Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【最旬ワンピース 7選】トレンドのアースカラーや黒ベースのプリントがおすすめ

ファッションLOVERなスタイリストや編集といったチームBAILAが今季注目しているワンピースをチェック! シックな色みのクルーネックワンピースから、トレンドの花柄やドットワンピースなどをご紹介します。

【One-piece編】おしゃれプロのウイッシュリスト7

ハイク

1/7

ノークバイザライン

2/7

シンメ

3/7

エイトン

4/7

ロンハーマン

5/7

エレンディーク

6/7

ルーム エイト

7/7

HYKEのクルーネックワンピ(スタイリスト・滝沢真奈さん) 「さらりと着るだけでサマ見えするデザインは、さすがハイク。シックなのに重すぎない色みも好みです」。¥36000/ボウルズ(ハイク)
N.O.R.C by the lineのボリューム袖ワンピ(副編・N) 「袖のボリューム感はもちろん、さりげなくウエストをシェイプした女らしいシルエットがお気に入りポイントです」。¥19000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)
SINMEの背中あきワンピ(編集・U) 「甘すぎない大人の上品な肌見せがかなう一着。スモーキーなカラーも肌なじみがよくて好き」。¥29000/チェルシーフィルムズ(シンメ)
ATONのペールピンクワンピ(編集・ちゃんまい) 「空気をはらんだようなシルエットが着心地満点。サイドスリット入りで横顔もすっきり見えます」。¥49000/エイトン青山(エイトン)
RHCのシャーリングワンピ(WEBライター・O) 「全面に入ったシャーリングがニュアンスを醸し出してくれるので、ロング丈でものっぺり見えず、軽やかな印象に」。(ペチコートつき)¥44000/RHC ロンハーマン(RHC)
ELENDEEKの花柄ワンピ(ライター・東原妙子さん) 「イラストレーターの関根正悟さんとコラボしたミモザ柄にひと目ぼれ。女っぽい広めのVネックも、顔をシャープに見せてくれそう」。¥29000/エレンディーク 青山店
Room no.8のドット柄ワンピ(ライター・榎本洋子さん) 「とろみのある素材や甘すぎないドット柄でオンオフ問わず使えるところが優秀!」。¥42000/ビームス ハウス 丸の内(ルーム エイト)
ハイク
ノークバイザライン
シンメ
エイトン
ロンハーマン
エレンディーク
ルーム エイト
撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/池田メグミ 取材・原文/野崎久実子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2019年4月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン