Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. メイク

【長井かおりさんの眉メイク】眉ブラシで美人眉をつくる簡単プロセス

ヘア&メイク長井かおりさんが、誰でも簡単に真似できる新しい眉メイク術を教えてくれました。使うのは淡グレー&淡ブラウン2色のアイブロウパウダーと、今月号の付録「天才眉ブラシ」。難しい工程はいっさいないのに、毛があるかのような自然な眉に仕上がるんです。

モデル

【左右同時進行で描くのが鉄則!】

【左右同時進行で描くのが鉄則!】

A:毛があってほしいのにない、すき間にグレーをトントン

B:眉頭と眉じりの[美人ポイント]にグレーをちょい足し

C:A、Bでできたフレームに明るいブラウンを塗り絵の要領で色づけ

“あったらいいな”は つまりA+B

"あったらいいな"は つまりA+B

ここに毛があったはず、という気になるすき間や欠け、毛の薄さ、生えていたら美人度が上がる眉頭下と眉じり横のこと

【用意するもの】

付録の眉ブラシ、毛になりすますグレーパウダーと明るめのブラウンパウダーをスタンバイ。ブラウンは手持ちパレットの明るい色を使うのもおすすめ。

天才眉ブラシ

BAILA12月号付録の眉ブラシ(詳しい紹介はこちら

ナチュラグラッセ

淡グレー
今回使ったのはナチュラグラッセ アイブロウパウダー 01 ¥3200/ネイチャーズウェイ

ケイト

淡ブラウン
ケイト デザイニングアイブロウ3D EX- 4 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品(限定発売)

【事前にすること】

スクリューブラシを曲げる

スクリューブラシを曲げる
スクリューブラシ側を、斜め45度に曲げておく。こうすると、眉のカーブにぴたりと添って、小回りもきく

事前に毛流れを整えておく

事前に毛流れを整えておく
自分の眉をチェックする前と描く前に、かるくスクリューブラシで毛流れをとかしておくと、毛のない地帯が明らかに

【眉メイクスタート!】

1.眉毛が欲しい箇所にグレーを立て置き

1.眉毛が欲しい箇所にグレーを立て置き

両眉を鏡で見て、眉毛があったらいいと思う箇所を確認。グレーパウダーをブラシにとり、ブラシを立てて、毛の欲しい箇所にトントンと置く

2.美人ポイントの眉頭下に毛を足す

2.美人ポイントの眉頭下に毛を足す

眉頭から鼻すじに向かって、グレーのパウダーをトントンと置いてここにも疑似毛を。それだけで一気に立体感が生まれ、メリハリのある顔立ちに

3.眉じりの外側にも足して、美人度アップ

3.眉じりの外側にも足して、美人度アップ

グレーのパウダーをとり、ブラシを立てて使う。眉じりのカーブの角度と平行に、外側に向かってほんの少しずらしつつブラシを3 本分置いていく

4.明るいパウダーでグレーをやわらげる

4.明るいパウダーでグレーをやわらげる

この段階では、眉毛は生えても髪色とズレていて違和感が。そこで明るいブラウンパウダーの登場。この明るさがグレーと混ざるとなじむのがツボ

5.寝かせ塗りで全体を明るく染める

5.寝かせ塗りで全体を明るく染める

明るめのパウダーをとったブラシを横に寝かし、眉のフレーム内をペタペタと塗りつぶしていく。“塗り方”を気にせず、ただ全体を塗るだけでOK

6.引いて見て眉毛が欲しい箇所に足す

6.引いて見て眉毛が欲しい箇所に足す

眉に色をのせきった時点で、鏡で眉全体を確認。ここでもう少し“あったらいいな”部分が見えてきたら、15を少しずつ繰り返して微調整を

7.スクリューブラシで2色をミックス

7.スクリューブラシで2色をミックス

スクリューブラシを眉頭から眉じりに向かって地肌にZを描くように、小刻みに押しあてていく。グレーと明るいブラウンが混ざり合い、なじむ

FINISH!

8.しっくりくる美人眉の完成!

8.しっくりくる美人眉の完成!

17までの工程は、右を仕上げてから左、ではなく、左右同時進行で行うのが大切。置くだけ塗るだけの簡単さで、美人度アップの眉が完成!

モデル

ワンピース¥27200/シップス プライマリーネイビーレーベル イヤリング¥32700/シップス 有楽町店(ファリス)

撮影/押尾健太郎(人)、久々江満(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/内堀悠香(人) モデル/宮本茉由 取材・原文/中島 彩 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載

Feature特集