1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. バッグ・靴・スニーカー

【一生ものバッグまとめ】流行りも年代も関係なく長く愛せる名品バッグ

一生ものを揃えるなら今しかない!? そろそろ一生もののバッグがほしくなる30代~40代の働く女性に、おすすめのハイブランドバッグをご紹介。流行りも年代も関係なく長く愛せる一級品を厳選しました。

目次

  1. 1.CHANEL【シャネル】の名品バッグ
  2. 2.GUCCI【グッチ】の名品バッグ
  3. 3.LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】の名品バッグ
  4. 4.CELINE【セリーヌ】の名品バッグ
  5. 5.Dior【ディオール】の名品バッグ
  6. 6.FENDI【フェンディ】の名品バッグ
  7. 7.Saint Laurent 【サンローラン】の名品バッグ

※掲載情報は元記事公開時点のものになり、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。元記事へは画像下のバナーからリンクを。

1.CHANEL【シャネル】の名品バッグ

バッグ(16×22×7)¥620400・靴(2)¥148500/シャネル 

アイコニックなキルティングバッグは、“なりたい私”への扉を開く鍵。つややかな黒の名品を手にした日を、きっといつまでも忘れないはず。レザーを編み込んだチェーンは、二つの素材のコンビネーションへとアップデート。不変のエレガンスにひとさじ加えた、モードで軽快なアクセントも見逃せない。アンクルバックルがポイントのフラットシューズに合わせ、永遠に素敵でいられるモノトーンスタイルを堪能して。

バッグ(16×22×7)¥620400・靴(2)¥148500/シャネル ブラウス¥74800・パンツ¥59400/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
(17×21×6)¥620400/シャネル

爽やかな気品あふれるホワイトのキルティングバッグは、惚れ込んでずっと愛する価値がある。コンパクトなサイジングで合わせやすく、コーディネートに抜け感をプラス。(17×21×6)¥620400/シャネル

※BAILA2022年4・5合併号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
(16×13×11)¥566500/シャネル

’80sの高揚感に満ちたムードを思わせる、円筒形フォルムのキルティングバッグ。今っぽいビッグシルエットやボーイッシュなカジュアルに合わせて楽しみたい。(16×13×11)¥566500/シャネル

※BAILA2022年4・5合併号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのクルーズ コレクション バッグ

フランスの詩人で画家、映画監督のジャン・コクトーに着想を得たシャネルのクルーズ コレクションは、光と影の美しいコントラストを表現。ベルベットのフラップバッグは、深い漆黒とソフトな光沢がロマンチック。レザーバッグとは異なるポエティックな余韻に新鮮なときめきが。バッグ(17.5×25×8)¥570900・ジャケット¥665500・スイムスーツ¥94600・パンツ¥943800・ピアス¥121000・ブレスレット¥117700・ベルト¥213400/シャネル

※BAILA2022年2月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルの「スモール フラップ バッグ」

アイコニックなキルティングやチェーン、ツヤのあるカーフレザーに憧れない女性はいないはず。サイズ感やコスチュームパールの可愛らしさにも背中を押されて、「いつかは欲しい」の「いつか」は今かもしれない。バッグ「スモール フラップ バッグ」(13.5×20×5)¥584100/シャネル カスタマーケア(シャネル) ニット¥15950/アンクレイヴ スカート¥90200/マディソンブルー 靴¥56100/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペレテルノ)

※BAILA2022年1月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのファーバッグ

エレガントなミニサイズのチェーンバッグをファーで仕上げた秋冬に最適の逸品。ふわふわのファーの合間からダブルシーの留め金がのぞき、ホワイトとゴールドのコンビネーションがラグジュアリーなムードを盛り上げる。シャネルのジュエリーと同様、デニムにもドレスにも合うから一生使える宝物に。バッグ(11×15×4.5)¥542300・ジャケット¥500500・ネックレス¥621500/シャネル

※BAILA2021年9月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのバッグ「メッセンジャーバッグ」

ネオンピンクのデニム地に心ときめく。シャネルのキルティング×チェーンストラップのコンビは、いつの時代もレディの象徴。背面の外ポケットや内側のコンパートメントなど、見た目だけでなく使いやすさも最上級。バッグ「メッセンジャーバッグ」(16.5×22×7.5)¥418000・トップス¥515900・パンツ¥464200・イヤリング¥61600/シャネル カスタマーケア(シャネル)

※BAILA2021年6月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのバッグ「ドロストリングバッグ」

手のひらサイズのミニバッグ。大粒パールのチェーンがロングネックレス感覚の華やかさ。バッグ「ドロストリングバッグ」(12×12×12)¥378400/シャネル カスタマーケア(シャネル)

※BAILA2021年6月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのバッグ「HOBO BAG」

Tシャツ×デニムのスタイルも一気にあか抜け、魅力的に見せてくれるシャネルの小物たち。ショートとロングのチェーンがデザインされたバッグはポシェット風のコロンとしたフォルムがなんとも愛くるしい。ヒールの後ろにはブランドのアイコンであるCCマークが施され360度どこから見ても見どころのある一足。バッグ「HOBO BAG」(13×19×7)¥431200・靴(3.5)¥129800/シャネル カスタマーケア(シャネル) トップス¥9680/スローン デニム¥18000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)

※BAILA2021年4月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのカーフレザーバッグ

上品で飽きのこないシャネルの名品、キルティングチェーンバッグ。毎シーズン、アップデートし発表されるデザインにも目が離せない! クリアホワイトのカーフレザーとブラックのCCロゴ&チェーンの組み合わせ。甘さ控えめで凜とした雰囲気が、バイラ世代にぴったり。軽やかなミニサイズなら、こなれ感も上々。バッグ(12.5×20×6)¥436000・トップス¥316000・スカート¥257000・バングル¥234000/シャネル カスタマーケア(シャネル)

※BAILA2021年2月号掲載

シャネルバッグを詳しく見る
シャネルのキルティングバッグ

驚くほど柔らかく、使うほどにいい味わいが楽しめるラムスキン。そんな風合いの美しさをしっかりと感じられるのも、大きなキルティングあってこそ。バッグ(高さ20×幅20×マチ5㎝)¥322000・ドレス¥730000・ピアス¥76000・ブレスレット各¥139000・タイツ¥41000・ブーツ¥201000/シャネル

※BAILA2020年12月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのチェーン×コスチュームパールバッグ

色、形、素材……シャネルならではの可愛らしさをぎゅっと詰め込んだコーラルのショルダーバッグは、ボールで持ち手の長さを変えて幅広い表情を楽しんで。チェーン×コスチュームパールのモダンなロングネックレスと合わせて、堂々と華やかに! 私が私のために“着飾る”楽しさを思い出させてくれる。バッグ(13×20×7)¥437000・ジャケット¥748000・パンツ¥290000・ネックレス¥123000・トップス(参考商品)/シャネル カスタマーケア(シャネル)

※BAILA2020年9月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
シャネルのバッグ「CHANEL 19」

「CHANEL 19」に、クルーズ コレクションらしいジャージ素材が登場。ブランドを象徴するダイヤモンドシェイプのキルティングやCCロゴをはじめ、レザーを編み込んだ太めのチェーンがデザインのポイントに。斜めがけやショルダー使いのほか、ウエストバッグとしても使える3way仕様。春らしいモーヴカラーで、新鮮な空気を呼び込んで! バッグ「CHANEL 19」(11×20×5)¥365000・ジャケット¥544000・ベスト¥327000・シャツ¥453000・パンツ¥339000・イヤリング¥124000/シャネル(シャネル)

※BAILA2020年2月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
モダンに進化を続ける永遠のレディ的バッグ「CHANEL 19」

“ダイヤモンド キルティング モチーフ”と呼ばれるキルティング加工、レザーを編み込んだチェーン、CCロゴのクラスプと、シャネルの普遍的なアイコンのディテールをきかせつつ、新しい印象に仕上げたバッグ。やわらかな極上ラムスキンはボディフレンドリーで持ちやすく、しっかりマチもあり機能的なのがうれしい。バッグ「CHANEL 19」(20×30×10)¥545000・カーディガン¥497000・ニット¥234000・ジャンプスーツ¥341000/シャネル

※BAILA2020年1月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
「CHANEL 19」が新登場

1955年2月に発表されたバッグ「2.55」に敬意を表し、またこのバッグが誕生した「2019年」にもその名が由来する「CHANEL 19」が新登場。ダイヤモンド形のキルティング、レザーを編み込んだチェーン、大きめCCロゴのクラスプと、メゾンの普遍的なディテールを備えつつ、3種の太めチェーンで新鮮なインパクトも。バッグ「CHANEL 19」(16×26×9)¥487000/シャネル

※BAILA2019年9月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る
主役は小さなチェーンバッグ。ブライトカラーが秋を活性化する

ちょこんと小ぶりなワンハンドルのバニティバッグが、ポップなピンク&オレンジのツートンカラーで登場。シャネルらしいチェーンストラップが、ジュエリー代わりのリュクス感をアピールしてくれる。今の季節、Tシャツ&ジーンズなどカジュアルなスタイルに合わせても素敵。バッグ(13×17×7)¥409000・ジャケット¥731000・ジーンズ¥141000・Tシャツ(参考商品)/シャネル(シャネル)

※BAILA2019年8月号掲載

シャネルのバッグを詳しく見る

2.GUCCI【グッチ】の名品バッグ

バッグ(ストラップつき 15×21×7)¥381700・ネックレス¥126500・リング¥68200/グッチジャパン(グッチ)

クリーンなホワイトレザーが目を引く、端正なたたずまいのハンドバッグ「グッチ バンブー1947」。ブランドのアイコンであるバンブーやウェブストライプを用いながら、いつまでも新鮮さを失わない。凜として前向きな大人のカジュアルにぴったり。

バッグ(ストラップつき 15×21×7)¥381700・ネックレス¥126500・リング¥68200/グッチジャパン(グッチ) メガネ¥50600/ケリング アイウエア ジャパン(グッチ) コート¥102300/ebure GINZA SIX店(ebure) Tシャツ¥13200(アンスクリア)・パンツ¥26400(アーレット)/アマン

※BAILA2022年4・5合併号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
(16×20×10)¥313500/グッチ ジャパン(グッチ)

トートタイプで使い勝手のよい「グッチ ダイアナ」。バンブーハンドルに付属したネオンのレザーベルトは取り外してシンプルにも持てる。鮮やかな配色が楽しい。(16×20×10)¥313500/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
(ストラップつき 15×21×7)¥349800/グッチ ジャパン(グッチ)

深みのあるブラウンレザー×キャンバスにGGパターンを大胆に配した「グッチ バンブー 1947」。ウェブストライプの配色ともマッチして上品。(ストラップつき 15×21×7)¥349800/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
バッグ(16×17×10)¥149600/グッチ ジャパン(グッチ)

ブランドのアイコンGGパターンに“LOVE”のレタリングとハートモチーフが愛らしいバレンタインを彷彿とさせるコレクションは、バッグやカードケース、リボンスカーフなど華やかな顔ぶれ。「中でも立体的なハート形ポシェットにひと目ぼれ。コーディネートに可愛げを足すのにも効果抜群です」。バッグ(16×17×10)¥149600/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2022年3月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
バッグ(15×21×7)¥381700/グッチ ジャパン(グッチ)

グッチの新作バッグはどんなテイストの日もさっと服に合わせられて、軽快なリズムを生み出す万能選手。コロンとした丸みや、アイコンであるバンブーのハンドルとクロージャーが温かみを感じさせ、無理なくこなれた雰囲気になれるから、身軽なおしゃれの相棒にぴったり。

バッグ(15×21×7)¥381700/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2022年2月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ「グッチダイアナ」

1991年に登場したバンブーハンドルのトートバッグを再解釈し、クラシカルなデザインに取り外し可能なレザーベルトなど遊び心あるディテールが加わった「グッチダイアナ」。一部のショップでは、レザーベルトの内側にメタリックフィルムでイニシャルなどの刻印を施すカスタマイズもできる。バッグ「グッチ ダイアナ」(24×27×11)¥390500/グッチ ジャパン(グッチ) コート¥38940・ワンピース¥19800/アンクレイヴ ピアス¥50600/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) 靴¥59400/アナイ(ファビオルスコーニ)

※BAILA2022年1月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバンブーハンドルのトート「グッチ ダイアナ」

バンブーハンドルのトート「グッチ ダイアナ」は取り外し可能なネオンカラーのベルトが要。今日は遊びに明日は仕事にと、シーンを超えてフィットする汎用性をデザインの遊びとして取り入れたユニークな仕掛け。中央がジップポケットで仕切られて使い勝手も抜群。バッグ(30×35×14)¥454300・Tシャツ¥63800・ニットトップス¥121000・スカート¥209000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2021年9月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチ ダブルリングとバーで構成されたホースビットのハードウェア

ダブルリングとバーで構成されたホースビットのハードウェアは、1950年代に初めて登場。(上)新たに登場した三つ折りミニサイズ。財布(8×10.5×3.5)¥70400・(中上)60年以上前の誕生当初と同じシルエットのショルダーバッグが今季ミニサイズに。ブラウンのレザーストラップつき。バッグ「GUCCI 1955 HORSEBIT」(14.5×20.5×5)¥286000・(中下)大荷物派の人は、インナーマグネットで開閉しやすく持ちやすいトートを。バッグ「GUCCI 1955 HORSEBIT」(28.5×38×13)¥250800・(下)中上と同じウェブ ストライプのストラップつき。バッグ「GUCCI 1955 HORSEBIT」(14.5×20.5×5)¥330000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2021年6月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ「ジャッキー 1961」

ハンドルに付属のストラップをつなげれば、肩かけや斜めがけもできる3way。中にはジップポケットとオープンポケットがあり、細々としたものが出し入れしやすいのも優秀。「ジャッキー 1961」スモール ホーボーバッグ(高さ19×幅28×マチ4.5㎝)¥242000・ブラウス(インナーつき)¥176000・デニムパンツ¥88000・リング(右手)¥102300・(左手)¥112200/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2021年5月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチの小さなかごバッグ

ブランドを象徴するホースビット モチーフを配した小さなかごバッグ。ストロー素材にピリッとブラックレザーを効かせることで、大人にちょうどいい甘さが漂う。スモールサイズでも、その存在感と世界観は充分に堪能できるのもかごバッグのいいところ。ハンドル部分は2本つなげて、ロングストラップとしても使用が可能。バッグ(18×φ12.5)¥283800・ピアス¥86900・リング¥68200/グッチ ジャパン(グッチ) ブラウス¥77000・スカート¥77000/ブラミンク

※BAILA2021年5月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ“ジャッキー”にミニサイズ新登場

1961年に誕生し、ジャクリーン・ケネディが愛用していたことから、この名が冠された“ジャッキー”は’60~’70年代のジェットセッターたちのライフスタイルの象徴ともなった大ヒットアイテム。時を経て装いも新たになり、さらにはミニサイズも新登場。高い携帯性と、好感度あふれるシンプルでモードな見た目が、現代のライフスタイルにもマッチ。ホースビットつきの6本のコードがデザインされたストラップサンダルとともに軽快に楽しんで。バッグ「THE JACKIE 1961」(13×19×3)¥220000・靴(2.5)¥99000・時計¥191400/グッチ ジャパン(グッチ) シャツ¥26400/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) ワンピース¥24200/オーラリー

※BAILA2021年4月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ“グッチ ホースビット 1955”

今買うなら、毎日使えつつ、ずっと愛し続けられるタイムレスなデザインがいい。それなら“グッチ ホースビット 1955”が最適。アップデートされたブランドのシグネチャーと、ホワイトのレザートリミングが爽やかにコーディネートを格上げ。バッグ(28.5×38×13)¥180000・イヤリング¥48000・リング¥38000/グッチ ジャパン(グッチ) カーディガン¥5445/ザラ カスタマーサービス(ザラ) ニット¥13000/ナゴンスタンス パンツ¥24000/スローン

※BAILA2021年3月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチの小粋なかごバッグ

バンブーハンドルが印象的な新作から、小粋なかごバッグをいち早く。ひとたび手にすれば、気持ちだけでもバカンスを楽しむような高揚感を味わえる。かっちりフォルムや黒のレザーの都会的な雰囲気がきれいめな着こなしにもマッチ。付属のロングショルダーを使った斜めがけで、軽快に楽しむのもよし。バッグ「パドロック」(17.5×23.5×9.5)¥390000・ワンピース¥475000・イヤリング¥48000・リング¥38000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2021年2月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ「ジャッキー 1961」

ブランドを代表するジャッキー バッグから、キュートなミニサイズが誕生。着こなしのポイントとなるきれいなブルーを、オールブラックのお出かけスタイルにプラス。バッグ「ジャッキー 1961」(13×19×3)¥180000/グッチ ジャパン(グッチ) ワンピース¥25000/エリオポール代官山(エリオポール) デニム¥32000/モールド(チノ) ピアス各¥43000/プライマル 靴¥154000/アパルトモン  青山店(ジュゼッペ ザノッティ)

※BAILA2020年9月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ「ジャッキー 1961(19×28×4.5)¥180000

その名はジャクリーン・ケネディの愛称にちなみ、50年以上の歴史を持つ名品「ジャッキー」。最新の解釈でスリムに進化したフォルムを手にした明日海さん。「エレガントな雰囲気をまとわせてくれて、持ったときにしっくりなじむ。長年愛され続けている理由がよくわかります」。バッグ「ジャッキー 1961(19×28×4.5)¥180000・ロングベスト¥230000・シャツ¥66000・ブレスレット¥540000・リング(人さし指)¥199000・(中指)¥88000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2020年10月号掲載

 

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ「オフィディア」に、ボックス型のミニショルダーが登場

人気バッグの「オフィディア」に、ボックス型のミニショルダーが登場。ブランドのシグネチャーであるGGパターンやウェブ ストライプ、ダブルGを配したヴィンテージライクな雰囲気に加え、チェーンストラップを斜めがけしても、体に収まりのいい今どきのサイズ感が魅力。バッグ「オフィディア」ミニショルダーバッグ(15×18.5×7.5)¥200000・ワンピース¥320000・ニット¥110000・リング¥49000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2020年2月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのネイビーレザーの「ジャッキー 1961」

軽やかなストロー素材とネイビーレザーの「ジャッキー 1961」。アイコニックなクロージャーで出し入れもスマート。(19×28×4.5)¥242000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2021年9月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのバッグ「THE JACKIE 1961」

このままハンドル持ちをしても、付属のストラップでショルダー持ちをしても。バッグ「THE JACKIE 1961」(19×28×4.5)¥220000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2021年4月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
グッチのジャッキー 1961の『ミニ ホーボーバッグ』

ホーボーシェイプでおなじみのバッグ「ジャッキー」を、ボリュームダウンしたフォルムにアップデートした「ジャッキー 1961」。開閉しやすいピストンクロージャーや付属のショルダーストラップは長さが調節できたりと、使いやすい工夫が光るのもグッチらしい。「大きいとインパクトが強すぎるきれい色も、こんな最小の『ミニ ホーボーバッグ』だから楽しめたりも。今年だったらピンクのニットにピンクのバッグなど、同色でそろえた着こなしもいいですね」(加藤さん)。バッグ(13×19×3)(ライラック・ピンク・ブルー)各¥200000・(GGパターン)¥175000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2020年12月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
懐かしくも、どこか新しいレトロなショルダーバッグ「グッチ 1955 ホースビット」

ホースビットは、馬具の世界と深いつながりをもつグッチのルーツを象徴するディテールのひとつ。2020年クルーズ コレクションで登場した「グッチ 1955 ホースビット」は、60年以上前の誕生当初と同じ、ショルダースタイルで復刻したもの。世代も年代も問わず、いつ見ても新鮮さを感じられるレトロシックなデザイン。バッグ「グッチ 1955 ホースビット」(18×25×8)¥240000・ニット¥110000・ワンピース¥320000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2020年1月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
バッグ「パドロック」

ブランドを象徴するGGパターンのファブリックにフローラ プリントを重ねたプレイフルなバッグ。ゴールドチェーンでリュクス感も堪能。バッグ「パドロック」(18×26×10)¥181000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2019年12月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
クラシカルなムードによく似合う

ダスティグレーのかちっとしたカーフレザーのボディに、ツイストしたスカーフを巻きつけたハンドルが目を引くショルダーバッグ。普段の着こなしに欠かせないシルクスカーフの気品を、バッグを持つだけで気軽に楽しめる。「ダブルG」をリングで囲った新しいゴールドモチーフも、クラシカルなムードによく似合う。オフィスにはもちろんのこと、休日のラフなコーディネートも品よく決まる。バッグ(21×30×9.5)¥337000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2019年9月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る
小脇に抱えるのにちょうどいい長さのチェーンストラップ

極彩色のフローラ モチーフを主役にしたスモールショルダー。小脇に抱えるのにちょうどいい長さのチェーンストラップが華やかなムードを後押し。バッグ「オフィディア」(W26cm×H17.5cm×D8cm)¥200,000/グッチ ジャパン(グッチ)

@BAILA 2019.11.12公開

グッチのバッグを詳しく見る
、冬の装いにぱっと華やぐアクセントを。バッグ「オフィディア」

クリスマス向けのギフトギビング コレクションに登場したのは、アイコニックなGGパターンにフローラ モチーフを重ねたチェーンショルダーバッグ。イエローのレザーでトリミングされたラウンドシェイプに、ジュエリーライクなゴールドチェーンで、冬の装いにぱっと華やぐアクセントを。バッグ「オフィディア」(W18cm×H18cm×D4.5cm)¥170,000/グッチ ジャパン(グッチ)

@BAILA 2019.11.12公開

グッチのバッグを詳しく見る
由緒正しいトラッドなモチーフを現代的なアレンジで楽しむ

アーティストで女優のズゥミ・ロソウが名前の由来となったバッグ。グッチのシグネチャーである「インターロッキングG」と「ホースビット」を組み合わせ、ゴールド&シルバーで表現したディテールが、伝統的なデザインに今の魅力を添える。靴にも同じディテールをあしらって。バッグ「グッチ ズゥミ」(16×24×4.5)¥350000・靴(5.5)¥102000・シャツ¥270000/グッチ ジャパン(グッチ)

※BAILA2019年8月号掲載

グッチのバッグを詳しく見る

3.LOUIS VUITTON【ルイ・ヴィトン】の名品バッグ

バッグ(19×25×15)¥290400・靴(5)¥213400・ピアス¥51700・リング¥53900/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

永遠のアイコンであるモノグラム・モチーフのボストンバッグ「スピーディ」が、デニムジャカード素材で進化。「スピーディ・バンドリエール 25」のカジュアルでタフなストーンウォッシュの風合いには、ボリュームブーツの辛口なテイストがマッチ。媚びないスタイルが、のびやかで自由な気持ちを与えてくれる。

バッグ(19×25×15)¥290400・靴(5)¥213400・ピアス¥51700・リング¥53900/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) シャツ¥26400・スカート¥19800/ボウルズ(ハイク) ヘアバンド¥9240/カシラ プレスルーム(カシラ)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
(ストラップつき18×27×9)¥720500/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

かちっと品のいいハンドバッグを、ポルカドットのジャカードで。「カプシーヌ BB」は、可愛げを忘れないフレンチシックなムード。(ストラップつき18×27×9)¥720500/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
(13×23×6)¥293700/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

スリムな半月形バゲットバッグ「ループ」。デニムとゴールドチェーンのミックスがグラマラスな印象。(13×23×6)¥293700/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
バッグ(17.5×23.5×11.5)¥257400・コート¥459800・トップス¥97900・スカート¥113300/ルイ・ヴィトンクライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

贅沢なものは、重厚でシックじゃなきゃいけない、なんてイメージは過去のもの。上質な“本物”が心浮き立つような優しい存在ならこんなにハッピーに。角丸のフォルムがチャーミングな「アルマBB」を、淡いカラーのジャカードを主役に、明るくやわらかなイエローのレザーでトリミング。

バッグ(17.5×23.5×11.5)¥257400・コート¥459800・トップス¥97900・スカート¥113300/ルイ・ヴィトンクライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2022年2月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

日常にぴったりのサイズや傷や汚れが目立ちにくいモノグラム・キャンバス。気負わず使えるから、長く使える。好きなイニシャルやラインを入れられる「マイLV ヘリテージ」でさらなる愛着を。バッグ「スピーディ・バンドリエール25」(19×25×15)¥204600/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) ジャケット¥46200・靴¥61600(ファビオルスコーニ)/プルミエ アロンディスモン ニット¥95700/アパルトモン 青山店(クイーンアンドベル) シャツ¥34100/ロエフ 六本木店(ロエフ) パンツ¥31900/ボウルズ(ハイク)

※BAILA2022年1月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

日常はもちろん旅行にも使える収納力が頼もしい「オンザゴー GM」。新作は人気のジャイアント・モノグラムを遊び心あふれる手描き風にアレンジ。両サイドにはスケールと配色の異なるモノグラムを用いてリズミカルな印象に。内蔵の長めのレザーストラップで肩かけも可能。バッグ(34×41×19)¥368500・ドレス¥476300・ブーツ¥281600/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2021年9月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

クラシカルな新作ワンハンドルバッグは、ベージュのキャンバス地が軽やか。クロスボディにすれば、アクティブにコーディネートできるのも魅力。「きれいめにはもちろん、デニムスタイルにサラッと持ってもセンスよく決まる」。バッグ「カプシーヌMM」(20×31.5×11)¥643500/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2021年6月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

(左)メタリックなモノグラムがエネルギッシュに映える。ワンハンドルで品よく、ショルダーでアクティブに楽しめる。バッグ「クルーザーPM」(27×25×11)¥621500/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)
(中)ハイブリッドな異素材使いで、足もとから新鮮に。安定感のあるブロックヒールもポイント。靴「ルイーズ ライン パンプス」(7.5)¥123200
(右)フランス語でクッションを意味する新作バッグ。上質さがひと目でわかるラムスキンのしなやかさと取り外し可能なレタリングストラップとのコントラストが素敵。バッグ「クッサンPM」(20×26×12)¥424600

※BAILA2021年4月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

やわらかなムードの中で、彫刻を施したチェーンや金具、木靴風のユニークな造形がアクセントとして際立つ。バッグは3つのコンパートメントが備わり、内側はモノグラムをあしらったブランドらしさが詰まった逸品。バッグ「ランデヴー」(17×22×7)¥457600・靴「パフィー」(8)¥156200・ネックレス¥60500・ピアス(3点セット)¥73700/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) ワンピース¥69300/ebure GINZA SIX店(ebure) カーディガン¥31900/スローン

※BAILA2021年4月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

定番バッグ「スピーディ」がアップデートして登場。職人が仕上げたジャカード素材には、伝統的なモノグラムとブランドの生まれ“1854”が。よりカジュアルなテンションで楽しめるデニムブルーも新鮮。「スピーディ・バンドリエール25」(19×25×15)¥255000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2021年2月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

1泊分の荷物くらいは楽々収まる「オール・セットMM」。そんな実用的なトートでも、ひとつで完結させないのが今年流の楽しみ方。「よく取り出すスマホと財布だけは小さなバッグに……という2個持ちスタイルが、今や定番。小さいからこそ遊べるポシェットはモノグラム、旅行やお仕事に長く愛したいトートは無地のカーフレザーなど、用途に合わせて選び分けができ、セットで持っても素敵に決まるのは、種類も豊富なルイ・ヴィトンだからこそ」(加藤さん)。ショルダーバッグ(11.5×12×11.5)¥155000・トートバッグ(24×39×15)¥600000・コート¥630000・ワンピース¥229000・ピアス¥67000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2020年12月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

モノトーンでブランドアイコンを表現した、ミニサイズのショルダー
「小さいバッグに惹かれます。大事なものは限られていると気づくことで、ミニマリストに近づけるような気がして」という明日海さんが目を留めたコンパクトな巾着バッグ。ジャカード織りのテキスタイルには、ブランド生誕年の「1854」と、伝統的なモノグラムが。バッグ「ノエ・パース〈SINCE1854〉」(11.5×11.5×12)¥170000・シャツワンピース¥229000・イヤクリップ¥50000・ブレスレット¥50000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2020年10月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

キャメル、ブラック、ブラウンと、3色のポーチがワンセットになったクロスポシェットは、それぞれ単品でも使用できるうれしい新作。たとえばトレンドのオールインワンに斜めがけすれば、人と差のつくリッチなカジュアルスタイルが完成! バッグ「POCHETTE LV3」(17×22×6)¥273000・ピアス¥67000・ブレスレット¥50000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン) オールインワン¥45000/アパルトモン 青山店(グッド グリーフ!) ハット¥32000/キジマ タカユキ

※BAILA2020年9月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

フラップ部分にはグレインカーフレザーを使用。細かいシワのような加工を施したシボ革は、傷や汚れが目立ちにくいという利点も。バッグ(13×20×5.5)¥243000・トップス¥82000・パンツ¥179000・イヤリング¥45000・リング¥50000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2020年3月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
ルイ・ヴィトンのバッグ

(上)メインのバッグに二つのポーチがついた、個性豊かな一点。ジャカード素材のイニシャル入りストラップが今どき顔の決め手に。バッグ「ミュルティ・ポシェット・アクセソワール」(24×16×6)¥181000・(下)ルイ・ヴィトンの旅の伝統から着想を得たレトロなムードを放つボックスタイプ。バッグの中は二つのコンパートメントに分かれ、整理整頓がしやすいデザインに。「ヴァリゼット・ヴェルティカル」(18.5×14.5×6)¥306000・コート(ベルトつき)¥535000・ニット¥82000・ピアス¥61000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2020年2月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
機能的でクラシカルなグランメゾンのルーツ

軽くて丈夫なモノグラム・キャンバスを使い、コンパクトに仕上げた「スピーディ25」。1930年に生まれた「エクスプレス」のアップデート版である「スピーディ」は、立体的なシルエットにロール仕上げのレザーハンドル、シグネチャーを刻印したパドロックと、前モデルの名残を留めて。なかでも、2wayで持てるショルダーストラップつきが人気。「スピーディ・バンドリエール25」(19×25×15)¥164000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2020年1月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
モノグラムLVポップ

モノグラムと、人気を二分するダミエというおなじみのパターンをミックスさせ、ネオンピンクで大胆に仕上げたまったく新しい"モノグラムLVポップ"。なかでもこのおちゃめなプリントをクラシックな円柱状のバッグに落とし込んだ「カンヌ」は、ひときわユニークで、モダンで、着こなしの主役となること間違いなし。ボディと底はモノグラム、バッグの上部はダミエ、という遊び心たっぷりのデザイン。ストラップは取り外し可。バッグ「カンヌ」(高さ17×幅15×マチ15㎝)¥317000・コート¥750000・パンツ¥153000・リング(右手)¥69000(3つセット)・(左手)¥42000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)トップス/スタイリスト私物

※BAILA2019年11月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
トランクケース風のミニバッグに由緒正しき伝統と旅の自由なマインドを宿して

メゾンの旅の伝統をソースに2019春夏に生まれた「ヴァリゼット」は、トランクケースのようなディテールが特徴。そのミニサイズが、エピ・レザーになって今季登場した。洗練されたカラーブロックが装いをモダンに傾ける。旅のムードをまとったバッグは、置くだけで見慣れた景色も旅先のように見せてくれそう。トランクのようになった内部は小さいながらも広く、収納力も抜群。バッグ「ミニ ラゲージBB」(17×20×8)¥376000(予定価格)・ノート¥22000・鉛筆(2本セット)¥20000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2019年9月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
【一生ものバッグまとめ】流行りも年代も関係なく長く愛せる名品バッグ_60

馴染みのあるモノグラム・キャンバスのカラーを反転させたようなモノグラム・リバースキャンバスを用いた、ヴィンテージライクなコレクション。かっちりとしたフォルムにゴールドのクラスプをあしらったデザインは、シャープな機能美を感じさせる。リュクスなゴールドチェーンは取り外してクラッチとしても持てる。「ポルトフォイユ・ドーフィーヌ」(W18.5cm×H12cm×D5cm)¥226,000/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン)

@BAILA 2019.11.12公開

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
品格と大人の遊び心を同時に宿す小さなバニティ型バッグ

伝統的な化粧ケースを、使いやすいミニサイズに再解釈した「カンヌ」。ジャイアント・モノグラム キャンバスで仕立てることで、小ぶりバッグとのコントラストがきわだつチャーミングな仕上がりに。ショルダーストラップで肩かけもできる。バッグ「カンヌ」(17×15×15)¥288000・シャツ¥245000(予定価格)・スカート¥383000(予定価格)・ピアス¥76000・リング¥54000/ルイ・ヴィトン クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2019年8月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る
アイコニックなバケットバッグ「ネオノエ」

アイコニックなバケットバッグ「ネオノエ」にもうひとまわり小ぶりなサイズがデビュー。カラフルなエピ・レザーにも心躍る。「モダンにアップデートされてオン・オフ問わない。ストラップつきなので持ち方のアレンジも楽しめます」。バッグ「ネオノエ BB」(20×20×13)各¥212000/ルイ・ヴィトン  クライアントサービス(ルイ・ヴィトン)

※BAILA2019年9月号掲載

ルイ・ヴィトンのバッグを詳しく見る

4.CELINE【セリーヌ】の名品バッグ

2022年サマーコレクションにフィーチャーしたポップアップストアが3/16(水)〜3/22(火)阪急うめだ本店1階 コトコトステージ11で開催。狙い目はこの限定バッグ。「白にゴールドチェーンというフレンチなデザインがツボ」。バッグ「トリオンフ チェーン ショルダーバッグ」(10.5×20.5×4)¥324500(予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

2022年サマーコレクションにフィーチャーしたポップアップストアが3/16(水)〜3/22(火)阪急うめだ本店1階 コトコトステージ11で開催。狙い目はこの限定バッグ。「白にゴールドチェーンというフレンチなデザインがツボ」。バッグ「トリオンフ チェーン ショルダーバッグ」(10.5×20.5×4)¥324500(予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)
 
※BAILA2022年4・5合併号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る
バッグ(30×22×13)¥214500(予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

ナチュラルなテキスタイルが心地よいセリーヌの新作バケットバッグ。レザーのトリオンフがリュクスなアクセントに。内側はトートのようにシンプルなワンコンパートメントで、留め具はマグネットボタンで手軽に開閉ができる。ルックスも使い勝手もリラクシーで洗練された、まさにバッグ界の「圧はないけど、芯はある」存在。

バッグ(30×22×13)¥214500(予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)
 

※BAILA2022年2月号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る
セリーヌのバッグ

1970年代に凱旋門を囲む鎖から着想を得て生まれた、歴史ある「トリオンフ」モチーフ。ボクシーな形やメタルの留め具はモード感満点で、ともにおしゃれを楽しむこれからを思いワクワクする。バッグ「ティーン トリオンフバッグ」(14×18.5×6)¥401500(予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) コート¥93500/ボウルズ(ハイク) カットソー¥9790・パンツ¥11000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) カチューシャ¥25300/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 靴¥38500/シジェーム ギンザ(チェンバー)

※BAILA2022年1月号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る
セリーヌのバッグ

丸みを帯びたソフトカーフレザーを端正なターンロックが彩る「ティーン ソフト16」。堅実な形をアップデートするショルダーベルトに注目。バッグ(15×23.5×9)¥319000・ジャケット¥357500・シャツ(参考商品)・デニム¥107800・ピアス¥99000(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

※BAILA2021年9月号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る
セリーヌのバッグ

パリの凱旋門を囲む鎖がインスピレーションとなったトリオンフは、ブランドのアイコンモチーフのひとつ。二つの「C」の組み合わせが特徴的なクロージャーとボクシーなシルエットはそのままに、コンパクトなショルダーバッグが追加。バッグ「トリオンフ キャンバスショルダー」(10×20×4)¥242000・財布「トリオンフ スモールフラップウォレット」(9×10.5)¥82500・帽子¥49500・カーディガン¥374000・カットソー¥62700・ジーンズ¥89100(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

※BAILA2021年6月号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る
セリーヌのバッグ

その名も“ランチボックス”と名付けられたバッグ。キャッチーな見た目とは裏腹に、バッグを開けるとなめらかで上質なレザーがのぞく、ギャップのあるデザインはさすがのひと言。トップにゴールドの「トリオンフ」モチーフが配され、さりげなくブランドのシグニチャーが光る。バッグ(9×19×9)¥456500・ピアス¥92400(ともに予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) ブラウス¥26400・パンツ¥35200/セオリー 

※BAILA2021年5月号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る
セリーヌのバッグ

ブランドのシグネチャー、トリオンフを主役にした縦型トートがカジュアルにマッチ。ショルダーストラップつき。バッグ(31×28.5×8)¥250000・ブレスレット¥89000・ピアス¥75000(すべて予定価格)/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) ニット¥25000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス オモテサンドウ(ドゥーズィエム クラス) ブラウス¥39000/エンフォルド デニム¥12800/ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム(ローラス) サングラス¥44000/ヴィジョナイズ(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

※BAILA2021年3月号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る
バッグ「マイヨン トリオンフ シャイニーカーフスキン ミディアム」

ふっくらとしたレザーが作る、丸みを帯びたシェイプが優しげ。ゴールドのチェーンが、クラシカルでフェミニンな印象を与えて。フラップを留めるクロージャーは、メゾンの歴史あるシグネチャー、トリオンフのモチーフ。バッグ「マイヨン トリオンフ シャイニーカーフスキン ミディアム」(W22cm×H17cm×D6cm)¥320,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

@BAILA 2019.11.12公開

セリーヌのバッグを詳しく見る
「トリオンフ キャンバス(TRIOMPHE CANVAS)」

「トリオンフ キャンバス(TRIOMPHE CANVAS)」。全面に施されたトリオンフモチーフはパリの凱旋門のチェーンからインスパイアされたもの。1972年のアーカイヴのモノグラムキャンバス素材を再解釈し、タイムレスをコンセプトにウィメンズ、メンズ両コレクションで展開! どんなファッションとも相性がよく、持つだけでコーディネートを格上げしてくれると評判なんです。トリオンフ キャンバス ラージヴォヤージュ(W50×H28×D22.5cm)¥230,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

