Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION

傘さすセレブ&ささないセレブ。雨の日だって絵になることが第一です

季節はずれの冷たい雨や、嵐のような強風とともに降る雨、何も予定のない日曜日の午後に静かに降る雨や、きまぐれなリズムで降る雨・・・。ひと言で雨といってもいろいろな降り方がありますよね。どんな降りかたのときでも皆さんはご自分で傘を差しますか? 強い風の日はレインウェアでしのぐという方もいますよね。セレブの場合はどうなんでしょう? 
傘さすセレブ&ささないセレブ。雨の日だって絵になることが第一です_1
(c) FAMEFLYNET PICTURES/amanaimages 
ある日のカーリー・クロスはビニール傘をさしてニューヨークのストリートを急ぎ足で歩いていました。ビニール傘といってもさすが、そこはセレブ! チャーミングな丸みのある形は、イギリスのブランド、フルトンのものでしょうか? 

アディダスのピンクブルゾンにスタンスミス、そしてデニムという軽快なスタイルにさっと持ったビニール傘。これだけで絵になるのはむしろうらやましいですね。
傘さすセレブ&ささないセレブ。雨の日だって絵になることが第一です_2
(c) Alpha Press/amanaimages 
フルトン、正しくはフルトンアンブレラ。イギリスで生まれたレイングッズメーカーは、女王エリザベス2世陛下の御用達としても知られています。実際皆さんも、こちらの傘を差して歩く女王の様子をテレビのニュースや写真で目にしたことがあるのでは? 
日本でおなじみの傘の形に比べると、かなり独特な丸みのあるフォルムはバードケージという形。すっぽり体を入れられるし、混雑する街中ではむしろこの形の方がいい場合もあるかも!? 

傘は自分でさしません!?

・・・といってもたまたま、ですけれど、一緒に歩くパートナーだったり、仕事仲間だったり。あるいはお月の人やホテルのドアマンだったり・・・。傘をさしてもらう、というシーンはなにもセレブでなくても私たちにもありえること。ですが、そこでカメラを意識するのがセレブスタイル。
傘さすセレブ&ささないセレブ。雨の日だって絵になることが第一です_3
(c) Buzzfoto/amanaimages 
c Pacific Coast News/amanaimages ジャスティン
映画『バイオハザード: ザ・ファイナル』のプロモーションのために今年来日も果たしているミラ・ジョヴォヴィッチ。モデルというよりすでに大女優といった風格漂うある日のミラは、雨の降るなか、番組出演のためにテレビ局へ。傘はかざしてもらいつつ、しっかりポーズ。ファーがついたチェックのコートにレザーのパンツで、存在感たっぷりです。
傘さすセレブ&ささないセレブ。雨の日だって絵になることが第一です_4
(c) Pacific Coast News/amanaimages
最後にお届けするこちらの2ショットは、映画撮影中のジャスティン・ティンバーレイクとケイト・ウィンスレット。前を歩くケイトにかしずくように傘を持つジャスティン。傘、もといこちらはおそらくビーチパラソル。大きさとスイートな色につい目がいってしまいます。
ちなみに二人が共演するこの映画はウディ・アレンの最新作『Wonder Wheel(原題)』。いまだ撮影中のようですが、コニーアイランドにある大観覧車がタイトルになっていて、舞台は1950年代、ジャスティンやケイト、そしてテレビドラマ『ヴァイナル』で存在感を残した女優ジュノー・テンプルも出演しています。公開が楽しみですね!
お花見もそろそろできそうな週末ですが、あいにくの雨というところも。それでもお気に入りの傘でおでかけしてみてくださいね。
文/絵都針子

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン