Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【最愛ロングワンピース】ドレッシーすぎず&地味にならない夏黒ワンピの選び方

ワンピース一枚着ればちょっとした外出も気分が上がる! スタイリスト加藤かすみさん&伊藤真知さんが推すのは、きちんと見えするし、着まわせるし、女っぽくもある黒ワンピ。でも、うっかりすると地味に見えたり、ドレッシーになりすぎたりするため、日常使いできる素材選びとディテールを見極めることが大事なのだとか。

CADUNE

「ロング丈の黒にありがちな“魔女感”を払拭するためにも肌見せは有効なディテール。大きくあいた背中に可愛げを添えてくれるリボンも、黒なら甘すぎず楽しめます」(伊藤さん)

カデュネのワンピースコーデの松島 花

リラックスな白小物が“こでかけ”ムードにぴったり
ディテールでいうなら透けよりはあき、素材ならとろみよりハリ、がデイリーに使える黒の条件。「前はシンプルなAラインですし、パリッとして見た目も上品。ヒールを合わせれば通勤にも申し分なしですが、ワンマイル圏内なら気負わないビーサンがいい。大きなトートをラフに持って、凜とした配色でも力を抜いて」(伊藤さん)。ワンピース¥28000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥25000/ナゴンスタンス ピアス¥14800/エレンディーク 靴¥10000/RHC ロンハーマン(ティキーズ)

ADAWAS

「私自身も腕を出すのは苦手。袖があるぶん、黒面積が増えるのでウエストをしぼってメリハリを。スカートがふわっと広がり華やかにも見えるので、シンプルな黒特有のキツさもありません」(加藤さん)

アダワスのワンピースコーデの松島 花

きれいな黒に隙を生む、甘いベージュがアクセント
胸元は深V、対して袖はやや長めの四分丈。こんな攻めと守りの絶妙なバランスも、万能な黒を小洒落て見せるエッセンス。「キリッと見える黒なので、味つけは少々甘くてもOK。ただし小物できれいな色をさすとすごく派手に見えたり、古くさく見えることもあるので、右のコーデと同様に色はハッキリしぼるべき。やさしげに映る×ベージュは私も好きな組み合わせです」(加藤さん)。ワンピース¥32000/ショールーム セッション(アダワス) バッグ¥68000/エバゴス 靴¥49000/アマン(ペリーコ)

ebure

「フィット&フレアなシルエットなど、さりげない女性らしさはここでも不可欠。涼しげなリネン素材は“夏の黒”にジャスト」(加藤さん)

「マスクで顔が隠れることも多い今、上半身のディテールは重要。両胸のフラップポケットは、辛口ながらも表情豊かで◎」(伊藤さん)

ebureのワンピースコーデの松島 花

誰もが着慣れた色だから選びも着こなしも今夏らしいアップデートを
前を重ねることで奥行きが生まれ、体が立体的に見えるラップ風デザイン。「薄い体は適度にボリュームアップし、厚みのある体はほっそり見える魔法の一枚」(伊藤さん)、「ベルトやポケット、フレア裾などディテールは効いていますが、どうしても夏は寂しくなるのでアクセも少々。きゃしゃなものをちりばめるよりは、バングルなど存在感のあるものをドンとひとつ」(加藤さん)。ワンピース¥59000/ebure バッグ¥39000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ピアス¥12000・イヤカフ¥12000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バングル¥8000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) リング¥48000/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥48000/ザディグ エ ヴォルテール

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載

【BAILA 8月号はこちらから!】

【最愛ロングワンピース】ドレッシーすぎず&地味にならない夏黒ワンピの選び方_4
【最愛ロングワンピース】ドレッシーすぎず&地味にならない夏黒ワンピの選び方_5

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン