Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

【おうちで映画】あの名作をお家で!映画ファンなら知っておくべき「Help! The 映画配給会社プロジェクト」って?

「Help! The 映画配給会社プロジェクト」

「Help! The 映画配給会社プロジェクト」って?

新型コロナウイルスの影響で、映画館、映画製作者、そして映画配給会社は困難な時代を迎えています。そんな中、日本の独立系配給会社が、この難局を乗り越えるために5月に立ち上げたのが「Help! The 映画配給会社プロジェクト」。オンライン映画館「アップリンク・クラウド」では緊急アクションとして「配給会社別見放題配信パック」を提供しています。クラシックの名作からカンヌほか国際映画祭ほかでの受賞作、アジアやヨーロッパの作家から未配信だった貴重な作品など、映画ファンにはたまらないラインナップ! 今回は、その中からほんの一部を紹介します。自分好みの配給会社を見つけて、お家でも映画鑑賞を楽しみながら映画を応援してみてはいかがでしょう?

『未来よ こんにちは』

『未来よ こんにちは』

©2016 CG Cinéma · Arte France Cinéma · DetailFilm · Rhône-Alpes Cinéma

『あの夏の子供たち』のフランス女性監督ミア・ハンセン=ラブが、同国を代表するスター、イザベル・ユペールを主演に迎えた人間ドラマ。パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と突然の離婚、年老いた母親の他界、仕事も時代の波に乗れず、気がつけばおひとり様。と、崖っぷちになってからが、女は強いし、人生は面白い! 知的な刺激に満ちた会話の数々に、ハンセン=ラブの透明感のある繊細な映像世界も美しく心地よい。哲学的思索に思いきりひたってみるのもいいかも。第66回ベルリン国際映画祭の銀熊賞 (監督賞)を受賞。

●クレストインターナショナル・パック/ジャン・ルノワール監督『ピクニック』、ホン・サンス監督『それから』ほか。

『ヴィオレット-ある作家の肖像-』

『ヴィオレット-ある作家の肖像-』

© TS PRODUCTIONS - 2013

20世紀を生きたフランスの作家ヴィオレット・ルデュック(エマニュエル・ドゥヴォス)。女性として、初めて自分の生と性を赤裸々に書いた小説は、当時の社会に受けいられることはなかった。絶望の中で精神のバランスを崩しながら、強い絆で結ばれたボーヴォワールの支えもあり、ボロボロになりながらも集大成となる『私生児』の執筆に取り掛かる。「書かなければ死んでしまう」といったヴィオレットの魂の叫びが聞こえるかのような生き方は壮絶。物書きの業や女性として生きることの痛みを、むき出しの感情でつづって観る者の胸を揺さぶる。

●ムヴィオラ・パック/ワン・ビン監督『鉄西区 三部作』、アラン・ゴミス監督『わたしは、幸福(フェリシテ)』ほか。

『巴里祭 4Kデジタル・リマスター版』

巴里祭 4Kデジタル・リマスター版

© 1933 – TF1 DROITS AUDIOVISUELS

フランスの名匠、ルネ・クレールの1932年の代表作。パリの下町を舞台に、フランス革命記念日”巴里祭”の前日に心を通わせた男女が繰り広げる、すれ違いの恋模様を情緒豊かに描く。密かに惹かれあっていた、アパルトマンの向かい同士に住むタクシー運転手ジャン(ジョルジュ・リゴー)と花売り娘のアンナ(アナベラ)。にわか雨をきっかけに会話を交わし、踊りに行く約束をするのだが……といった一連の流れの中で浮き彫りになる、男女の心の機微がはかなくも美しい。モノクロームの映像と『アトラント号』ほか映画音楽の名手モーリス・ジョベールによる楽曲もロマンをかき立てる。

●セテラ・インターナショナル/アルノー・デプレシャン監督『あの頃エッフェル塔の下で』、ロジェ・ヴァディム監督『危険な関係 4Kデジタル・リマスター版』ほか。

『二重生活』

『二重生活』

中国の鬼才、ロウ・イエ監督による独特の空気感と巧みなストーリーテリングに引き込まれるメロドラマミステリー。ある事件の被害者女性と一緒にいた男(チン・ハオ)が、2つの家庭を持っていたことが判明する。かたや男と夫婦で共同経営する会社も好調で、何不自由ない生活を送る妻(ハオ・レイ)。他方は愛人として息子と慎ましく暮らしながら、いつかは本妻に……と願う女(チー・シー)。それぞれの女性の事情に心を寄せずにはいられない一方で、どこまでも受け身な態度と優しさで、言ってみれば平然と悪びれることもなく2つの家庭を行き来する男の非情さに、背筋がすっと寒くなる。

●アップリンク・クラウド/ヴェルナー・ヘルツォーク監督特集、安孫子亘監督『「知事抹殺」の真実』ほか。

『女は女である』

『女は女である』

©1961 STUDIOCANAL - EURO International Films S.p.A.

『勝手にしやがれ』のジャン・リュック=ゴダール監督の、1961年の独創的で”ミュージカル的”な異色のラブコメディ。キャバレーの踊り子アンジェラが子供が欲しいと言い出したことから、同棲する恋人エミールとの間に意見の相違が。そこへアンジェラに想いを寄せるアルフレッドが現れて、3人の男女の不思議な恋愛模様が展開する。ヌーヴェルバーグのミューズであり、ゴダールと結婚・離婚後もコラボレーションしていたアンナ・カリーナと、アルフレッド役のジャン=ポール・ベルモンドらフランス映画界のレジェンドたちの共演と、『シェルブールの雨傘』のミシェル・ルグランによる音楽の絶妙なコラボレーションが魅力的!

●ザジフィルムズ・パック/アニエス・ヴァルダ監督『5時から7時までのクレオ』、ジャック・ドゥミ監督『天使の入江』ほか。

アップリンクのオンライン映画館「アップリンク・クラウド」

https://www.uplink.co.jp/cloud/

アップリンク・クラウド「Help! The 映画配給会社プロジェクト」

https://www.uplink.co.jp/cloud/features/2408/

文/今祥枝 構成/斉藤壮一郎<BAILA>

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン