Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty

可憐な唇になれる、ベルベットリップ

遅ばせながら、BAILA1月号の大特集はアガる黒!

黒大好きな私にとって、永久保存版の特集でした。
黒について熱がありすぎて、何を書こうか考えているうちに日にちが経ってしまった…
1月号ではBAILA TIPSページ書かせていただきました。嬉しい!
ブラックコーデについてはBAILA1月号で満たされていると思うので、
黒好きな私がコーデの差し色にしている
ベルベットリップを紹介させていただきたいと思います。

まず黒好きの日のコーデはこんな感じで…
ブラックコーデの日は、コートも黒なので、

中は黒ベースに柄物の水玉スカートで遊びを入れたり、
足元をホワイトブーツにして抜け感をだしたり、

黒子にならないように注意しています。それでもトーンが暗いので
アラサーの疲れた顔はくすみがち。

リップは必ず、発色の良い明るい色を投入しています。

最近、つけているのが ジルスチュアートのリップブロッサム ベルベット 01。
鏡付きの手直しOKリップ
熟れてきたアメリカンチェリーにブラウンがかぶさったようなカラーで、

ありがちなレッドリップより、ちょっと可憐な少女っぽさが出て
ハッピー感をまとえます。

質感がベルベットなので、少女っぽさが悪目立ちせずブラックコーデの差し色になってくる!

男性ウケがなかなか良いのでモテリップなのかも!?
本日クリスマス、ご予定がある方は今からでも♡笑
年を重ねるとコーデが黒すぎると怖い印象になってしまう気がするので、、
BAILAの表紙を飾るヨンアさんみたいにハッピーさは足したいところ!

ぜひぜひ、リップ試してみてください^^
インスタグラムもやっております。

良かったら、覗きにきてください^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました!