Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【最愛ロングワンピース】一枚で着映えるワンピの条件<加藤かすみ×伊藤真知の座談会>

スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんが、この夏頼りにしているのはやっぱりワンピース。日々ファッションと向き合い、お洒落の楽しさを提案してくれるお二人に、ロングワンピースを心地よく、けれどもっと素敵に着こなすヒントを教えてもらいました。

SACRA(サクラ)のロングワンピース

サクラのワンピースコーデの松島 花

「潔いフューシャピンクで形も極力シンプル。甘くなりがちなピンクこそ辛さを意識します」(加藤さん)

「面積が大きくても重く見えないリネン素材に注目。夏らしく軽やかで抜けたムードに」(伊藤さん)

ワンピース¥33000/インターリブ(サクラ) バッグ¥142000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) リング(右手)¥42000・(左手)¥58000/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥81000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)

一枚で着映えて、自分をハッピーにしてくれるワンピースが使える!

加藤さんと伊藤さんの二人の本音トーク!

ワンピースをこよなく愛する二人の本音トーク!

伊藤 ワンピースって一枚で印象が決まってしまうので、今までは柄や素材違いなど“コーデ感”があるほうがいいと思っていたんです。でも最近は無地のほうが着回せるし、使いやすいなと思い始めて。

加藤 私も以前は、水玉や花柄をよく着ていましたが、最近は無地ばかり。はやりというのもありますが、ワンピはパンツスタイルと比べて甘さがあるので、無地=地味とは限らない。ただし素材そのものに目がいきやすいので、大人のバイラ世代は上質なものを選んだほうがいいとは思います。

伊藤 今季多いカットソーワンピなんかは特にですよね。一歩間違えるとただのパジャマも、ちょっと肉厚だったりツヤがあるだけで、ちゃんと“よそゆき”に見える。

加藤 今は平日と休日のオシャレの境目があいまいですし、夏ということもあって楽なものに惹かれますが、外にも出られる程度のデザイン性は必要。裾が少し広がっていたり、背中があいているだけでも、印象はかなり変わります。

伊藤 確かに、少しの女っぽさが気分を上げてくれたりもしますしね。一瞬で華やかに見えるきれい色なんかも、私にとっては元気をくれるディテールです。

加藤 一枚でサマになるものは見た目も素敵だし、とにかく便利。私だったら動いたときにふわっとなるようなドラマチックなワンピかな。ときには踏んだり、自転車に乗りにくかったりもするけれど(笑)。たった一枚でその日のオシャレが完結するワンピだからこそ、やっぱり自分が着ていて楽しいと思えるものがいいですね。

「大人の体を美しく見せてくれるフォルムにこだわって。袖つきもマストです」(加藤さん)

レリタージュマルティニークのワンピース

l'héritage martinique

ebureのワンピース

ebure

iNtimitéのワンピース

「ダラッとしているのが好きではないので、大きくてもシャツ型だったり、ウエストリボンがあったり、きちんと見えするデザインは必須。手もとを辛口バングルで盛るのも定番」(加藤さん)。ワンピース(右)¥50000/レリタージュマルティニーク その他/本人私物
iNtimité(左)

手もとを辛口バングルで盛るのも定番

辛口バングル(本人私物)

「気分のアガるきれい色やスラリと見えるデザインが大好き」(伊藤さん)

A PUPILのワンピース

A PUPIL

アンクレイヴのワンピース

uncrave

マイストラーダのワンピース

Mystrada(左)

(左)¥24000/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ワンピース(中)¥18000/アンクレイヴ その他/本人私物

伊藤さんハット

「小柄なこともあり、色を着ると子どもっぽくなりがち。ノースリ、ハイウエスト、目線を上げる襟つきやハットなど、シュッと見せる工夫が欠かせません」(伊藤さん)。本人私物

伊藤さんバッグ

本人私物

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年8月号掲載

【BAILA 8月号はこちらから!】

【最愛ロングワンピース】一枚で着映えるワンピの条件<加藤かすみ×伊藤真知の座談会>_12
【最愛ロングワンピース】一枚で着映えるワンピの条件<加藤かすみ×伊藤真知の座談会>_13

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン