Magazineマガジン

BAILA6・7月合併号 試し読み

BAILA6・7月合併号 試し読み

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. クイズ・雑学

【英語クイズ】レストランでお水は何て頼めばいい? “water”だと有料に!?

私達が日常で使っている言葉の中には、たくさんの英語が混ざっています。英語で話すとき、普段使っている英語の名称をそのまま使って通じることもありますが、実は違う意味だったり、使われない言葉だったりすることも。例えば「ティッシュ」や「サラリーマン」などなど。今回はそんな、海外では別の意味になっちゃう英語からクイズ!

「レストランの無料の水」は英語でなんて言う?

レストランで“water”を頼むと有料のお水がきちゃう?

レストランに行った際、日本では何も言わずとも無料のお水が出てくるものですが、海外では注文しないと出てこないことのほうが多いもの。そんなとき、“Can I have a water?”と頼んでしまうと有料のお水が出てきてしまいます! 無料のお水が欲しいときはなんて言えば?

正解は…

「レストランの無料の水」は英語で“tap water”

tap water”とは「水道水」のこと。こちらを頼めば無償のお水をもらうことができます。

海外のレストランでは、水はボトルに入った「ミネラルウォーター」が有料でメニューとして提供されることがほとんど。

Can I have a water?”と水に“a”をつけて可算名詞(数えられる名詞)で頼んでしまうと、「1本のボトル水」と理解され有料の水が出てきてしまいます。なので、“a”をつけず、“Can I have (some) water?”と頼んでもOK。

ちなみに、海外で有料のお水を頼むと

“Stiil or gas(sparkling)?”

と聞かれる場合がありますが

still water”は炭酸ナシ、”gas water”や“sparkling water”は炭酸水のこと。

炭酸水のほうが一般的なため、何も聞かれない場合は炭酸水が出てくることも。

 

炭酸ナシのお水を注文したい場合は最初に
“still water, please.”
と頼んでおきましょう。

いかがでしたか?

是非この機会に覚えて正しい英語を使ってみてくださいね!

その他の気になる英語もチェック!

>>英語クイズ一覧はこちら!

文/斉藤壮一郎〈BAILA〉

BAILABAILA6・7月合併号 試し読み

BAILA6・7月合併号 試し読み

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン

BAILA6・7月合併号 試し読み

BAILA6・7月合併号 試し読み