Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion

夏から秋へ。スイッチングコーデのコツとは?【スーパーバイラーズのリアル】

上品で華やかな読者インフルエンサー集団・スーパーバイラーズのプライベートにぐんとアプローチして、30代女子たちのリアルをお届け。第7回目は、愛らしい笑顔が印象的な鈴木さんが登場!甘いムードを生かしたスイッチングコーデを見せてくれました。

夏から秋へ。スイッチングコーデのコツとは?【スーパーバイラーズのリアル】_1

【鈴木さんにQ&A】

Q. よくお買い物をするショップは?
A. デ・プレ、ドレステリア、 ウィム ガゼット


Q. ファッションのこだわりは? 
A. 小柄できゃしゃなので重心を上げるアイテム 選び&小物使いがマスト。市販の洋服はウエストや丈を詰めて自分サイズに。

 
Q. おすすめのアプリは?
A. 「Vivino」。ワインのラベルを撮影 して読み込ませると銘柄や評価が一目瞭然!

Vivino
Q. 自分で思うギャップのある一面は? 
A. 顔立ちがはっきりしているので 「チャラチャラしてそう」と言われるのですが性格はまじめ!芯の強さが取り柄です。

Q. 最近ハマっていることは?
A. お休みの日はお茶のお稽古に励んでいます。中国語の勉強も始めました。

お茶のお稽古
Q. 好きな男性のタイプは?
A. 男気あふれる人。 竹野内豊さんが理想♡
 

鈴木園子さんの“映え”な1週間

たまの海外旅行も心ときめく美食会も鈴木さんの生活に欠かせない大事なイベント。最近のお気に入りはこの3枚!
夏から秋へ。スイッチングコーデのコツとは?【スーパーバイラーズのリアル】_4
#ニース #そのことりっぷ
「もともとフランスが大好きなのですが、今年の夏は念願のニースへバカンスに。一面に広がるラベンダーは映画のワンシーンのよう」
夏から秋へ。スイッチングコーデのコツとは?【スーパーバイラーズのリアル】_5
#金曜夜の美食会 #フレンチ
「浅草にある、ミシュラン二ツ星のフレンチ『オマージュ』へ。手の込んだ繊細で美しいお料理はどれも絶品。本当に至福の時間でした」
夏から秋へ。スイッチングコーデのコツとは?【スーパーバイラーズのリアル】_6

#パーソナルジム #トレーニング 
「パーソナルトレーニングに夢中。ハードで投げ出したくなるときもあるけれど、体がどんどん変化していくことがモチベーションに」

鈴木園子さん Presents 定番服の夏→秋スイッチングコーデ             

鈴木さんの定番服は、どこかフェミニンなテイストが特徴的。夏と秋をどうスイッチする?

1.メイブルーのノースリーブワンピース

【SUMMER】1

【SUMMER】

夏小物をアクセントに、パリシックに着こなす
「可憐なワンピを一枚で着るならハットやかご バッグで夏らしく味つけ。パリジェンヌがお手本です」。シャポードオーの帽子、フェリースルネスのバッグ、ツル バイ マリコ オイカワの靴/本人私物

【AUTUMN】1

【AUTUMN】

ジャケットと重ねればぐっと秋らしくきれいめに
「薄手すぎないワンピだからジャケット合わせで秋もまだまだ活躍」。ユナイテッドアローズのジャケット、ロシオのバッグ、ローレンスの靴/本人私物

2.レイ ビームスのレースブラウス

【SUMMER】2

【SUMMER】

ショートパンツに合わせて涼しげなワントーンを実現
「夏ムード満点のショートパンツとも好相性。ブラウスとトーンをそろえれば子どもっぽくなりません」。ウィム ガゼットのショートパンツ、ヴァレクストラのバッグ/本人私物

【AUTUMN】2

【AUTUMN】

美シルエットのパンツが凜としたムードを引き出して
「秋になったら落ち着いたネイビーのパンツでブラウスの淡いトー ンを引き締めて」。ロロ・ ピアーナのパンツ、ヴィンテージのバッグ、グッチの靴/本人私物

3.ドゥーズィエムクラスのフレアスカート

【SUMMER】3

【SUMMER】3

コンパクトなノースリーブでフレアの可愛げをアピール
「絶妙なハリ感できれいなラインを描くスカート。夏はシンプルなワンツーコーデで上品に着たい」。フィルメランジェのタンクトップ、ナンバートゥエンティワンの靴、アポリスのバッグ/本人私物

【AUTUMN】3

【AUTUMN】3

肌寒くなったらライダースと。 ほどよい甘さがちょうどいい
「フレアスカートの甘さをライダースが中和してくれるんです」。ビューティフルピープルのライダース、デ・プレのトップス/本人私物

シーズンレスに使えるベーシックアイテムが夏と秋をスムースにつないでくれる

おしゃれに悩みがちなこの時季に頼っているのは、私らしさのある定番服。ベーシックだからこそ着回しがきくし、シーズンレスに使えるものが意外と多め。 二つの季節を自在に行き来するアイテムがあるだけで端境期も新鮮な気持ちで楽しめます。

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア&メイク/沼田真実〈ilumini.〉 取材・文/野崎久実子 ※私物につきブランドへの問い合わせはご遠慮ください

Feature特集