Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

人気スタイリスト【室井由美子さん】が教えるセルフスタイリング術

冬のおしゃれにまつわるマンネリのあれこれ。読者300人アンケートで多かった5大あるある悩みに、人気のスタイリスト室井由美子さんのセルフスタイリングを教えます。

【スタイリスト室井由美子さん】
シンプルながらもほんのりモードでリュクスなアイテム選びで、スタッフまわりにも私服ファンが多数。

コーデのマンネリに、スタイリスト室井由美子さんが私服でアンサー!

室井由美子-1
室井由美子-2
SLOANE
室井由美子-3
LOEWE
室井由美子-4
室井由美子-5
Q コートの着こなしが変わり映えしません A インに鮮やかな色を投入してみて たとえ長くてボリューミーなロングコートを着ていたとしても、襟元からちらっとのぞくニットの色や質感で印象は大きく変えられます。華やかなオレンジのニットは、血色もよく見えるし、起毛感もポイントに。白いインナーでニットの色の鮮やかさを引き立てつつ、抜け感もプラスして。袖まわりも同じことがいえて、つややかなジュエリーをさりげなく重ねるだけでも、着こなしにバリエーションが生まれますよ。 COAT LOEWE KNIT Room no.8 PANTS RED CARD BAG CELINE SHOES Gianvito Rossi
WATCH Cartier RINGS Boucheron,Spinelli kilcollin,Mariha BRACELET hum
Q ベーシックなニットばかり買ってしまいます A ベーシックも、極めると上質なシンプルに! ベーシックなものには、ベーシックなよさがある。だったら、それを極めるのも楽しい。スローンのニットは、本当に着やすいので私も愛用中。サイズも豊富で、同じ色をサイズ違いでそろえても、コーディネートの洗練度がアップしますよ。たとえば、サイズ1は女らしいコンパクトなサイズ感。ワイドパンツなど、ボリュームのあるボトムと相性がいい。サイズ4はきゅっと詰まった首まわりとたっぷりとした身ごろの対比がほんのりモード。タイトスカートなどに合わせるとバランスよく。一見同じようなニットも、サイズにまでこだわると、シンプルな着こなしが見違えるはず! KINIT SLOANE 右:size01 左:size04
Q コーディネートが暗い色ばかりに! A 軽やかな素材を重ねてリズムを ダークトーンのアイテムは私も好きで、よく着ています。全身が暗い色みでも、重く見せない、地味に見せないコツは素材に変化をつけること。レースの立体感や揺れる裾のニュアンスでグンとメリハリが。黒のニットはシアーな質感のものを選べば、のっぺり見えません。 KNIT ebure DRESS ebure SHOES PRADA
Q 小物で遊ぶ、ってどうやるの? A "少しだけ”スパイスのあるものを この"少しだけ”というのが重要。ひとつでインパクトの大きいアイテムは、コーディネートを考えるときに組み合わせに悩みがち。でも、"少しだけ”という足りないくらいのさじ加減を意識しておくと、幅広い服に合わせられるし、小物同士のかけ合わせもしやすいんです。 BAG LOEWE
BROACH LOEWE BOOTS ISABEL MARANT,LUCENTI
Q スカートの日は黒タイツと黒いブーツ。下半身が毎回同じ印象に A "絶妙グレー”にトライ! 黒に飽きた、なら黒を変えてみるのも手。黒じゃない、からといって突飛なカラータイツに挑戦する必要はありません。最近は大人にちょうどいいニュアンスカラーのタイツが増えています。なかでもこのタイツはすごくおすすめ。コットン混なのでカジュアルな着こなしにはもちろん、コンサバなボトムと合わせたときにこなれたムードを加えてくれるんです。 SKIRT sacai TIGHTS Pierre Mantoux SHOES CELINE
室井由美子-1
室井由美子-2
SLOANE
室井由美子-3
LOEWE
室井由美子-4
室井由美子-5
撮影/目黒智子 ヘア&メイク/TOMIE〈ヌーデ〉 ※BAILA2019年2月号掲載