Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

チームBAILAお墨付き!【耳元アクセ】で夏を楽しもう♪

夏、シンプルになりがちなコーデを盛り上げるのに、キャッチーなアクセはマストアイテム。BAILAで活躍するスタイリストやライター、おしゃれ大好き編集たちがこの夏狙っているという、最旬耳元アクセをご紹介します。

Hirotakaのイヤカフ

(左上)「なにげないのに、顔まわりのほどよいアクセントになるイヤカフ。ダイヤの輝きでリュクス感も」(スタイリスト 室井由美子さん)(1個)¥68000/ショールーム セッション(ヒロタカ)
(中)「この夏はピアスよりがぜん、イヤカフ。大きすぎないパールだから、さりげなくつけられます」(スタイリスト 石田 綾さん)(1個)¥26000/ショールーム セッション(ヒロタカ)
(右下)「バーシリーズは女らしいのにどこかシャープな印象。クールな着こなしにもすんなりマッチ」(編集 やまみ)(1個)¥48000/ショールーム セッション(ヒロタカ)

blancirisの ピアス&イヤリング

(左)「ピアスですがイヤカフに見えるデザイン。シンプルながら存在感抜群なので重宝しそう」(スタイリスト 天水沙織さん)ピアス¥22000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 
(右)「地金のモダンなデザインは、普段使いにぴったり。まさに大人のためのイヤリングです」(編集 U)イヤリング¥29000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス)

MARIA BLACKのイヤカフ

「重ねづけ風の3連タイプは、つけるだけでおしゃれ上手に。ゴールドなら華やかさも発揮」(編集 U)(1個)¥11000/エストネーション六本木ヒルズ店(マリア ブラック)
「大好きでいくつも持っているマリア ブラック。今季はピアスと重ねても可愛いこちらを」(編集 マフユ)(1個)¥11000/エストネーション六本木ヒルズ店(マリア ブラック)

ADER.bijouxのピアス&イヤリング

「夏らしいラタン素材のイヤリングは見つけた瞬間、即決。涼しげな表情に導いてくれます」(スタイリスト 高橋美帆さん)イヤリング¥22000/アデル ビジュー
「揺れるフリンジ使いが素敵。髪を短くしたのですが、このピアスで一気に華やぎます」(編集 ナベ嬢)ピアス¥22000/アデル ビジュー

Hernán Herdezのシルバーピアス

「左右非対称のエッジが効いたデザインでありながら、女性らしい雰囲気がお気に入り」(ライター 野崎久実子さん)
「小ぶりだけどインパクトのあるたたずまい。両耳につけてアシンメトリーなバランスを楽しみたい」(スタイリスト 滝沢真奈さん)
¥26000/ライラ トウキョウ(へルナン ヘルデス)

KNOWHOW Jewelryのイヤカフ

「地金ミックスが気分なので、ゴールドと重ねて。カジュアルコーデにさらりとつけるつもり」(ライター 榎本洋子さん)
「見た目は重量感がありますが、ハンギング式のイヤカフなので耳にやさしいのがうれしい」(編集 マフユ)
¥23800/KNOWHOW(KNOWHOW Jewelry)
「ブランドネームをかたどったユニークなイヤカフを発見。大人の遊び心を耳もとでアピール」(スタイリスト 石田 綾さん)¥9000/KNOWHOW(KNOWHOW Jewelry)

LUCAS JACKのピアス&イヤリング

(上)「ほどよいボリューム感がキュート。ゴールドが効いているので、カジュアルになりすぎません」(スタイリスト 松村純子さん)イヤリング¥13000/マルティニーク  ルコントルミネ有楽町店(ルーカス ジャック)
(下)「透明感のあるブルーは顔映りがいいうえ、私好みのブラウンのアイテムとも好バランス」(ライター 伊藤真知さん)ピアス¥12000/マルティニーク  ルコントルミネ有楽町店(ルーカス ジャック)
撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/石田 綾 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2019年7月号掲載