Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. Lifestyle

植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】

自然の中でゆっくり楽しむBBQランチ

そのユニークなロケーションは、陸上競技場もある大阪市の長居公園。植物園に入ってしばらく歩いていくと、木々にはカラフルなガーランドやシャンデリアなど、しゃれたデコレーションがあちこちに。さらに奥の芝生広場には巨大なテントやハンモックもあり、まるで海外の野外フェスのようなピースフルな雰囲気。

こちらの「HANDSOME bot GARDEN(ハンサムボットガーデン)」は、元もとアメリカンバーベキューのケータリング業からはじまり、アウトドアウェディングもプロデュースするグランピングカフェ。
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_1
カフェの真裏は白鳥もスイスイ泳ぐ広い水辺
休日のランチにぴったりなのが、ミックスBBQシェアランチ¥2680(税込)。ステーキにケイジャンチキン、骨つきポークリブ、ワッフルにたっぷりのサラダ、とボリューム満点。2〜3名でシェアして食べるのにぴったり。飲み物はやっぱりビールかな〜。

水辺のウッドデッキから広がる約3500坪もの芝生広場には、ビリヤードやシャッフルボード、巨大ジェンガなど、大人も本気になってしまうアナログな遊び道具をレイアウト。
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_1

1/5

植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_2

2/5

植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_3

3/5

植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_4

4/5

植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_5

5/5

わいわいシェアしながら食べたいアメリカンBBQ
巨大なテントは代理店も務める北欧のcanvascamp社のもの
芝生広場にはいろんな遊び道具がスタンバイ
ジェームス・テイラーの紅茶を使ったロイヤルミルクティーソフトクリームは¥350(税込)
ディスプレイの家具などの多くはアメリカで買い付けたもの
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_1
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_2
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_3
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_4
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_2_5
ここでのガーデンウェディングはもちろん、夜は貸し切りでパーティーなども可能。いつもと違ったロケーションで秋の夜長を楽しんでみませんか?
植物園内のグランピングカフェ。景色を楽しむお店へ③【関西のイケスポ】_3
木々を彩る装飾は国内の作家の手作り
【HANDSOME bot GARDEN(ハンサムボットガーデン)】 
住所:大阪市東住吉区長居公園1-1 長居植物園内芝生広場
☎06(7777)1779
営業時間:10:30~16:30(11~2月は~16:00)
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日休)
植物園入園料¥200

取材/天見真里子 撮影/佐藤純子

Feature特集