Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. ヘルス

生理痛がひどい……治療法や対策はある?【医師が回答!30代の生理】

30代の婦人科系悩み&疑問に、医師がお答え! 今回は、生理痛についてお届けします。

「生理痛がつらすぎる」「30代になって生理痛がひどくなった」……。どんな治療方法があるの?

生理痛の治療方法って?

30代女性のお悩み&疑問

・「生理1日目の腹痛がひどすぎて、過去にトイレで気を失ったことも。生理が来そうだと思ったらすぐに市販の鎮痛剤を飲んでいるけど、飲むタイミングを間違えると激痛が……」
 
・「以前はさほど痛みはなかったのに、30歳を過ぎてから耐えがたい痛みに襲われるようになった。つらくて低用量ピルを飲んでみたけど、私の場合肌が荒れたのでやめてしまった」
 
・「毎月生理痛が酷いので、生理が来そうな時期になると先に鎮痛剤を飲んで備えている。もし妊娠していた場合、薬飲んでいて大丈夫なの? という不安もありつつ……」

切実な悩みが多く寄せられた、生理痛の話題。専門医にその原因について教えていただきました!

医師のお答え!

Q:そろそろ生理が来そうなときの痛みや排卵痛に、市販の鎮痛剤を飲んでもいい? もし妊娠していた場合、悪影響は?

A:妊娠への影響が心配なら、アセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤を

症状が出たときに、鎮痛剤を服用するのは対処療法としては有効です。
 
ただし妊娠の可能性があり、鎮痛剤を飲むことに不安を感じる場合は、アセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤(薬剤名はカロナール錠など)など、妊婦さんが飲んでも問題ないとされている薬を選ぶとよいでしょう。

Q:鎮痛剤の他に、婦人科で処方される代表的な薬とは?

A:超低用量ピル(LEP)や子宮内器具(子宮リング)が一般的

まずは婦人科で診察を受け、疾患が隠れていないか確認し、適切な治療を受けることが大切です。
 
月経痛そのものに対しては、避妊用のピル(OC)ではなく、保険適用の治療用の超低用量ピル(LEP)という選択肢もあります。LEPは、月経痛はもちろん、PMS、排卵痛などの悩みを持つ人にも処方されています。
 
筋腫や内膜症などがなく、月経過多の悩みもある患者さんには、子宮に子宮内器具(通称:子宮リング)を入れて月経量を減らすことをおすすめする場合もあります。
 
以前は避妊用リングしか承認されておらず、費用も自費で7万円ほどと高かったため、日本ではあまり普及していませんでしたが、現在は月経過多の治療に用いられるものとして保険が適用となり、費用も1万3千円程度とだいぶ安くなりました。当院でも昨年秋頃から使用を希望される患者さんが増えています。
 
40代を過ぎると年齢の要因で血栓症のリスクが高まるため、ピルは慎重に使う必要があります。患者さんへ説明した上で、代わりにリング(ミレーナ)を選択される方が増えています。
 
クリニックによっては治療が受けやすい経産婦にのみリングを入れるところもありますが、当院では可能な限り、希望の方にはどなたにも行っています。かかりつけの婦人科に相談をしてみましょう。
 
また、患者さんによっては、漢方薬の当帰芍薬散(効果:月経痛、月経不順、冷え性)、桂枝茯苓丸(効果:月経痛、頭痛、肩こり、めまい)などをおすすめすることもあります。

Q:そのほかに、生理痛対策でできることって?

A:骨盤まわりをほぐすストレッチや、温かい飲み物がおすすめ

冬や、冷房を使う時期に月経痛が酷くなるという患者さんも多いように、冷えは月経の下腹部痛に影響を与えます。
骨盤まわりをほぐす柔軟ストレッチや、ヨガなどの運動で温めることを意識しましょう。
暑い季節であっても、冷たい飲み物ばかり飲んでいると、冷えの悪化で痛みが多くなる方が多くいらっしゃいます。夏でも、温かい飲み物を飲むことを心がけましょう。
30代以降は多忙で不規則な生活になったり、冷えがある方も多いです。生活習慣を見直してみることも大切です。

生理痛の対処法、治療方法はさまざま。専門医に相談し、自分に合った方法を見つけるのがおすすめです!

取材・文/櫻木えみ 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉

Baila Movieバイラムービー

JO1がBAILA10月号に初登場!メイキング動画を公開

BAILA10月号特別付録はミュベール 2way収納クラッチBOX

スタイリスト辻直子さんに聞きたい50のこと

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン