Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. まとめ

30代のTシャツルール&着こなしテクまとめ【辻直子さんの夏のTシャツ】

夏の定番アイテムであるTシャツはどう着こなすのがベスト?人気スタイリスト・辻直子さんに教えてもらいました。単なる「カジュアル」という枠を超えて、女らしさや遊びを加えた辻さんのTシャツスタイル。そのこだわりに迫ります。

※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。

1.30代のTシャツルールはこの3つ!

【LOGO T-SHIRT】ロゴTシャツはそのブランドの“センスを買う”つもりで選んでいます

30代のTシャツルール&着こなしテクまとめ【辻直子さんの夏のTシャツ】_1

T-shirt:sacai
「映画や音楽など、カルチャーを感じる遊び心の効いたロゴが好き。フォントのデザインだけじゃなく、そのアイデアや背景、意味に共感できるものを選びます。バックプリントも効いた一枚はしなやかなシルクの柄パンツできれいさを足して」

Pants:FUMIKA_UCHIDAE Earrings:MARIABLACK Watch:CHANEL

Pants:FUMIKA_UCHIDAE
Earrings:MARIABLACK
Watch:CHANEL

【NUANCE COLOR T-SHIRT】トーンにこだわって選んだオレンジベージュのTシャツ。シンプルだからこそ色をちりばめて、配色で変化を

T-shirt:TOMORROWLAND

T-shirt:TOMORROWLAND
「ハイウエストボトムをよくはくので、もう少し丈を短めにしたくてキッズTシャツの裾を自分でカット。シンプルだから、色合わせにはかなりこだわります。今年らしいくすみイエローのスカートとのあいまいなワントーンが新鮮で、このセットが今のベスト。足もとまで肌に近いニュアンスカラーでつなげます」。ピアス¥160000/チェルシーフィルムズ(シンメ)

Skirt:Stella McCartney

Skirt:Stella McCartney
Earrings:SINME
Watch:JAEGER-LECOULTRE
Bag:Asprey
Shoes:BOTTEGA VENETA  

【WHITET-SHIRT】白Tシャツのユニフォームのようなプレーンさがなにより好き。そこにディテールや合わせ方で“今の気分”にアップデートを

T-shirt:Hanes

T-shirt:Hanes

Tunic one-piece:FUMIKA_UCHIDA

Earrings:SOPHIE BUHAI
Necklace:MISUI
Bag:HAYWARD

「首の詰まった白Tシャツが持つ、ユニフォーム的な潔さがずっと好きなんです。着るときに意気込みみたいなものも必要で、バランスを計算します。私はあえて今っぽくせず、ジャンスカ感覚でミニドレスを重ね、レトロな雰囲気に」。ピアス¥83000/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ)ネックレス¥68000/ミスイ 伊勢丹新宿(ミスイ)

T-shirt:Victoria Victoria Beckham

T-shirt:Victoria Victoria Beckham

Pants:Theory
Watch:CHANEL
Bag:sacai

「白はどこかにディテールの効いたものも好み。ブラウスだと甘すぎてしまうようなデザインもTシャツだと中和され、大げさに見えないのがいい。今まではショートパンツを合わせることが多かったですが、今年はマイブームのツータック入りトラウザーパンツと。黒だとかちっとコントラストがついてしまうので、ライトグレーでやわらかく着るのがポイントです」

私にとってTシャツはユニフォームに近いもの。カジュアルなものとも思っていなくて、それくらいニュートラルな存在。ごまかしのきかないシンプルなアイテムだからこそ、なんとなく選んだりせず、試着を繰り返します。人に似合っても自分に似合うかはわからないし、体型や骨格などによって違いがあるから一概にこれがいいとは言えないんです。だから「試してみる」。これは絶対です。私の定番は、首の詰まったクルーネック。ジャストかユニセックスのサイズで、身幅に少しだけゆとりのある短い丈もよく着ます。コーディネートはまず“どんなふうになりたいか”自分自身に着こなしの行き先を聞いてから始めます。そうすればおのずと「Tシャツ」とそれを着る「私」、そこに「足すべきもの」が見えてきます。夏は特に組み合わせが単調になりがちなので印象が薄くなってしまうことも。頭の中にイメージを浮かべつつ、色合わせやバランス、小物使い、ヘア&メイクなどで雰囲気を足していく。デザインのある服を選んだり、レイヤードするほうが実は簡単だけど、いつもそのこだわりにTシャツの面白さを感じているんです。

――辻 直子

2.ロゴTは小物で女らしさを添えて

「ロゴT自体がメンズっぽさのあるアイテムなので、きゃしゃな時計やジュエリー、ヌーディなサンダルなど女らしいものを合わせてバランスをとるのがコツ」

Tシャツ¥7000/タンタンデザイン(タンタン)

ツヤ感のあるパンツ、レディな小物で黒ロゴTをシックに。Tシャツ¥7000/タンタンデザイン(タンタン) パンツ¥29000/フィルム(ソブ) バッグ¥28000/ウィムガゼットルミネ新宿店(カユ) 靴¥81000/ジャンヴィトロッシジャパン(ジャンヴィトロッシ)

ジャケット¥21000・パンツ¥18000/コントワー・デ・コトニエジャパン(コントワー・デ・コトニエ)

「ジャケットのセットアップと合わせるのも素敵」。ジャケット¥21000・パンツ¥18000/コントワー・デ・コトニエジャパン(コントワー・デ・コトニエ)

小ぶりな時計やゴールドのリングをカジュアルにミックス。時計¥450000・リング(上)(YG)¥256750・(中)(YG)¥352000・(下)(WG)¥142000/シャネル(シャネル)

小ぶりな時計やゴールドのリングをカジュアルにミックス。時計¥450000・リング(上)(YG)¥256750・(中)(YG)¥352000・(下)(WG)¥142000/シャネル(シャネル)

Tシャツ(赤)¥12000/ウィムガゼットルミネ新宿店(イズム)

「シンプルで、メンズっぽいロゴTが好きなんです」。Tシャツ(赤)¥12000/ウィムガゼットルミネ新宿店(イズム)

Tシャツ(黒)¥7000/タンタンデザイン(タンタン)

プレイフルなロゴが可愛い。Tシャツ(黒)¥7000/タンタンデザイン(タンタン)

Tシャツ(白)¥9500/サードマガジン

THIRDのロゴがアクセントに。Tシャツ(白)¥9500/サードマガジン

「クリスチャンルブタンリップカラーベルベットマットロココット215m」(辻さん私物)

スエードのような質感のマットなリップ。「クリスチャンルブタンリップカラーベルベットマットロココット215m」(辻さん私物)

大胆な色や柄のボトムも遊び心のあるロゴTならちょうどいいバランスに。

大胆な色や柄のボトムも遊び心のあるロゴTならちょうどいいバランスに。

プレイフルなカラーのパンツと合わせてキャッチーに決めても素敵。

プレイフルなカラーのパンツと合わせてキャッチーに決めても素敵。

花柄スカートもロゴTならバランスよく着こなせる。

花柄スカートもロゴTならバランスよく着こなせる。

「ビースティ・ボーイズやソニック・ユース。’80・’90年代のミュージシャンたちが着ていたロゴTに惹かれます」
「ビースティ・ボーイズやソニック・ユース。’80・’90年代のミュージシャンたちが着ていたロゴTに惹かれます」

「ビースティ・ボーイズやソニック・ユース。’80・’90年代のミュージシャンたちが着ていたロゴTに惹かれます」

愛用の「PALOMABARCELÓ」のサンダルはヘルシーな抜け感がロゴTにぴったり。(辻さん私物)

愛用の「PALOMABARCELÓ」のサンダルはヘルシーな抜け感がロゴTにぴったり。(辻さん私物)

帽子¥7000/サードマガジン(ベックソンダガード)

「今年ならきれいめじゃなくてこんな帽子で“アンバランス”を狙って」。帽子¥7000/サードマガジン(ベックソンダガード)

(上)サンダル¥52000/アマン(ペリーコ)(下)サンダル¥29000/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ロペエターナル)

Tシャツがメンズライクなぶん、足もとは肌見せ感のあるヌーディなサンダルを。(上)サンダル¥52000/アマン(ペリーコ)(下)サンダル¥29000/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ロペエターナル)

3.ニュアンスカラーのTシャツ、こう着るとおしゃれ!

「合わせる色によってコーデが無限に広がるニュアンスカラーのTシャツ。夏の日差しに似合うブラウンやオレンジと合わせたワントーンが好きです」

(右)Tシャツ¥12000/セオリー(中)Tシャツ¥15000/ラグ&ボーン表参道店(ラグ&ボーン)(左)Tシャツ¥9000/フレイアイディールミネ新宿2店(フレイアイディー)

カラーTシャツも、くすんだようなトーンでぐっと大人っぽい表情に。(右)Tシャツ¥12000/セオリー(中)Tシャツ¥15000/ラグ&ボーン表参道店(ラグ&ボーン)(左)Tシャツ¥9000/フレイアイディールミネ新宿2店(フレイアイディー)

ブレスレット¥460000・イヤリング¥415000/ヴァンクリーフ&アーペルルデスク(ヴァンクリーフ&アーペル)

こっくりとした色みをアクセントに。ブレスレット¥460000・イヤリング¥415000/ヴァンクリーフ&アーペルルデスク(ヴァンクリーフ&アーペル)

「NARSオイルインフューズドリップティント」(辻さん私物)

「モードな顔にしてくれるリップ。メイクもトーンをそろえて」。「NARSオイルインフューズドリップティント」(辻さん私物)

Tシャツ¥23000/エスケーパーズオンライン(アンダースアレンス)ビスチェ¥11500/フレイアイディールミネ新宿2店(フレイアイディー)

ブラウンのビスチェを重ねて着こなしに奥行きを。Tシャツ¥23000/エスケーパーズオンライン(アンダースアレンス)ビスチェ¥11500/フレイアイディールミネ新宿2店(フレイアイディー)

バッグ¥11000/サードマガジン(バリワークステイト)

ナチュラルなかごも似合う。バッグ¥11000/サードマガジン(バリワークステイト)

スカート¥12000/ノーク(ノーク)靴¥29000/ベイジュ(ピッピシック)

ニットタイトでバランスよく。スカート¥12000/ノーク(ノーク)靴¥29000/ベイジュ(ピッピシック)

(右)ボディスーツ¥9500/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ベースレンジ)(左)Tシャツ¥18000/ポステレガント

「同じようなベージュでも、自分の肌にのせると雰囲気が違ってきます」。(右)ボディスーツ¥9500/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ベースレンジ)(左)Tシャツ¥18000/ポステレガント

スカート¥18300/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ベースレンジ)

光沢のあるオレンジ。スカート¥18300/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ベースレンジ)

時計¥580000/ジャガー・ルクルト

「とにかくどんなスタイルにもぴったりハマる大好きな時計」。時計¥580000/ジャガー・ルクルト

Tシャツ¥9000/RHCロンハーマン(ハナバイRHC)キャミワンピース¥29000/アーリ バッグ¥29000/エスケーパーズオンライン(へリュー)靴¥62000/ウィムガゼットルミネ新宿店(ジョセフ)

柄のキャミソールワンピと重ねて夏らしく。Tシャツ¥9000/RHCロンハーマン(ハナバイRHC)キャミワンピース¥29000/アーリ バッグ¥29000/エスケーパーズオンライン(へリュー)靴¥62000/ウィムガゼットルミネ新宿店(ジョセフ)

コンパクトなTシャツを上品ベージュでまとめたミランダ・カー

コンパクトなTシャツを上品ベージュでまとめたミランダ・カー

4.白のデザインTシャツはここまで使える!

「可愛げ」を新鮮なアクセントに【DESIGNED WHITE T-SHIRT】

「この夏、よく着ているデザインの効いた白Tシャツ。フレアやシャーリングなどちょっと甘めのデザインもクリーンな白なら軽やかにまとえます」

Tシャツ¥16800/エレンディーク

片側がプリーツになった遊びのあるデザイン。Tシャツ¥16800/エレンディーク

ピアス(右)¥24000・(左)(1個)¥24000/サザビーリーグ(アルティーダウード)

色石のきらめく繊細さを顔まわりに。ピアス(右)¥24000・(左)(1個)¥24000/サザビーリーグ(アルティーダウード)

「やさしい白のトーンに惹かれます」

「やさしい白のトーンに惹かれます」

Tシャツ¥13000/ノーブル六本木ヒルズ店(アールジュビリー)

「ノーブル」と「アールジュビリー」でコラボしたTシャツも、袖や裾のフリルがポイントに。Tシャツ¥13000/ノーブル六本木ヒルズ店(アールジュビリー)

「ZARAフルールオランジェオードパルファム」(辻さん私物)

デザイン白Tの日は香りで印象に変化をつけて。「ZARAフルールオランジェオードパルファム」(辻さん私物)

Tシャツ¥13000/ノーブル六本木ヒルズ店(アールジュビリー)

袖や裾のフリルがポイントに。Tシャツ¥13000/ノーブル六本木ヒルズ店(アールジュビリー)

「ボッテガ・ヴェネタ」のトートバッグ(辻さん私物)

モダンさを添える「ボッテガ・ヴェネタ」のトートバッグ(辻さん私物)

「ネロリラボタニカCBDリップグロスシナモンレッド」(辻さん私物)

リップはセンシュアルな赤が似合う。「ネロリラボタニカCBDリップグロスシナモンレッド」(辻さん私物)

靴(イエロー)¥29000/ベイジュ(ピッピシック)

「Tシャツに甘さがあるぶん、鮮やかカラーのスエードサンダルでモダンなアクセントをつけて」。靴(イエロー)¥29000/ベイジュ(ピッピシック)

「titivate」のTシャツ。

バサッとしたAラインシルエットの「titivate」のTシャツ。ミニボトムと合わせてシンプルにユニークなフォルムを楽しんで

「やさしい白のトーンに惹かれます」

「やさしい白のトーンに惹かれます」

Tシャツ¥15000/ジャーナルスタンダードレサージュ青山店(マリアムナッシアザデー×ジャーナルスタンダードレサージュ) ジャンパースカート¥38000/チェルシーフィルムズ(シンメ)

首もとのリボンと肌がのぞくカッティングが女らしいコンパクトなTシャツ。Tシャツ¥15000/ジャーナルスタンダードレサージュ青山店(マリアムナッシアザデー×ジャーナルスタンダードレサージュ) ジャンパースカート¥38000/チェルシーフィルムズ(シンメ)

「バウムアロマティックルームスプレー1ウッドランドウインズ」(辻さん私物)

ウッディで清潔感のある香りがイメージのルームスプレー。「バウムアロマティックルームスプレー1ウッドランドウインズ」(辻さん私物)

靴(ブルー)「ネブローニ」(辻さん私物)

「鮮やかカラーのスエードサンダルでモダンなアクセントをつけて」。靴(ブルー)「ネブローニ」(辻さん私物)

5.ベーシックな白Tシャツは小物で色でアレンジ!

“素直な服”だからこそ、そのまま着ない【BASIC WHITE T-SHIRT】

「体型に合うもの、が絶対条件のプレーンな白Tシャツ。究極のシンプルだからこそ、計算された小物使いや着こなしのバランス感覚を研ぎ澄まして」

 Tシャツ¥11000/ラグ&ボーン表参道店(ラグ&ボーン) パンツ¥18500(サージ)・ピアス¥28000(カイマナ)/ショールームセッション ネックレス¥82000/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) 靴¥81000/ジャンヴィトロッシジャパン(ジャンヴィトロッシ)

「ベーシックな白Tシャツを着るとき鉄板なのが“フルレングス丈のパンツ”合わせ。Tシャツの元気な感じがほどよくセーブされて大人なバランスに」。 Tシャツ¥11000/ラグ&ボーン表参道店(ラグ&ボーン) パンツ¥18500(サージ)・ピアス¥28000(カイマナ)/ショールームセッション ネックレス¥82000/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) 靴¥81000/ジャンヴィトロッシジャパン(ジャンヴィトロッシ)

「rag&bone」のTシャツは鮮やかなグリーンのパンツで。

「rag&bone」のTシャツは鮮やかなグリーンのパンツで。

Tシャツ¥5990/プラステ

「コンパクトなサイズもずっと好き。詰まった襟元も私にとって必須条件」。Tシャツ¥5990/プラステ

体にほどよくフィットする「FilMelange」のTシャツ。

体にほどよくフィットする「FilMelange」のTシャツ。

パール×YGピアス¥15000/ノーブル六本木ヒルズ店(ユーカリプト) 月形ピアス¥89000/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) パールネックレス¥59000/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ソフィブハイ) ゴールドネックレス¥496000/ミスイ伊勢丹新宿(ミスイ)

パール×YGピアス¥15000/ノーブル六本木ヒルズ店(ユーカリプト) 月形ピアス¥89000/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) パールネックレス¥59000/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(ソフィブハイ) ゴールドネックレス¥496000/ミスイ伊勢丹新宿(ミスイ)

Tシャツ¥8000/RHCロンハーマン(RHC)

花柄スカートとかごバッグでヘルシーに。Tシャツ¥8000/RHCロンハーマン(RHC) スカート¥18000/コントワー・デ・コトニエジャパン(コントワー・デ・コトニエ) バッグ¥2500/ロペエターナルアトレ恵比寿西館店(バガテルフランス) 靴¥8800/ルタロン渋谷パルコ店(ルタロン)

香水よりもボディクリームでさりげない香りをまとって。「イソップリンドボディバーム」(辻さん私物)

香水よりもボディクリームでさりげない香りをまとって。「イソップリンドボディバーム」(辻さん私物)

バッグ¥39000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(イアクッチ)

素朴な素材とサイズ感が気分。バッグ¥39000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(イアクッチ)

ショートパンツに「THE CONVENI」の白Tシャツを。

ショートパンツに「THE CONVENI」の白Tシャツを。

▼ベーシック白Tシャツはセレブの着こなしもお手本に!

©AFLO  短め丈のTシャツ×ピンクのボリュームスカートが好バランス。

©AFLO

短め丈のTシャツ×ピンクのボリュームスカートが好バランス。

デニム合わせはTシャツの元気な感じがほどよくセーブされて大人なバランスに。

デニム合わせはTシャツの元気な感じがほどよくセーブされて大人なバランスに。

ヴィクトリア・ベッカムのTシャツスタイルはいつも完璧。彼女は自分の体型を把握してTシャツを選んでいます。

ヴィクトリア・ベッカムのTシャツスタイルはいつも完璧。彼女は自分の体型を把握してTシャツを選んでいます。

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉 (物)ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希モデル/大政 絢 イラスト/itabamoe取材・文/石黒千晶 構成/山岸成実〈BAILA〉※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、SV=シルバー、DIA=ダイヤモンド、GP=ゴールドプレート、GC=ゴールドコーティングの略です

【BAILA 8月号はこちらから!】

30代のTシャツルール&着こなしテクまとめ【辻直子さんの夏のTシャツ】_59
30代のTシャツルール&着こなしテクまとめ【辻直子さんの夏のTシャツ】_60

Baila Movieバイラムービー

BAILA10月号特別付録はミュベール 2way収納クラッチBOX

JO1がBAILA10月号に初登場!メイキング動画を公開

スタイリスト辻直子さんに聞きたい50のこと

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン