Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Super Bailars
  3. 岡田彩芳

幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに

こんにちは。バイラーズ岡田彩芳です。 

おうち時間が増えた昨今、 

久しぶりにメイクの見直しをしてみました。

 

以前から、私のコンプレックスである「幼顔」を 

どうにか克服できないかと思い、 

メイク上手な方のブログやYouTubeを見て、 

試行錯誤してみたので、 

幼顔悩みをお持ちの方、 

ぜひお役に立てていただければ嬉しいです。

前置きが長くなりましたが、

個人的に、これは効果アリなのでは!?と思う、 

克服法を3つご紹介したいと思います。

それでは、ベースメイクを終えたタイミングの 

Before写真です。 

幼顔と大人顔を比較していると、 

幼く見える顔のポイントですが、 

「顔の中心からパーツが離れている」ことと 

関係しているのではと気づきました。 

 

大人顔の方は、凹凸がしっかりしているので、 

どちらかというと顔の中心にパーツがあることが多いんですね。 

これをヒントに、各パーツを顔中心が目立つようにメイクしていきます。 

幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに_1

\POINT1/ 眉を内側に描き足す

私は、もともと眉がしっかりある方なので、 

今までのメイクでは、ベースの眉に少しだけ足り 

ないところを描くイメージだったのですが、 

顔パーツを中心に寄せるべく、 

眉を真ん中に向けて描き足しました。 

 

アイブロウペンシルで、 

しっかりめに描き足してから、 

何もつけていないブラシでぼかすと、 

自分の眉毛と馴染むのでおすすめです。 

幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに_2

\POINT2/ アイラインは、ほぼ目頭~瞳の中央まで

アイラインですが、目尻を跳ね上げた方が 

クールな印象になるのでは、、

と考えていたのですが、 

今回は、あくまで顔中央にパーツを寄せるべく、 

逆張り戦略で、目頭~瞳中央の上までしか書いていないです。 

途中でやめたら、変になるんじゃないかと 

思われるかもしれないですが、

意外と目尻側のまつ毛は目頭よりも濃いので、 

上手くフェードアウトしてくれるので、

特に問題ないです。

また、アイラインの範囲が狭くなることで、 

時短にも繋がるので朝のメイクにも◎

幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに_3

\POINT3/ アイブロウで、眉の下に影をつける

パウダーペンシルのアイブロウをブラシに取り、 

眉頭の下、鼻との間部分に影をつけていきます。 

ノーズシャドウをお持ちの方はそちらの方が 

お使いしやすいかもしれないですが、

お持ちでない方は、わざわざ購入しなくても、 

アイブロウパウダーが代役になるのでおすすめ。

アイシャドウ・ラメなし・濃いベージュでも 

大丈夫ですが、ラメが少しでも入っていると変になるので要注意です。

また、アイシャドウブラシの幅がちょうど細くて使いやすいです。

幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに_4
幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに_5

こんな感じで、普段のメイクをアレンジしてみたところ、仕上がりがこのような感じになりました。 

皆さま、いかがでしょうか。

個人的には、少しは実年齢に近づいたかなと思います。 (自己満足かもしれないです、、笑)

幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに_6
幼顔から変身⁉上品な大人女性を目指したメイクに_7

アラサーで幼顔っていいことなんじゃないか、、みたいな優しいお言葉もいただいたりするのですが、

やはり、お仕事では「頼りない」と思われてしまうんじゃないか、というのが、本人的には気になってしまうところです。

仕事でしっかり成果を上げることも、もちろん大事ですが、第一印象は10秒で決まる!というのはよく言われるお話なので、外見、中身それぞれから、信頼できる女性になれるように頑張りたいと思います!

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン