Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion

セレブの「理由あってこの格好」してます!

キャサリン妃のヘアバンドに、ミシェル・オバマのロゴTシャツ。ちょっぴり珍妙なセレブの装いに託された、よりよい社会を築くためのメッセージを解読せよ!
セレブの「理由あってこの格好」してます!_1
ウィリアム王子、キャサリン妃、ハリー王子。理由あってお揃いのヘッドバンド。photo by instagram @kensingtonroyal by Kensington Palace
お揃いのヘッドバンドをつけて楽しそうなウイリアム王子とキャサリン妃、そしてハリー王子。よく見るとブルーのヘッドバンドには、「#headstogether(額を寄せ合おう)」というメッセージが。これは、3人が設立した基金による、メンタルヘルスへの偏見をなくし、額を寄せ合って国民的問題として取り上げようという啓蒙活動の一環。「心の健健康は、体の健康と同じように大事な問題です」とコメントしたキャサリン妃。爽やかなJ Crewのボーダーニット姿も話題に。
セレブの「理由あってこの格好」してます!_2
米オバマ大統領、ミシェル夫人をはじめ、ホワイトハウスの面々がロゴTを着た理由は?photo by instagram @whitehouse by The White House
でかでかと大学名をプリントしたロゴTシャツを身にまとった、米大統領夫妻とホワイトハウスの面々。これは、ミシェル・オバマ米大統領夫人が取り組む「#collegesigningday(大学サインの日)」にちなむもの。出身&所属大学名のロゴTを着て誇りに思うことで、高等教育の機会の拡大や大学進学率アップに繋がる意識の高揚を促すのが狙い。
セレブの「理由あってこの格好」してます!_3
個性派女優へレナ・ボナム=カーターは、全裸でマグロを抱いた。photo by instagram @bluemarinefoundation by The Blue Marine Foundation
2015年のバレンタインデーに公開されるや否や、見る者の度肝を抜いた女優へレナ・ボナム=カーターのマグロヌード。このユニークな趣向の撮影は、海洋生物の乱獲や汚染から海を守る活動をする友人からのオファーにより実現。魚が苦手なヘレナは、ヌードになることよりも27kgのメバチマグロを抱くことのほうが怖かったそう。
よりよい社会や環境のために、ときにはちょっと変わった装いで登場したり、ひと肌脱ぐこともあるセレブたち。「なんでこんな格好してるの?」と気になったら、是非その背景にも目を向けてみて。
文/長田杏奈

Feature特集