Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【私の一生ものストーリー】スタイリスト・辻直子さん「心が素直にときめいたものが一生ものに」

私たちが憧れる素敵先輩たちは、ずっと大事にしてきたという名品を必ず持っているのです。スタイリスト辻直子さんは、出会ったときにときめいたものこそ「愛せる一生もの」になるそう。そんな辻さん自身の一部ともいえるバッグ&ジュエリーをご紹介します。

出会ったとき最高にワクワクしたものばかり。使うほどに「愛」が増す

一生ものは“オリジナル”であるべき。私が愛するアイテムたちは、全部出会ったとき最高にワクワクしたもの。こんなに感動して欲しくなったのはきっと私にフィットしているからで、この先も縁が切れないと思えました。その直感を信じたのは大正解で「だから、ここまで惹かれたんだ」と使うほどに魅力がしみてくるんです。値段が高いから、一生ものではない。心が素直にときめいたアイテムこそが好き以上の“愛せる一生もの”に。

【辻さんの“語れる一生もの”】

28歳ごろ

ジャガー・ルクルトのレベルソ

ジャガー・ルクルトのレベルソ
10代後半に雑誌で見かけて「いつか絶対に欲しい」と思って。コンサバでトラディショナルで、エレガントでメンズっぽい。そのバランスがとにかく絶妙。

ジャガー・ルクルトのレベルソ

きゃしゃなスクエアよりもボリューム感のあるユニセックスなフェイスが私らしくて好き

30歳ごろ

マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのリング

マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤックのリング
20代のときはタイヤックに夢中でした。このセンスに衝撃を受けて、とにかく欲しくて欲しくて。色石は購入を悩みがちですが、これは今まででいちばん褒められたジュエリーなんです。

32歳ごろ

フェンディのピーカブー

フェンディのピーカブー
My first“ピーカブー”。ワンハンドルで左右開きの、ひとつでいろんな表情を見せてくれるユニークなデザインにひと目ぼれ。どんな格好にも合わせやすく、いまだに大活躍中。

34歳ごろ

ティファニーのパールネックレス

ティファニーのパールネックレス
永遠性のあるパールですが、年を重ねるとクラシックな短いネックレスはトゥーマッチな気がして。遊べてきかせることのできる、2m近くあるロングタイプを新たに。

ティファニーのパールネックレス

いろんなつけ方ができるので、使いながら魅力を探求していく楽しみもあるんです

37歳ごろ

ヴァレクストラのイジィデ

ヴァレクストラのイジィデ
仕事で使うたびに「好き」の想いが消えなくて。迷わず白を選びました。そぎ落とされた作りで、軽くて、かっちりフォルムも好み。メンテナンスもしてもらえるので安心感も。

辻さんが思う一生ものとは…

●薀蓄(うんちく)や価値に惑わされず素直にときめいたものが結果、ずっと愛せる存在に

 

●無難じゃなくていい。気分が上がることが大事

 

●ときめいたアイテムを軸にスタイルを考えると「私らしさ」が生まれる

撮影/西原秀岳〈TENT〉 取材・原文/櫻井裕美 構成/山岸成実・渡辺真衣〈BAILA〉 ※すべて本人私物のためブランドへのお問い合わせはお控えください ※BAILA2020年1月号掲載 

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン