Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【冬の着やせ配色ルール】「〈重〉×〈軽〉配色」でメリハリ着やせ

気づくと全身地味色コーデになりがちな冬。実は配色を意識するだけで着やせはかなうんです。トップスに黒やブラウンなどのダークトーン、ボトムに白やグレーなどの淡色を合わせてコントラストをはっきりとつくるのが一つめの配色ルール。メリハリが効いてほっそり見えが実現します。

【Rule】「重×軽」でメリハリ着やせ

上半身をダークトーンで引き締め、下半身はライトな色を選ぶことで対比の効いた着やせ効果を発揮。

トップスは《重》
ボトムは《軽》

黒トップス×白ボトム

黒のジャケットと白のパンツコーデの中村アン

冬こそ大活躍する黒は対極にある白合わせでたちまち細見えバランスに
最もメリハリがつく黒と白の組み合わせは、時間のない朝でもパッと手に取りやすい最強コンビ。潔いモノトーンがコーディネートを洗練させてくれる。ジャケット¥19000/オンワード樫山お客様相談室(アンクレイヴ) ブラウス¥22000/サードマガジン(サードマガジン × ミコモリ) パンツ¥18000/セルフォード ルミネ新宿1 店(セルフォード) ストール¥19000/アイネックス(アソースメレ) バッグ¥8500/アディナ ミューズ シブヤ(アディナ ミューズ) バングル(上)¥8346・(下)¥2386/アビステ 靴¥79000/マーク ジェイコブス カスタマーセンター(マーク ジェイコブス)

黒×白

ブラウントップス×白ボトム

ブラウンのニットと白のパンツコーデ

上質な女らしさを見せるビターなブラウンとリュクスな白で感度の高い着やせを実現

トレンドのブラウンは、相性のよい白との合わせで最旬かつ高見えもする着やせをかなえる。縦長なタートルとパンツのサイドに入ったラインが、さりげなくIシルエットも強調してくれる。ニット¥24000/スローン パンツ¥36800/アントリム(セラー ドアー) バッグ¥37000/アディナ ミューズ シブヤ(アディナ ミューズ) 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

ブラウン×白

黒トップス×ライトグレーボトム

黒のニットとライトグレーのスカートコーデ

明度の高いグレーが黒を引き立てることで、配色の強弱を印象づける

似た色同士もライトなグレーを選び明度の差を出すことで、メリハリのある着こなしに。後ろにリボンのデザインを施したトップスはショート丈仕様なので短&長の王道着やせバランスにも貢献。ニット¥12000/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) スカート¥98000/ebure バッグ¥43000/エポイ本店(エポイ) 靴¥23000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

黒×ライトグレー

カーキ色トップス×ベージュボトム

カーキのニットとベージュのスカートコーデ

人気継続中のベージュは女っぷりカーキとの重×軽で、着こなしの鮮度を底上げ

辛口な女らしさが魅力のカーキ。あか抜け上手なベージュとの組み合わせで、洒落感をキープしつつ、着やせを狙って。小物もベージュトーンを組み合わせ、まとまりよくフィニッシュ。ニット¥35000・カーディガン¥59000/アイネックス(ニット バー) スカート¥27000/サードマガジン バッグ¥55000/エポイ本店(エポイ) 靴¥33000/ベイジュ(ピッピシック)

カーキ×ベージュ

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/中村アン 構成・原文/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン