Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし

ブルーデニムに並んで、ワードローブの軸として頼りたくなる黒スキニー。辻さんのスタイルにも欠かせないアイテムですが、その選びやスタイリングには“大好き”だからこその思いが。今着こなしたいスタイリングと「どうにでもしてくれる」の真意を教えてもらいました。そこには、無数にあるバリエーションから理想の一本にたどり着くための答えがあったんです。

どうにでもしてくれる黒のスキニー

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし_1
「昔よく着ていたようなピタッとしたサイズ感のシャツが今、久々に着たい気分なんです。私の中で流行が一周した感じなんだと思います」。その懐かしさを今っぽく見せてくれるのが、ハイライズの黒スキニー。「ブルーデニムだとカジュアルすぎたり、カントリーっぽく見えてしまったりするところを、黒スキニーは都会的にまとめてくれる。足もとは、パンプスだと懐かしいで終わってしまうから、レースアップブーツで少しマニッシュにまとめて、今のムードを添えて」。(辻さん)
パンツ¥22000/ナゴンスタンス シャツ¥28000(フランク&アイリーン)・ピアス¥37000・リング(右手) ¥27000・(左手指先から)¥30000・ ¥27000・¥25000(すべてアルティーダ ウード)/サザビーリーグ  バッグ¥216000/トッズ・ジャパン (トッズ) 靴¥59000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)

ナチュラルにもフェミニンにも偏らないモダンなたたずまいは"黒スキニー"だからこそ

風にそよぐ真っ白なシルクのワンピースに、レギンスではなく黒スキニーを重ねて。地厚でしっかりとキレイにシルエットをかたどってくれる黒スキニーなら“とりあえず”に見えない、計算されたレイヤードが完成。ロング丈のワンピースの足もとから黒を少しだけのぞかせてアクセントをつけるぐらいのバランスが新鮮です。トングやビーチサンダルは抜け感が出すぎてしまうので、アッパーにボリュームをもたせたフラットサンダルを。”ちょっと重たい足もと”がこの夏の気分です。

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし_2

「黒スキニーはボタンの部分がカジュアルですが、そこを隠してしまえば見え方も品よく。シルクドレスの雰囲気を生かしながら、気取りすぎないスタイリングに仕上がります」。シルエットは、足首までキュッと細くストレッチも強めの、今回ピックアップしたなかでもいちばんスキニーらしいデザイン。パンツ¥28000(マザー)・ピアス¥37000・リング(左手指先から)¥30000・¥27000・¥25000(すべてアルティーダ ウード)/サザビーリーグ コットンシルクワンピース¥58000(ブラミンク)・ハット¥58000(アキオ ヒラタ)/ブラミンク 靴¥50000/スタニングルアー 青山店(ニコラス カークウッド)

シルエットや足首の見え方。シンプルな着こなしこそ自分なりの計算が大切

さりげない着こなしをさりげなくかっこよく見せたいとき。どこかに計算を入れないと、ただの普通で終わってしまう。その決め手になるのが"ボトムスの美しさ"。脚のラインがキレイに見えるとか、足首ののぞかせ具合にこだわるとか。ボトムスがどうあるかが、洗練されるかどうかのボーダーラインになってくるんです。 ブルーデニムのように色合いの幅はないけれど、だからこそ素材や形が重要。このスキニーのように、ひざが細く、裾に向けてのシルエットがスクエアになったものは私の好きなデザインのひとつ。街で着るときはスニーカーよりも、ヒール靴を合わせてラフな装いに女っぽさを香らせて。

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし_3

「同じような地厚のものでも、ストレッチの加減やシルエットによって細く見えたり、太って見えたりする。シンプルな装いのときこそ、そんな微差へのこだわりが大切になってくるはず」。本当に使える黒スキニー選びに、妥協は禁物。パンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード)サーマルカットソー¥20000・中に着たカットソー¥14000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス)ピアス¥37000・リング(左手指先から)¥30000・¥27000・¥25000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード)

辻さんセレクトの【黒スキニー】をチェック!

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし_4

ストレッチは強めで、地厚なので凹凸を拾いすぎず似合う人が多い形。パンツ¥18000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク)ブラウス¥46000/フクヤチハルデザイン(コート)靴¥153000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ・ヴィヴィエ)

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし_5

コンパクトなシルエットで、生地もしっかり。ストレッチが強すぎず、ひざが出にくくてシャープなアウトラインをつくってくれます。パンツ¥27000/ステディ スタディ(トムウッド)ブラウス¥18000/RHC ロンハーマン(RHC)

スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし_6
スタイリスト辻直子さんの選ぶ【黒スキニー】とその着こなし_7

トップスインの着こなしには、やっぱりハイライズ。少しやわらかな風合いで、ストレッチはやや強め。色が浅めのブラックもバリエーションとしてそろえておきたい。パンツ¥24000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク)ニット/私物

なんてことない服を素敵に見せる。"得意げになれる"一本に出会ってほしい

黒スキニーは、私のスタイルにとってなくてはならないもの。好きになったきっかけは、Tシャツだったと思います。

よく動けて、それでいてちょっと気張ってもいたい撮影の日。Tシャツを着たいけれど、カジュアルには見せたくない気持ちのちょうどいい落としどころとなってくれたのが、黒スキニーでした。振り返ると、いつもそうやって力になってくれるアイテムだなって思うんです。大げさに見えちゃいそうな分量感のあるトップスをさりげなく見せてくれたり、肌感の強いワンショルダーの女っぽさを加減してくれたり。

黒スキニーを合わせると、理想の見え方に落ち着く。「どうにでもしてくれる」って、そういうことなんです。大好きだからこそ思うこともあって、黒スキニー=レギンスみたいに扱ってしまうのは、もったいない気がしています。

私の中で、二つはまったく別のもの。レギンスはワンマイルっぽくて、黒スキニーは凜とした感じ。素材も地厚でシルエットもカチッとしているので、レギンスと同じ気持ちでスタイリングしても、印象が全然違うんです。腰まわりを隠す前提でなく、堂々とはける一本に出会うことで楽しめるスタイルの幅は、もっともっと広がると思います。私はずっとハイライズが好きですが、形だけでなく素材の厚みとかストレッチの強弱とか、黒スキニーといってもいろいろ。

一概にどれがいいとはいえませんが、たくさん試着をして脚が長く見えるとか、ヒップまわりがきれいに見えるとか自分をよく見せてくれる一本を見つけてほしいなって思います。なんてことない服を素敵に着こなすためには自信をくれたり、後押しをしてくれる“特技”となるような服が必要。

今持っている数本の黒スキニーは全部、私のスタイルの“特技”です。

撮影/白川青史 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/黒田エイミ 取材・文/櫻井裕美