見ることは、地元の人でもめったにないことなのだそう。
足立美術館の日本庭園は絵画のような美しさ 米国の日本庭園専門誌による日本庭園ランキングにおいて、2003年から日本一となっている足立美術館の庭園。館内の窓枠を額縁に見立て、そのまま絵画として眺める「生の額絵」は、まるで琳派の絵のようにバランスよく配置された自然による絵画。四季折々の眺望を楽しめる。
遠方の山まで借景にした枯山水庭 足立美術館の主庭の枯山水庭の広々とした眺めは雄大そのもの。険しい山に見立てた立石と、そこから流れる水が大河に流れ込む様を白砂で表現している。手入れの行き届いた庭園と借景とした遠方の山とのバランスも絶妙。
美術館内の喫茶室の内装も素敵なんです! ゆったりとコーヒーやお茶を楽しみながら枯山水庭を眺めることができる喫茶室「翆(みどり)」も、オススメ。クラシカルなソファやカーペット、照明などリュクスでレトロな内装は一見の価値あり。思わず写真を撮りたくなっちゃうはず。
縁結びを願うなら外せない八重垣神社 「八雲立つ 出雲八重垣 妻込めに 八重垣造る その八重垣を」と素戔嗚尊(すさのおのみこと)が稲田姫をめとった喜びを詠ったといわれ、夫婦の宮処として建てられたのが、この八重垣神社。その伝説から縁結びの神様として古くから参拝客が絶えない女子旅に超人気スポット。
八重垣神社の奥にある“鏡の池”へ 八重垣神社の奥の院にある鏡の池は、縁の遅速を占う池とされて全国の女性たちが詰めかける人気っぷり。稲田姫が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)から隠れたときに飲料水にしたという池の水には、稲田姫の御霊魂が浸透しているとのいわれがある。
ドキドキ!水面に紙を浮かべる鏡の池占い 池に占い用紙を浮かべ、硬貨をそっと乗せる鏡の池占い。早く沈めば縁が早く、遅く沈むと縁が遅く、近くで沈むと身近な人、遠くで沈むと遠方の人とご縁があると伝えられている。沈む前に浮かび上がる言葉も、かみしめて。女子どうしで訪れれば、盛り上がること間違いなし。
ゆったりとした佇まいで迎えてくれる熊野大社 出雲の国の一之宮と言われる熊野大社は、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の別神名、加夫呂伎熊野大神櫛御気野命(かぶろぎくまののおおかみ くしみけぬのみこと)をお祀りしている。ここも知る人ぞ知る、縁結びのパワースポットとして有名。一の鳥居をくぐり、朱塗りの八雲橋を渡って境内へ。
お土産にもオススメの熊野大社の御櫛 熊野大社で行われる御櫛祭りにちなんで作られた御櫛には、雲のモチーフが描かれている。縁結びのお守りも同封され、熊野大社でしか手に入らない。
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_1
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_2
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_3
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_4
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_5
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_6
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_7
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_8
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_9
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_10
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_11
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_12
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_13
出雲大社に行くなら温泉宿【佳雲】がベストな理由_4_14
訪れたいスポットがいろいろある出雲ですが、弾丸旅なら夕方の日御碕方面、早朝の出雲大社詣を核にしてスケジューリングするのがおすすめ。絶景と清々しい聖地のパワーを満喫できること請け合いです。
いにしえの宿 佳雲
〒699-0721 島根県出雲市大社町修理免字本郷1443-1
TEL : 0853-53-8877

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン