Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

お洒落女子たちの「マスクの日の好印象」コーデ5選

社会情勢が一気に変わり、“ニューノーマル”な日常で手放せなくなったマスク。でも、マスクをしているとイマイチ着こなしが垢抜けなかったり、お洒落の気分も上がらない、という人も多いのでは。そこでおしゃれラバーなスーパーバイラーズたちの、マスクを付けていても好印象を叶える素敵な着こなしをご紹介! 今の時代、マスクもおしゃれの一部です♪

1.着映えするライラックワンピで見た目も気持ちも明るく

マスクの日の好印象コーデ 1.着映えするライラックワンピで見た目も気持ちも明るく

【スーパーバイラーズ阿部晴菜さん】

「マスクをしていると顔が暗くなりがちなので、きれい色アイテムで華やかな印象を狙います。中でも、肌や白マスクと近しい淡いトーンを選ぶのがこだわり。全体がなじんで、マスクが悪目立ちするのを防げるんです。今期購入したマリハの“夏のレディのドレス”は、クリーミーなラベンダーが絶妙で一目惚れ♡ 歩くたび揺れるたっぷりの生地感や、スタイルアップを叶えてくれるフィット&フレアもツボ。着るだけで気分も上げてくれるから、マスクありきのお出かけもHAPPYに楽しめます。」
 

キャッチーな大ぶりピアスでマスクから視線を外して

マスクの日の好印象コーデ キャッチーな大ぶりピアスでマスクから視線を外して

顔周りがシンプルだと自然とマスクに目がいってしまうので要注意。「このワンピのように上半身がスッキリしたデザインの場合は、ハンナ ケーの大きめピアスの出番。モダンなフォルムとゴールド×シルバーのミックスが存在感たっぷりなんです! マスクとピアスでボリュームは十分なので、ネックレスはナシでバランスよく仕上げます。」

かっちり系バッグで洗練されたムードをプラス!

マスクの日の好印象コーデ かっちり系バッグで洗練されたムードをプラス!

ワンピがややリゾーティなので、キャンバス×エコレザーの程よくきちんと感があるバッグで都会的にアレンジ。「マスク特有のOFFっぽい印象もなくなって、一石二鳥です。バッグはザラで購入したのですが、除菌ジェルなどのウイルス対策グッズもしっかり入る大容量なところもお気に入り。休日はもちろん通勤でも活躍してくれます。」

ワンピース:マリハ MARIHA
バッグ:ザラ ZARA
ピアス:ハンナ ケー HANNAH K

2.マスクまで含めた“ニューワントーン”にチャレンジ!

マスクの日の好印象コーデ 2.マスクまで含めた“ニューワントーン”にチャレンジ!

【スーパーバイラーズ青山麻穂さん】

「大好きなニュアンスカラーをもっと楽しみたい!」と最近ハマっているのが、マスク込みのワントーンコーデ。「クラネのベージュワンピは、ミリタリーデザインがこなれて見えて気に入っています。リネン風素材で涼しさもあるので、この夏たくさん着る予定です。マスクは洗って使えるピッタを愛用。このコーラルピンク、黄味強めで肌馴染みがよく、ベージュとも好相性なのでかなりお気に入り!たくさんは手に入らないので、休日限定にして大切に使っています。」

ブラウン小物でなじませつつも、着こなしに立体感を

マスクの日の好印象コーデ ブラウン小物でなじませつつも、着こなしに立体感を

「靴とバッグはブラウンで合わせて、のっぺりしがちなワントーンコーデにほんのりリズムをつけました。バッグは、BAILA6.7月号の付録。夏らしいPVC素材とセルジオロッシのモダンなロゴが素敵で、よく愛用しています。ポーチが付いていて中身が見えないのもうれしい!靴は、オデットエオディールのVカットパンプス。全体的に旬を意識したスタイリングなので、このまま女子会に行きたいです♪」

ワンピース:クラネ CLANE
靴:オデットエオディール Odette e Odile

3.着こなしが盛り上がるプリントスカートを主役に

マスクの日の好印象コーデ 3.着こなしが盛り上がるプリントスカートを主役に

【スーパーバイラーズ石本愛衣さん】

マスクで表情が隠れると、さっぱりとした雰囲気になりがちですよね。「さみしい感じにならないように、ベーセーストックのレオパード柄スカートで、印象的な着こなしを目指しました!動きが出やすいマキシ丈や、細かなプリーツも華やかさアップのポイントに。ブルーベースなので、夏らしさも高まります♪休日ならアディダスのスニーカーを合わせて、きれいめカジュアルに着たいです。」

顔まわりの抜け感は、スッキリVネックで作る

マスクの日の好印象コーデ 顔まわりの抜け感は、スッキリVネックで作る

「マスクをしていても軽やかに見えるように、トップスはデコルテが出るものを選ぶようにしています。ナチュラルクチュールのニットは、深すぎず浅すぎずのちょうどいい開きが使いやすくて◎。シャープなVネックで、小顔効果も叶えてくれます。白マスクともなじみがいいニュアンスベージュも、お気に入り。ちなみにマスク自体は、耳が痛くならにくい太めゴムのものが好きです!」

トップス:ナチュラルクチュール natural couture
スカート:ベーセーストック B.C STOCK
シューズ:アディダス adidas

4.カシュクールワンピで今っぽさと軽やかさを両立

マスクの日の好印象コーデ 4.カシュクールワンピで今っぽさと軽やかさを両立

【スーパーバイラーズ下里朋美さん】

「トレンドのカシュクールデザインのワンピースは、マスクありきでも上半身を軽快に見せてくれるから重宝しています。特に女性らしいワンピで取り入れるのが好き。自粛中にティーニーでポチ買いしたこちらは、上品なシルエットとボリュームのある袖がツボ。かわいすぎて思わずイロチでGETしちゃいました!着用したピスタチオのほか、フェミニンなエクリュも持っています。マスクをしていても涼しげに見せてくれるリネンライクな質感もこれからの季節にぴったりです。」

洒落感のあるヒールでスタイルアップも忘れずに

マスクの日の好印象コーデ 洒落感のあるヒールでスタイルアップも忘れずに

「マスクをしていると重心が下がったように見えるので、ヒールを合わせて少しでもバランスよく仕上げます。でもコンサバに転ばないように、旬を感じるザラのメッシュサンダルをチョイス。上品なワンピにアクセントとして効かせることで、遊び心を感じるスタイリングにしました!サンダルとバッグを黒でリンクさせたのもコツ。全体が引き締まってスッキリ効果がさらにアップします。」

ワンピース:ティーニー Teany
バッグ:アモング A MON GOUT
靴:ザラ ZARA

5.マスクが目立たない技あり配色でおしゃれ感度をキープ

マスクの日の好印象コーデ 5.マスクが目立たない技あり配色でおしゃれ感度をキープ

「最近外出するときの着こなしは、マスク以外の部分に目がいくように、キャッチャーなアイテム選びを心がけています。メインにしたのは、絶妙なダスティトーンが気に入ったディーホリックのピンクパンツ。ボトムにインパクトのある色を持ってくることで、マスクが目立ちにくくなるんです。その効果をより高めるために、マスクとコスのアシンメトリートップスはクリアホワイトで統一。マスクをうまくカモフラージュしつつ、ファッションもしっかり楽しめます。」

さりげなく視線を分散させる小技の効いたバッグ&靴

マスクの日の好印象コーデ さりげなく視線を分散させる小技の効いたバッグ&靴

「コーディネートのアクセントにしたのは、最近毎日愛用しているマルニのストライプバッグ。夏らしいマルチピンクが、マスクにいきがちな視線を自然と集めてくれるんです。ウィルフリーのアシンメトリーサンダルにも、同じ効果が!足袋っぽいデザインで、ほんのりモードな味付けにしてくれるところも◎。マスクに負けない存在感のある小物は、これからもちょこちょこ集めていく予定です♡」

ブラウス:コスCOS
パンツ:ディーホリックDHOLIC
バッグ:マルニ MARNI
靴:ウィルフリー willfully

マスクを目立ちにくくカモフラしたり、コーデの一部にしてみたり…。工夫次第でマスクとおしゃれの両立可能なんです♡ ぜひスーパーバイラーズの着こなしを参考に、完成拡大防止に努めつつも、ポジティブにファッションを楽しんで。

取材・文/石黒千晶

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン