Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. ヘルス

ニキビ痕の色素沈着が消えないんです…!【医師が回答!30代の大人ニキビ】

30代の肌悩み&疑問に、医師がお答え! 今回は、いつまでも痕が残りがちな大人ニキビについてお届けします。

大人ニキビの痕……治療する方法とは?

ニキビ痕の治療方法

30代女性のお悩み&疑問

・ 「ニキビを潰すと、炎症が治っても痕が数ヶ月残って気になる!」
 
・「生理前だけできていたニキビ。生理が始まっても赤味が残るように……」

実は30代で悩まされている人が多い大人ニキビ。人気クリニックの先生が、30代読者の疑問に答えてくれました!

医師のお答え!

【監修】椎名邦彦先生 「こすぎレディースクリニック」院長

【監修】椎名邦彦先生 「こすぎレディースクリニック」院長


<プロフィール>
聖マリアンナ医科大学卒業、同大学院博士課程修了。カナダ・モントリオールマギル大学博士研究員(不妊治療)、聖マリアンナ医科大学病院産婦人科医局長、メディアージュクリニック青山院長(美容皮膚科・婦人科)(2007年〜2014年)、東京女子医科大学附属青山女性医学研究所美容医療科、愛育病院(東京・港区)など産科医療に20年以上携わるほか、不妊症治療専門クリニックにて最新治療に携わり、2015年3月、「こすぎレディースクリニック」を開院、現在に至る。最新の産婦人科・美容医療に、東洋医学などの代替医療やアンチエイジング医療を取り入れながら、女性がいつまでも健やかで美しくあるための医療を提供。基本姿勢は「癒して治す」。

「“大人ニキビ”の痕の消し方って?」

大人ニキビの痕が消えにくいのは、10代とは異なり、肌代謝の低下が原因です。

家でできるケア

セルフケアなら、ビタミンC入りの化粧水や、ピーリングソープを使うのがオススメです。

皮膚科でできるケア

皮膚科でも、色素沈着を取る効果的な治療が行えます。
 
肌のターンオーバーを早めるトレチノイン酸や、赤みを抑え、美白に効果的なハイドロキノンなどを使った治療が一般的。ただし、この治療は肌が乾燥しやすくなるというデメリットもあります。また妊婦のトレチノイン酸使用は禁忌とされています。皮膚科で相談の上、行うのが安心です。

(※トラネキサム酸の内服は保険適応はありますが、トレチノインは保険外の製剤となります)
 
フォトフェイシャルなどの施術を繰り返すことでも、色素沈着が改善することが期待できます。医師に患部をみせた上で、効果的な方法での治療を行うとよいでしょう。

消えにくい30代のニキビ痕。皮膚科での治療が、治すための近道のよう!

取材・文/櫻木えみ 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン