Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. ヘルス

【本気のオーラルケア】食いしばりをケアするマッサージ法

知らず知らずのうちに食いしばりしている人も多いのでは?肩や首、あごのコリを招いたり、顎関節症の原因にもなる食いしばりは早めのケアが大事に!そんな食いしばりを柔らげる、筋肉を緩めるマッサージ法をご紹介します。

教えてくれたのは 

まだまだ気になるお口のトラブル<食いしばり>

上下の歯が常に触れているのは食いしばっているということ

「本来リラックスしたとき上下の歯の間が1〜2㎜ほど開いているのが正常なのですが、常に接触しているなら、ずっと食いしばっているということ。そういう人は睡眠中さらに強い力で食いしばるので、肩や首、あごのコリを招いたり、顎関節症の原因にも。また、ストレスや頰杖を突くくせなども食いしばりの原因に」

歯が触れているのに気づいたらこまめに離し、嚙みトレも実践を

「上下の歯を合わせるくせは、無意識のうちにやってしまうものなので、気づいたらすぐに離すように心がけましょう。頰杖を突くくせも直すこと。また、食いしばりによって緊張しているあごの筋肉やこめかみあたりの筋肉をゆるめるのには、以下のような“嚙みトレ”が効果的なので、こまめに取り入れましょう」

1こめかみを手でマッサージ

1 こめかみを手でマッサージ

口を大きくあけて10秒キープ。次に、下あごを前に出し“アイーン”の口をして5秒キープし、下に口を開いて戻す。次にこめかみに手を当ててほぐす

2 頰を手でマッサージ

2 頰を手でマッサージ

奥歯を強く嚙んだときにふくらむ頰骨の下あたりに両手の手のひらを当て、かるく口をあけ、かるく押し込みながら10秒ほどグリグリとほぐす

イラスト/五月女ケイ子、きくちりえ〈Softdesign LLP〉 取材・原文/和田美穂 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2020年6・7月合併号掲載

【BAILA 6・7月合併号はこちらから!】

【本気のオーラルケア】食いしばりをケアするマッサージ法_3
【本気のオーラルケア】食いしばりをケアするマッサージ法_4

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン