Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. 特集

“いい人”から抜け出すトライ&エラーに共感! 漫画『わたし、いい人やめました』

思わず「わかる!」と叫んでしまう“あるある”から、自分の気持ちの奥底にふれる目からウロコな気づきまで。共感必至のエピソードがぎゅっと詰まった、“いい人”をやめるための実験記を漫画にした『わたし、いい人やめました』。エピソードをご紹介!

人間関係に悩む女子必見! カマンベール☆はる坊さんの実験記『わたし、いい人やめました』

『わたし、いい人やめました』
『わたし、いい人やめました』2
『わたし、いい人やめました』1
『わたし、いい人やめました』3
『わたし、いい人やめました』4
『わたし、いい人やめました』©カマンベール☆はる坊/講談社
傲慢な後輩に仕事を横取りされるも、嫌な顔ひとつせず“いい人”になって笑顔で流した主人公。だが行き場のない感情は時間とともに薄れるどころか、あふれてしまう ©カマンベール☆はる坊/講談社
「ノー」のひと言が言えないために、ずるずると疲れる相手との関係を続けてしまう。そんな"いい人あるある"が、いかに損なことか、友人のセリフにハッとさせられる ©カマンベール☆はる坊/講談社
なにごとにおいても波風立てるのが面倒くさくて、怖くて。気がつけば自分が悪くないことに対してすら「すみません」と謝ってしまう、そんな主人公に共感! ©カマンベール☆はる坊/講談社
愛するパートナーにさえも「言いたいことが言えない」。気持ちを伝えてはみるものの、反論されると頭の中が真っ白になってしまう。こんな自分から抜け出したい! ©カマンベール☆はる坊/講談社
『わたし、いい人やめました』
『わたし、いい人やめました』2
『わたし、いい人やめました』1
『わたし、いい人やめました』3
『わたし、いい人やめました』4
カマンベール☆はる坊さん
1985年生まれ。今作のほかにも婚活を描いた『まだモテてないだけ。』など、女子の共感を呼
ぶエッセイ漫画で人気を集める。東京在住の普段は会社員をしている兼業漫画家。
BAILA2月号では心理カウンセラー・心屋仁之助さんに聞く“いい人”からの脱出方法を紹介しています。書店やコンビニで見かけたらぜひ手にとってみてくださいね。
取材・文/石井美輪