@BAILA 2019.9.18公開

セリーヌのバッグを詳しく見る
「タッセルズ ウォータースネーク スモール」バッグ

ヴィンテージライクなタッセルをモチーフにしたセリーヌの新作バッグ。ラグジュアリーなエキゾチックレザーはミニマムサイズで持ちたい。「タッセルズ ウォータースネーク スモール」バッグ(W16cmxH12cmxD4.5cm)¥220,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

@BAILA 2019.7.9公開

セリーヌのバッグを詳しく見る
「タッセルズ シャイニーカーフスキン ベルトバッグ」

セリーヌで70年代から用いられてきたタッセルをモチーフにした新作「タッセルズ」。丸みのあるフォルムと、スクールガール風の上品なトラッドテイストが復活。ベルトバッグのデザインは、レトロ感と今っぽさのベストな両立。「タッセルズ シャイニーカーフスキン ベルトバッグ」(W18cmxH12cmxD3cm) ¥155,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

@BAILA 2019.7.9公開

セリーヌのバッグを詳しく見る
「16(セーズ)」は、エディが就任初日にデザインしたというエピソードが

エディ・スリマンがアーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターに就任したセリーヌ。新定番バッグ「16(セーズ)」は、エディが就任初日にデザインしたというエピソードが。60年代のセリーヌを彷彿とさせるクラシカルなハンドバッグは、新しいブランドのスタイルを象徴しているよう。バッグ(W32cm×H23.5cm×D13cm)¥ 510,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

@BAILA 2019.4.8公開

セリーヌのバッグを詳しく見る
【一生ものバッグまとめ】流行りも年代も関係なく長く愛せる名品バッグ_75

今季、世界中から熱い視線を浴びているのがアーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターに就任したエディ・スリマンによるセリーヌのファーストコレクション。なかでもブランドの世界観が凝縮されたバッグのラインナップはすでに各方面で話題に。そのひとつ「トリオンフ」は凱旋門を囲むチェーンから着想を得た金具や’70年代に使われていたCモチーフがアクセントになったクラシカルなショルダーバッグ。鮮やかな赤はまるでルージュのような大人の色っぽさも潜ませて。バッグ「トリオンフ シャイニーカーフスキン ミディアム」(高さ14×幅17×マチ5 ㎝)¥430000・ジャケット¥330000・ネックレス¥52000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン) その他/スタイリスト私物

BAILA2019年4月号掲載

セリーヌのバッグを詳しく見る

5.Dior【ディオール】の名品バッグ

バッグ(チャームつき 15×17×7)¥627000・靴(1)¥148500/クリスチャンディオール(ディオール) 

春夏コレクションで、マリア・グラツィア・キウリが提案するスポーティムードは、アクティブな機能美とロマンチックな品のよさのバランスが絶妙。マルチカラーのプリントシルクを用いたサンダル「ディオールアクト」は、思わず駆け出したくなる履き心地のよさ。愛らしいミニサイズの「レディディオール」のかごバッグを片手に、ハッピーな予感に満ちた夏の雰囲気をいち早く取り入れて。バッグ(チャームつき 15×17×7)¥627000・靴(1)¥148500/クリスチャンディオール(ディオール) ワンピース¥35200/ショールーム セッション(マリハ)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
バッグ(13×22×5)¥374000・コート¥759000・シャツ¥165000(参考価格)・ショーツ¥242000・ソックス¥61600/クリスチャン ディオール(ディオール)

「ディオール ボビー」イーストウェストバッグの魅力は気持ちが動きだすようなアクティブ感。新鮮な横長シェイプは、ストラップを短めにスポーティなクロスボディにするのも素敵。エレガントなのにコンサバになりすぎない快活さが、着こなしをフレッシュにアップデート。

バッグ(13×22×5)¥374000・コート¥759000・シャツ¥165000(参考価格)・ショーツ¥242000・ソックス¥61600/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2022年2月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
(21×26.5×14)¥374000/クリスチャン ディオール(ディオール)

大人気の「ディオール ブックトート」に、待望のスモールサイズが登場。マチもスマートで持ちやすい。(21×26.5×14)¥374000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
バッグ「DIOR VIBE」(高さ15×幅20×マチ7cm)各¥407000/クリスチャン ディオール(ディオール)

ジップトップでコンパクトな形が使いやすい、新アイコンバッグ。ベースにCHRISTIAN DIORのシグネチャー、メタルバックルにはCDイニシャルをあしらって。二つのショルダーストラップで、自由な持ち方を楽しめる。バッグ「DIOR VIBE」(高さ15×幅20×マチ7cm)各¥407000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2022年2月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

「ディオール オブリーク」モチーフの刺しゅうとフロントのシグネチャーが象徴的なこのバッグには、歴史あるメゾンの美意識や創造性、技巧が込められていて、だから未来へ続くもの。バッグ「ディオール ブックトート スモールバッグ」(28×36.5×17.5)¥352000/クリスチャン ディオール(ディオール) コート¥148500・ブラウス¥37400・パンツ¥49500/マディソンブルー 靴¥57200/プルミエアロンディスモン(ペリーコ)

※BAILA2022年1月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

大人気「ディオール ブックトート」の新作はメゾンを象徴する動植物や天体を刺しゅうした美しい逸品。(35×41.5×18)¥440000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年9月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

メゾンを象徴する「レディ ディオール」が手のひらにのるマイクロサイズに。繊細なクラウドブルーのラムスキンに「カナージュ」ステッチが調和し、小さいなかにメゾンの美学がぎゅっと凝縮されている。持つたび特別な高揚感をくれる、まさにジュエリー感覚のバッグ。バッグ(10×12×5)¥396000・シャツ¥203500・ジレ¥605000・スカート¥539000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年9月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

“カナージュ”ステッチが特徴的なアイコンバッグにキュートなマイクロサイズが仲間入り。「端正で凝った作りはそのままに、よりキャッチーなサイズ感に生まれ変わったバッグの虜。あえて辛めな黒でかっこよくモードに楽しみたい」。バッグ「レディ ディオール」(10×12×5)¥396000(予定価格)/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年8月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

ショルダーストラップは長さ調節だけでなく、取り外すことも可能。背面にエンボス加工されたシグネチャーもさりげないアクセントに。「ディオール ボビー」ミディアムバッグ(高さ17×幅22×マチ6cm)¥451000・シャツ¥159500・スカート¥682000・イヤリング¥80300・靴¥108900/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年6月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

“BOBBY”の名は、クリスチャン・ディオールの愛犬と、それにちなんでムッシュ ディオールが名付けた往年の同名アイテムへのオマージュ。レザーのショルダーストラップつきだが、別売りストラップで個性を加えても。バッグ「DIOR BOBBY」(17×22×6)¥451000・ストラップ¥148500/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年6月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

カチッとしたスクエアフォルムに、小さな赤いハートをちりばめたビター&スイートなギャップが楽しい。お洒落が無難になりがちな30代こそ、こんなバッグをチャーミングに持ちこなせるようになったら素敵。ストラップは長さ調節ができるので、ロングショルダーにも変更可能。バッグ(17×24×8)¥495000・ドレス¥616000・ベルト¥86900・ピアス¥64900/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年6月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

カーフレザーのほか、ブランドロゴがグラフィカルにあしらわれた「ディオールオブリーク」も新登場。エレガントなドレスにあえてキャンバス地のクラッチをミックスする。そんな自由なコーディネートに挑戦したくなるのも、ディオールのバッグの魅力。バッグ(16.5×28×3)¥418000・ドレス¥803000・ネックレス¥154000・ピアス¥41800・靴¥130900/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年6月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

今年の初めに登場した話題の最新バッグ「ディオール カロ」。上質なカーフスキンにメゾンを象徴する「カナージュ」ステッチを施し、アンティーク風のゴールドメタルシグニチャーをアクセントに。ショートパンツのスタイルなら、別売の幅広ストラップで軽快なムードにアレンジするのも楽しい。バッグ(12×20×7)¥451000・バッグにつけたストラップ¥137500・ジャケット¥517000・ブラウス¥192500・ショートパンツ¥231000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年6月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

動物や植物モチーフが描かれたディオールの伝統的なデザイン「トワルドゥ ジュイ」を総刺しゅうした人気シリーズに、プレフォールではスモーキーなグレーが新登場。主張があるように見えて、意外なほどどんな服にもなじむ応用力の高さも魅力。上品な水玉ワンピースにミックスすれば、エフォートレスな女らしさに。バッグ(28×36.5×17.5)¥352000・ドレス¥748000・ネックレス¥132000・ピアス¥84700・靴¥139700/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年6月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

刺しゅうの上に刺しゅうを重ね表現されたペイズリーモチーフに、手作業で作られたタッセルと、細やかなワザが凝縮。明るく陽気なムードが持つだけで元気をくれるとっておきの逸品は、裏面にパーソナリゼーションを施すことも可能。スニーカーも同色のロゴやフリンジなど細部にデザインが効いた奥行きたっぷりな一足。バッグ「D-BUBBLE」(25×16×16)¥385000・靴「D-WANDER」¥119900・ピアス¥69300・リング¥53900/クリスチャン ディオール(ディオール) ニット¥26400/スローン シャツ¥22000/エイチ ビューティ&ユース スカート¥69300/ebure GINZA SIX店(ebure)

※BAILA2021年4月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

メゾンの歴史発祥の地にちなんで名付けられたシリーズからの新色。日差しが似合うミルクチョコレートのようなカラーで、背面にはスリットポケットも。バッグ「30 MONTAIGNE」(17×24×8)¥429000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年4月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

ランウェイにも登場し話題となったモデルは、刺しゅうで表現されたナチュラルトーンのストライプがアクセントに。バッグ「LADY D-LITE」(20×24×11)¥583000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年4月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

豊富なバリエーションで、私らしいデザインが見つかる“ブック トート”。春は、スモーキーピンクにブラックを効かせたハッピー感あふれるプリントに注目。カジュアルにもエレガントにもマッチして、着こなしをブラッシュアップしてくれる。バッグ(35×41.5×18)¥370000/クリスチャン ディオール(ディオール) プルオーバー¥18000/サードマガジン スカート¥25000/フィーニー リング(上)¥220000・(下)¥427000/TASAKI

※BAILA2021年3月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

しなやかなレザーに繊細な“カナージュ”ステッチを施し、絶妙な色出しのブルーグレーで着地させたブランドを象徴するバッグ。きれいめからカジュアルまで、服を選ばず気品を添える。ストラップを取り外してクラッチ持ちできる汎用性の高さもポイント。「ディオール カロ」(12×20×7)¥390000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2021年2月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

「究極にシンプルなデザインと、ブルーグレーのような今どきのニュアンスカラーに惹かれたハンドバッグ。かっちりしたタイプも大人はひとつあると便利ですが、これは白やベージュの淡いトーンから黒までどんな色にも合わせやすく大活躍」(加藤さん)。中はファスナーポケットを挟むようにして二つの仕切りがあり、内にも外にもポケットが充実。フロントはターンロック式で開閉しやすく、底ビスつきで直立もしやすいなど、機能面の高さも愛される理由に。バッグ(19×25×12、仕様変更あり)¥460000・プルオーバー¥480000・スカート¥960000・靴¥122000・ピアス¥52000・ブレスレット¥63000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2020年12月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

ブランドの象徴“ディオール オブリーク”パターンを刺しゅうした「ブックトート」の新作は、リッチな質感のベルベット素材を使用して、秋らしい表情に。「しっかりとマチがあり、形崩れしにくいので私も長年愛用しています」と明日海さん。「ディオール ブック トート」(28×36.5×17.5)¥330000・セーター¥240000・ブラウス¥250000(予定価格)・デニムパンツ¥210000(予定価格)・タイ¥49000・サンダル¥106000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2020年10月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

美しい曲線を描く女性らしいフォルムと洗練されたCDロゴが特徴の新作シリーズ「ディオール ボビー」。ディオールのコンテンポラリーなエッセンスが凝縮されたバッグが、お仕事スタイルを応援。バッグ「DIOR BOBBY」(14×18×5)¥340000/クリスチャン ディオール(ディオール) ジャケット¥32000/エリオポール代官山(エリオポール) タンクトップ¥7000/スリードッツ青山店(スリードッツ) パンツ¥25000/カオス表参道(カオス) ピアス( 1 個)¥26000・ブレスレット¥63000/プライマル

※BAILA2020年9月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
ディオールのバッグ

街を席巻する大人気アイコンバッグ「ブック トート」に、可愛げたっぷりのミニサイズが新登場。スマートフォンや三つ折り財布など、女性の必需品をキュートに収納。レギュラーサイズと同じくパーソナライズもできる一点だから、ギフトとしても最適! バッグ「ブック トート」(22.5×24×8)各¥190000・ジャンプスーツ¥210000・リング¥44000/クリスチャン ディオール(ディオール) 

※BAILA2020年2月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
レディなアイコンバッグを自分らしくカスタマイズ。あえてカジュアルに楽しむのがいい

アイコンバッグなどをカスタマイズできるサービス「MY ABCDIOR」。新作は、付属のレザーストラップに、アルファベットなど好きなメタルパーツを飾って楽しめる。写真のように、キャンバスストラップにつけ替えても素敵。バッグ「MY ABCDIOR」(16.5×20×8)¥400000・ストラップ(6×95)¥115000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2019年9月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
シンプルな形に、大きなCDイニシャルが飾られたバッグ

シンプルな形に、大きなCDイニシャルが飾られたバッグ。「30 モンテーニュ」とは、はじめてパリ本店を構えた住所であり、メゾンにとって特別な意味を持つ場所。ストラップの長さを調節すれば、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、クロスボディと多彩なアレンジが可能。バッグ「30 モンテーニュ」(17×24×8)¥390000・ニット¥150000・パンツ¥190000/クリスチャン ディオール(ディオール)

※BAILA2019年8月号掲載

ディオールのバッグを詳しく見る
馬鞍をモチーフにしたフラップやストラップのデザイン

馬鞍をモチーフにしたフラップやストラップのデザインと、かっちりとしたフォルムがタイムレスな魅力をたたえて。小銭を入れられるジップポケットやカードスロットなどを備えて、中身も機能的。バッグ(W17cmxH10.5cmxD3.5cm)¥120,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

@BAILA 2019.7.9公開

ディオールのバッグを詳しく見る

6.FENDI【フェンディ】の名品バッグ

バッグ「バゲット」(ストラップつき 15×27×6)¥434500(予定価格、6月中旬発売予定)・ピアス¥49500・ブレスレット¥60500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

フランスパンを小わきに抱えたスタイルが由来の不朽の名作「バゲット」。小ぶりなハンドバッグを抱えて颯爽と街を歩く姿は、時代を超えて、粋を感じさせる。この「バゲット」には、バッグを絵画のキャンバスのようにして、素材、色、柄とたくさんのバリエーションがあり、自分好みの相棒が見つかる。リラクシーなストロー素材なら、こなれ感もお手のもの。バッグ「バゲット」(ストラップつき 15×27×6)¥434500(予定価格、6月中旬発売予定)・ピアス¥49500・ブレスレット¥60500/フェンディ ジャパン(フェンディ) ワンピース¥26400/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザポーズ)

※BAILA2022年7月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
「ピーカブー アイシーユー マイクロ」(8.5×12.5 ×7.5) 各¥192500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

ここ数年で持ち運ぶ荷物が少なくなり、ラグジュアリーなバッグは、ラグジュアリーなアクセサリーへと華麗に変身。「バゲット」と並ぶ伝説的アイコン「ピーカブー」もこんなマイクロサイズに。“何に使うの?”と言うなかれ。たとえばTシャツとデニムの日。上質なレザーで美しく作られたバッグは、ごく小さい面積でも大人の品格を最大限に引き出してくれる。もともとがよく知られた名作だからこそ、極端な小ささがチャーミングに。
「ピーカブー アイシーユー マイクロ」(8.5×12.5 ×7.5) 各¥192500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2022年7月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
(31×35×17)¥357500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

仕事の日でも困らない、大容量が嬉しいトート型バッグ。優しげなペールピンクのカーフレザーとべっ甲風のハンドルが、大人が欲しい可愛げと品のよさをどちらもかなえる。熱転写プリントされたブランドロゴは持つだけで注目の的に。シーンを選ぶことなく手持ちのコーディネートを底上げし、働くわたしの毎日に自信をくれる。ショルダーストラップつき。(31×35×17)¥357500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2022年6月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
バッグ「フェンディグラフィー スモール」(24.5×29×10)¥280500・ストラップチェーン¥123200・バッグ「ナノ フェンディグラフィー」(14×16.5×5)¥148500・ブレスレット¥68200/フェンディ ジャパン(フェンディ) 

ホーボーバッグの底に、メタルのFENDIロゴを配した「フェンディグラフィー」は、軽やかな主張が印象的。ナノサイズは手首につけてもOK。

バッグ「フェンディグラフィー スモール」(24.5×29×10)¥280500・ストラップチェーン¥123200・バッグ「ナノ フェンディグラフィー」(14×16.5×5)¥148500・ブレスレット¥68200/フェンディ ジャパン(フェンディ) カーディガン¥12100/アダム エ ロペ Tシャツ¥6600/ゲストリスト(アッパーハイツ) パンツ¥29700/アストラット 新宿店(アストラット) 帽子¥33000/エリオポール代官山(ヴァンパルマ)

※BAILA2022年4・5合併号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
(23.5×32.5×15)¥418000(予定価格・3月中旬発売予定)/フェンディ ジャパン(フェンディ)

「F」のイニシャルをグラフィカルに留め具にデザインした話題のバッグ「フェンディ ファースト ミディアム」。ナッパレザーのやわらかな発色が素敵。(23.5×32.5×15)¥418000(予定価格・3月中旬発売予定)/フェンディ ジャパン(フェンディ)
 
※BAILA2022年4・5合併号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
【一生ものバッグまとめ】流行りも年代も関係なく長く愛せる名品バッグ_107

お仕事PCも大人の学びの道具もたっぷり入るデイリートートは、自分の元気を引き出すカラーで選んでみて。テクニカルメッシュ素材にFFロゴが立体的に浮き上がる「サンシャイン ショッパー」の新作は、モードな切れ味のよさがポイント。アイコニックなべっ甲柄のハンドルのほか、取り外しができるショルダーストラップが付属し肩かけもOK。

バッグ(31×35×17)¥327800・コート¥434500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2022年2月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

シンプルなワンハンドルに、中は二つのコンパートメント。だからとびきり上品で、とびきり機能的。内ポケットは取り外しやカスタマイズも可能。働く女性の10年にそっと寄り添い、強く後押ししてくれる。バッグ「ピーカブー アイシーユー ミディアム」(25.5×33.5×13)¥572000/フェンディ ジャパン(フェンディ) ニット¥24200/イウエンマトフ 横浜店(イウエンマトフ) パンツ¥11000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) ストール¥20900/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(バルミュール) 靴¥57200/アルアバイル(ネブローニ)

※BAILA2022年1月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

ユニークなクリエイションを数多く手がけてきたキム・ジョーンズをアーティスティックディレクターに迎え、新たなスタートを切った今季のフェンディ。ひときわ注目が集まるランウェイでも大きな話題を呼んだのが、新作のバッグ「フェンディファースト」。メゾンの頭文字の“F”をフレームに配したクラッチバッグは、ひと目でわかる個性を大胆に、さりげなく表現したラグジュアリーな遊び心が光る逸品。付属のショルダーストラップをつければ2wayでも使えたりと、実用的な一面も併せ持ち、リアルに楽しめるのも魅力的。きれいめなワンピースやカジュアルなデニム、そして大好きなワントーンコーデの小粋なアクセントに、幅広いコーディネートを楽しんで。バッグ(高さ23.5×幅32.5×マチ15cm ショルダーストラップつき)¥434500・ワンピース¥302500・ピアス(1個)¥29700・リング¥40700・タイツ¥29700・靴¥198000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年10月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

ふっくらしたナッパレザー製クラッチの口金部分にメゾンの頭文字“F”を斜めに配した「フェンディ ファースト」。キム・ジョーンズが手がける新しいフェンディのアイコンは、型破りなのにとびきりエレガントな完成形で、現代のレディ像を提案。持てば凜とする品格が大人に嬉しい。ストラップは取り外し可能。バッグ(18×26×9.5)¥302500・ドレス¥396000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年9月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

なめらかなレザー素材に「FENDI ROMA」のロゴを型押しした、アイコニックなトートバッグ。アクセントになったべっ甲柄のトップハンドルだけでなく、取り外せるショルダーストラップで肩かけも。バッグ「サンシャイン ショッパー ミディアム」(31×35×17)¥315700・サングラス¥46200・ジャケット¥231000・プルオーバー¥157300・イヤリング¥38500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年6月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

不朽の名作、「ピーカブー」がナチュラルな素材になって登場。両サイドやハンドルはベージュのレザーで仕上げ、エレガントさはそのままに親近感と楽しさを宿す。バッグ(22.5×33.5×13)¥638000・ピアス¥59400・靴¥86900/フェンディ ジャパン(フェンディ) ワンピース¥74800/エイチ ビューティ&ユース(フィータ) 

※BAILA2021年5月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

ストロー素材で編まれたロゴが愛嬌たっぷり。ショルダーストラップつきで、アクティブかつ軽快に楽しめるところも嬉しい。製品化に伴い仕様変更あり。(15×27×13)¥148500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年5月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

(24×24×2)¥253000/フェンディ ジャパン(フェンディ) 

※BAILA2021年5月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

再生プラスチックを採用したサステナブルで可愛げたっぷりな夏バッグ。バッグ「FENDI BASKET」(22×25×10)¥74800(予定価格、3月下旬発売予定)/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年4月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

涼やかなネット素材で登場した人気モデルは、取り外し可能なストラップつき。バッグ「MON TRESOR」(18×12×10)¥214500/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年4月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

ハーフムーン形のドリーミーなムード漂うバッグ。サイドにはべっ甲風のプレキシガラスがデザインされており、フラップを開けると型押しされたロゴが登場。ソール部分に編み込みによって表現されたFFロゴが一周するサンダルは、足が包み込まれるようなコンフォータブルな履き心地がやみつきに。バッグ「FENDI MOONLIGHT」(14×21×9)¥231000・靴(5※ソールの高さ)¥95700(予定価格、3月下旬発売予定)・ヘッドバンド¥62700・ピアス¥68200/フェンディ ジャパン(フェンディ) ニット¥15400/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) パンツ¥30800/イウエン マトフ 横浜店(イウエン マトフ)

※BAILA2021年4月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

2021春夏コレクションのランウェイで脚光を浴びたカラフルな新作バッグをマーク。コーデのアクセントに取り入れて注目の的に。「ハーフムーン形とサイドのシェル風モチーフが目新しい!華やかな色をデニムスタイルに効かせたい」。バッグ「フェンディ ムーンライト」(14×21×9)¥210000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年3月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

型押しのロゴにべっ甲風のハンドルがクールなたたずまいの「サンシャインショッパー」。昨年発売したアイコンバッグに、使いやすいミディアムサイズが登場。ショルダーストラップも付属し、マチもしっかりあるので、日常のどんなシーンでも頼れる。(31×35×17)¥287000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年3月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

働く30代にちょうどいい大容量のバッグは、べっ甲風のハンドルやブラウンレザーがシック。熱転写プリントのロゴもキャッチーで注目の的に。オリーブカラーの「ナノ バゲット」をアクセ感覚であしらって、遊び心をプラス。バッグ「サンシャイン ショッパー ミディアム」(31×35×17)¥287000・チャームにしたミニバッグ「ナノ バゲット」(6.5×11×2.5)¥79000・コート¥508000・ブラウス¥135000・パンツ¥99000・ピアス¥43000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2021年2月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

究極にシンプルな四角のトート。そんな潔さが新鮮と話題を呼んだフェンディの「サンシャイン ショッパー」から、ひとまわり小さく、使い勝手のいいミディアムサイズが新登場。なかでも注目は、ベーシックでありながらニュアンスのある色合いで洒落た雰囲気を持つグレーレザー。べっ甲風のガラスハンドルとの組み合わせもどこかユニークで、周りとはちょっと違った逸品を楽しみたい人にはぴったり。ミニバッグやエコバッグが主流の今、あえてこんな上質なビッグトートを飾らず持つのも最高におしゃれなこと。せっかくなら目を引くロゴで大胆に!大好きなボーダーやデニムのカジュアルも、いっそう素敵に映るはず。

※BAILA2021年2月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

折り目がきっちりとした蛇腹型のフレームを採用し、よりスマートに進化した「ピーカブー アイシーユー」。バイラ世代ならひと回り小さな「イーストウエスト」から挑戦してみても。「実はピーカブーは私も持っていますが、上質な革ゆえにやっぱり扱いには気をつかいますし、価格のうえでも“小さい”ほうが、初めてにはいいのかなと。ただし一度手にしたら、一生もの。きものにも合いますし、フォーマルな行事にも使えるほど本当にシーンレスなので、投資する価値は大です」(加藤さん)。バッグ(18.5×29×12)¥431000・カーディガン¥210000・スカート¥225000・ピアス¥43000・靴¥127000(予価、2021年1月発売予定)/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2020年12月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

「カジュアルで可愛い!」と明日海さん。「太めのワンストラップでアクティブなのにエレガントさがどこかにある。ひとことで言うなら“お上品ボーイッシュ”。私の好きなテイストです」。FFロゴモチーフを編み込んだラフィア素材が軽快なベルトバッグ。斜めがけで体にフィットする小ぶりなサイズ感に、女性らしさがほんのり香る。バッグ「フェンディ ギター」(26×12.5×10.5)¥185000・ブラウス¥181000・デニムパンツ¥79000/フェンディ ジャパン(フェンディ)


※BAILA2020年10月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

鮮やかなイエローが目を引くバッグは、世界に先駆け日本で発売されたばかりの新作「セレリア FF トート」。ドクターズバッグのようなかっちりしたフォルムながらもしっとりと手になじむ柔らかなカーフレザーを使っているので、軽く、出し入れしやすく、斜めがけしたときにも体に寄り添うようなフィット感が得られるのはさすが! ショルダーストラップも太めなので、大荷物でも肩に食い込んだり、グラつかないのもうれしい。形がベーシックだからこそ、こんな明るいイエローを選んでも大人っぽく決まる。アクティブにいきたい毎日は、美人で機能的なトートをぜひパートナーに。バッグ(高さ21×幅31×マチ11cm)¥287000・シャツ¥185000・スカート¥127000・ピアス¥63000・靴¥110000/フェンディ ジャパン(フェンディ)インナー/スタイリスト私物

※BAILA2020年6・7月合併号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
フェンディのバッグ

フラップ式のクロージャーにアイコニックなFFロゴのバックルをあしらった上品なバッグ。なんともキュートなベビーピンクは、ブラウンをはじめとするシックカラーの服と相性のいい色。チェーンストラップを2重にして持てば、さらにクラシカルな雰囲気が楽しめるショルダーバッグへと変化する。バッグ「キャン ユー」(13×19×9)¥231000・ニット¥115000・スカート¥127000・イヤリング¥79000/フェンディ ジャパン(フェンディ)


※BAILA2020年2月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
多彩なバリエーションでそろう伝説的バッグに心躍る

1997年に登場し、熱狂的な人気を博した「バゲット」は、小わきに抱えて持ち歩く姿がフランスパン(=バゲット)に似ていることからその名がつけられた。2019年に復活後は、サイズの比率が更新され、新たにスモールとラージが追加。「FF」ロゴをエンボスした超軽量レザーなど、多彩な素材で展開中。バッグ「バゲット」(14×26×4)¥283000・ニット¥138000・スカート¥185000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2020年1月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
曲線的な「カーリグラフィ」ロゴを、大胆にあしらった新作ショルダー

曲線的な「カーリグラフィ」ロゴを、大胆にあしらった新作ショルダー。これは、1981年にカール・ラガーフェルドがまるで彼のサインのようにデザインした「FFロゴ」。きちんと見えするつややかなブラックは、カジュアルにもフォーマルにも活躍しそう。バッグ「KARLIGRAPHY」(15×17×8.5)¥210000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2019年9月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
ショルダーストラップをつけて斜めがけに

ショルダーストラップをつけて斜めがけにしたり、クラッチ風に持ったり。自由に楽しめる「バイザウェイ」に、丸型チャームの小物入れをトッピング。ブラウンのスエードはどんな着こなしにも合わせやすく、ローファー風のフラットシューズとも好相性。バッグ「バイザウェイ」(15×27×13)¥239000・靴¥99000・スカート¥248000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

※BAILA2019年8月号掲載

フェンディのバッグを詳しく見る
https://baila.hpplus.jp/22693

再びブームを引き起こしそう。復活した「バゲットバッグ」。カール・ラガーフェルドが考案したFFモチーフがフロントに。(W26cm×H14cm×D4cm)¥283,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

@BAILA 2019.4.8公開

フェンディのバッグを詳しく見る
小脇に抱えて持ち歩く姿がバゲット(フランスパン)に似ていることからその名がつけられた「バゲット」。

小脇に抱えて持ち歩く姿がバゲット(フランスパン)に似ていることからその名がつけられた「バゲット」。90年代にシルヴィア・フェンディがデザインし、大ブームを巻き起こした伝説のアイコンバッグが復活。エターナルな”可愛さ”の中に、スポーティな今のムードを吹き込んで。「バゲット」バッグ(W33cm×H18cm×D5.5cm)¥254,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)

@BAILA 2019.4.8公開

フェンディのバッグを詳しく見る

7.Saint Laurent 【サンローラン】の名品バッグ

バッグ「イカール」(ポーチつき 58×43×8)¥504900・ピアス¥49500・靴(8.5)¥99000/サンローランクライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) 

1961年、ムッシュイヴ・サンローランは世にも美しいロゴを生み出した。優雅でありながらエッジィ。センシュアルなのに気品あふれる。相反する魅力を内包して力強く輝くロゴのエネルギーは、数あるブランドロゴの中でも唯一無二。新作バッグ「イカール」では、贅沢な高級ラムスキンのキルティングにブロンズのカサンドラが映えてひときわ美しく。
バッグ「イカール」(ポーチつき 58×43×8)¥504900・ピアス¥49500・靴(8.5)¥99000/サンローランクライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) ブラウス¥25300/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店(イウエン マトフ) パンツ¥26400/アマン(アーレット) 帽子¥12100/ギミックス(メゾンドリリス)

※BAILA2022年7月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
バッグ「ホーボー」(37×30×14)¥185900/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

ハンドメイドで編み込まれた風合いのあるボディに、YSLロゴのフッククロージャーがリッチ。クラス感のあるラフィアバッグをこれからの相棒に。「タウンユースはもちろん、海にも連れていきたい。軽くて体なじみがいいのも好き」。バッグ「ホーボー」(37×30×14)¥185900/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)
 
※BAILA2022年6月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
ショルダーストラップつき。(16×20×7.5)¥295900/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ )

1961年の創設よりブランドを象徴する「カサンドラ」ロゴを冠したデザイン。マットなブラックレザーにYSLメタルクロージャーが映え、落ち着きと華やかさを兼ね備えたたたずまいが美しい。かちっとした台形のフォルムとシンプルなワンハンドルがクラシカルで、これから先も、時代を超えて長く愛せる名品。ショルダーストラップつき。(16×20×7.5)¥295900/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ )

※BAILA2022年6月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
バッグ(19.5×36×12)¥238700・シャツ¥132000・デニム¥99000・ネックレス¥77000(参考価格)/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

エレガントな美しさと機能性を備え、働く女性の日常使いに最適な「ダウンタウン」。この春はレザーとファブリックの淡色コンビネーションがお目見え。バッグ本来の意志の強さと、素材のつくるほどよい抜け感とが絶妙なバランスで、ますます活躍しそう。

バッグ(19.5×36×12)¥238700・シャツ¥132000・デニム¥99000・ネックレス¥77000(参考価格)/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2022年2月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

肩にかけるとキュッと体にフィット。颯爽と街へ出よう。(16×23×6.5)¥214500/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2021年9月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
【一生ものバッグまとめ】流行りも年代も関係なく長く愛せる名品バッグ_136

1961年にデザインされたやや長体のかかった優美なカサンドラロゴのモノグラムパターンを、ヴィンテージ味のあるブラウンレザーに合わせた「ル・モノグラム」。ストラップやジップの引き手もあえて華奢に設計され、長年使い込んだようなムードに。バッグ(17×20×6)¥141900・ブラウス¥198000・パンツ¥84700/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2021年9月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

クラシカルなモノグラムにボーダーのようなデザインがアクセントになったアイコンバッグ“ダッフル”の最新作から目が離せない。「ヴィンテージライクなデザインは、手にするだけでこなれます」。バッグ「ル・モノグラム」(15×22.5×11)¥236500/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2021年9月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

夏らしい開放感をまとったバッグをレザーとカサンドラが引き締める。背面にスリットも完備し、機能性も高い。バッグ(16×20×7.5)¥262900・ブレスレット¥38500・靴¥93500/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) ベスト¥31900・タンクトップ¥9350/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) パンツ¥19360/アダム エ ロペ(ベースレンジ)

※BAILA2021年5月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

レザーでできたフリンジチャームやモダンな雰囲気漂う細ボーダーと、細部も凝った逸品。(28×24.5×10)¥236500/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2021年5月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

(28×25×20)¥108900/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) 

※BAILA2021年5月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

意外と悩むカジュアルなバッグ。特に最近は、ポーチからパソコンまで大きなものはエコバッグに頼りきりで、もう何年もアップデートしていないという人も。そんな今、あらためて注目を集めるのがバックパック。なかでも通勤に使える“都会的なリュック”として男女ともに支持を集めるサンローランのバックパックからそのかっこよさや使い勝手のよさはそのままに、今季は女性が使いやすい小さめのフォルムが新登場。小さめといっても収納力は申し分なしで、モバイル用のポケットやパッド入りのポケットがついていたりと細部まで嬉しい仕様に。着こなしを選ばない黒、オールシーズン使えるナイロン×レザー、これだけの魅力が詰まってこの価格……なら、迷わず買い! 背面にはICカードなどが取り出しやすいポケットつきで、移動時も楽。レオパード柄やデニム素材も展開。バックパック(高さ35×幅27×マチ21cm)¥125000・シャツ¥105000・パンツ¥80000・靴¥90000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2021年3月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

ざっくりしたリネン素材にシンプルにロゴをプリント、レザーハンドルのカラーも絶妙なバランス。スタイルを選ばず、何でも入って、リラックスした気分で持ち歩ける。自然体なライフスタイルにフィットするビッグライトトート。バッグ(36×48×16)¥145000・ネックレス¥55000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ) ノースリーブプルオーバー¥18000・カットソー¥14000・パンツ¥29000/ザ・リラクス フィッティングハウス(ザ・リラクス)

※BAILA2021年3月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

ミーハー心がくすぐられ、気持ちまでパッと華やぐカラーバッグ。端正なシェイプと光沢のあるボックスレザーが大人っぽさの決め手に。ゴールドのYSLクロージャーもリュクス。シンプルなボーダートップスにきかせれば、気取らず素敵なフレンチスタイルの完成。バッグ「ソルフェリーノ」(13×19×5)¥272000・トップス¥77000・パンツ¥120000・ネックレス¥60000・靴¥90000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2021年2月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

ハンサムなジャケットスタイルがお似合いの明日海さん。ポルカドットのトートに、「辛口だけど可愛げがあって新鮮。ニットやデニムのシンプルなコーディネートにも似合いそうですね」。ストラップつきで肩かけにもできる。バッグ「トイ・ショッピングトート」(28×25×8)¥175000・ジャケット¥420000・シャツ¥135000・パンツ¥120000・パンプス¥90000(参考価格)/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2020年10月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

キャッシュレス化も進んで、今や通勤だって小さめバッグ派が増えるなか、次なるスマートバッグとして注目したいのがサンローランの最新作。ブランドを象徴するカサンドラロゴを配したシンプルなバッグは、環境にやさしい植物性のタンニンレザーを使い、最近話題の“サステナブル”でもある逸品。かっちりとしたフォルム、それでいて手ざわりはやわらかくナチュラルな風合いなので、まるで母から譲り受けた上質なバッグのように、美しいヴィンテージ感を手軽に楽しめるのも魅力。ちなみに、その名にもある「カイア」は、今をときめくトップモデルのカイア・ガーバーがランウェイで着用していたことに由来。いろんな意味でニュース性たっぷり、買い替えるなら最も“今どき”なこのバッグはいかが? マグネットつきのフラップで、開閉しやすいのも魅力。中は二つに仕切られ、ストラップも調整可とデイリーに使いやすい工夫がたっぷり。バッグ(高さ15.5×幅18×マチ5.5㎝)¥172000・トップス¥135000・パンツ¥65000・ブレスレット¥60000・イヤリング¥45000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2020年5月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

レコード盤をモチーフにしたアクセサリー感覚のショルダーバッグ。「ヴィニル」(17×17×5.5)¥135000・ドレス¥240000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2020年2月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

カードホルダーとコインケースを備えたお財布バッグ。柔らかなラムレザーを使用。「ベイビー・ベッキー」(11×19×5)¥135000・ドレス¥240000・イヤリング¥75000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2020年2月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
サンローランのバッグ

春らしいキャンバス生地とレザーのコンビが軽やかなムード。「ベイビー・カサンドラ」(16×20×7.5)¥229000・ドレス¥240000・靴¥130000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2020年2月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
バッグ「モノグラム・サンローラン カサンドラ」

誕生当時より愛される「カサンドラ」ロゴの名を冠した新作バッグ。ロゴそのものが留め具になったユニークな仕掛けも、心躍るポイント。ゴールドでリンクさせたスニーカーで、気負わず楽しむのもいい。ストラップつき。バッグ「モノグラム・サンローラン カサンドラ」(20×24.5×11.5)¥249000・靴¥60000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

※BAILA2019年8月号掲載

サンローランのバッグを詳しく見る
ダイヤモンド型のキルティングレザーにYSLロゴをあしらったウォレットバッグ「ベッキー」

ダイヤモンド型のキルティングレザーにYSLロゴをあしらったウォレットバッグ「ベッキー」。ゴールドのダブルチェーンにフラップがついて、どこかアンティークな優雅さがただよう。カードスロットやコインポケット、仕切りも充実したウォレットバッグで、モバイル性は抜群。バッグ(W22.5cm xH14.5cm x D5cm)¥195,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

@BAILA 2019.7.9公開

サンローランのバッグを詳しく見る

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK