Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

おしゃれスタイリスト【吉村友希さん】がセルフスタイリングで読者の悩みにお答え!

冬のおしゃれにまつわるマンネリのあれこれ。読者300人アンケートで多かった5大あるある悩みに、人気のスタイリスト吉村友希さんが、上品でフェミニンなセルフスタイリングでお答えします。

【スタイリスト吉村友希さん】
ベーシックなアイテムを主役にした、上品でフェミニンなスタイリングが人気。大人の可愛げを体現する私服企画は毎回大好評。

スタイリスト吉村友希さんが私服でアンサー!

吉村友希
吉村友希-2
吉村友希-3
吉村友希-4
吉村友希-5
Q コートの着こなしが変わり映えしません A 質感を変えれば、ムードも変わります 冬はコートやニットなど、マットな質感のアイテムが多くなりがち。だからこそ、毛足の長いものや、素材に表情のあるものを一点取り入れるだけで、がらりと雰囲気をチェンジできます。色や形がベーシックなものでも、まったく違う印象になるのでおすすめ。私は今季はボアに注目していて、このコートもふわっとした風合いが気に入っています。形はベーシックなので、合わせやすいのもうれしい! COAT STAND KNIT SLOANE PANTS upper hights BAG FLYNN SHOES NEBULONI E
Q スカートの日は黒タイツと黒いブーツ。下半身が毎回同じ印象に A ゴールドでリュクスに 黒いタイツに黒いトーンの靴、はなじみもいい。だったら無理に変えず、そのコンビがいつもより素敵に見えるようにアレンジ。黒はゴールドと相性がいいし、その2色のリッチな組み合わせも冬にちょうどいい。だから、ゴールドのビットやジップがついたシューズに合わせて"いつもの黒”を格上げしてみて。 COAT ATON KNIT SLOANE SKIRT UNITED ARROWS BAG BALENCIAGA SHOES CAMINANDO TIGHTS Pierre Mantoux
Q コーディネートが暗い色ばかりに! A 柄を加えて華やかに盛り上げて ダークトーンでも柄のあるものを投入するだけで、コーディネートにメリハリが。今シーズンはブラウンがはやっていますが、私は×黒で着るのが気分です。ほっこりしがちなブラウンを黒でキレよく、柄で華やかに仕上げて。 COAT NANUSHKA KNIT SLOANE SKIRT BLUEBIRD BOULEVARD BAG FLYNN SHOES NEBULONI E
Q ベーシックなニットばかり買ってしまいます A 編み地やシルエットで"ちょっとだけ”変化 たとえば、ベーシックな色でベーシックなクルーネック、のニットだとしても編み地にポイントのあるものや、前後差のあるデザインのものなら全然違って見えますよ。体型や顔立ちによって似合うニットの形にこだわりがあったとしても、編み地やスリット入り、なら挑戦しやすいはず! いつものニットよりもぐっと表情豊かに、こなれた印象もたっぷりに。 KNIT INSCRIRE PANTS AGOLDE BAG YAECA EYEWEAR EnaLloid SHOES SEVEN TWELVE THIRTY
Q 小物で遊ぶ、ってどうやるの? A季節感を入れることを意識して きかせたり、はずしたりする"遊び”の小物は、必ずしもものすごくエッジが効いている、とかすごく派手な色や柄である必要はないと思います。大切なのは季節感。このバッグは色は定番のベージュだけれど、ファー素材でちょうどいい存在感。コーディネートになじみつつ、ほどよいインパクトを演出してくれます。
吉村友希
吉村友希-2
吉村友希-3
吉村友希-4
吉村友希-5
撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE〈ヌーデ〉 ※BAILA2019年2月号掲載