Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. 仕事

職場の同僚、どう褒めるのが正解?【相手別褒めフレーズ②】

いい関係を築きたいけど、比較されるシーンも多い同僚。どう褒めるのが正解? 上手な“褒め方”のポイントを専門家に伺いました!

答えてくれたのは褒め方の伝道師

谷口祥子さん

プロコーチ・セミナー講師。30代前半までコミュニケーション下手で悩んでいたが、コーチングに出会って人間関係が180度変化。著書に『ほめ方のルール』(明日香出版社)など。




【case2 職場の同僚】繊細な間柄には質問形が嫌みナシ

職場の同僚、どう褒めるのが正解?【相手別褒めフレーズ②】_1

【NG】○○ってプレゼン上手だよね

【OK】○○みたいなプレゼン、どうすればできるか教えて!

仕事上、ライバル関係になることもある同僚。褒め言葉にも少々注意が必要!「ストレートにベタ褒めするのは『嫌みっぽい』『裏がある?』と受け取られる可能性があるので、本気で思っているとき以外は避けておくのが無難。最も自然でベストな褒め方は、質問形。『どうしたら○○(同僚の名前)のようにできるの?』と聞けば、相手も助言という形で返しやすいうえに、自分を認めてくれていることを受け止めやすいはずです」

【こんなフレーズも使える!】

・「○○なら、これどうやってやる?」

自分が抱える案件を見せて意見を求める=相手の能力を認めること

・「今度私の資料、見てくれない?」

直接的な助言を求めることは、言うまでもなく強力な「褒め」!

イラスト/りゃんよ 取材・文/櫻木えみ 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2019年11月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン