Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. ヘルス

イボ痔ってどんな症状?進行するとどうなるの!?【医師が回答!30代の痔】

30代のお尻悩み&疑問に、医師がお答え! 今回は、イボ痔とは何か?についてお届けします。

痔の3大疾患のひとつ、痔核(いわゆる イボ痔)とは!?

痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔瘻

30代女性のお悩み&疑問

・「職場の上司がイボ痔になって。便秘体質でもなかったらしくて、『イボ痔は誰でも患う可能性がある恐ろしい病気だ』と。怖すぎる!!」
 
・「肛門から何か出てきた。押し戻しているけど、これってもしかしてイボ痔ってやつですか!?首にもイボがあるのでもしかしたら同じもの??」

30代女性で悩む人も多い痔。3大疾患と言われる、痔核、裂肛、痔瘻。今回は、痔核についてを解説!

医師のお答え!

イボ痔とは、腸と肛門の間に粘膜のたるみができ、膨れている状態

痔核(いわゆる イボ痔)…肛門付近の血流が悪くなって鬱血し、さらに静脈がこぶ状に膨らんだもの。

 

痔のなかでもっとも多い疾患が痔核、いわゆるイボ痔。

 

肛門付近が鬱血し、静脈が腫れてこぶ状に膨らんだものが痔核です。肛門付近にできる血豆のようなものとイメージしてください。


排便時の出血や、肛門まわりにイボのようなものができて、気がつくことが多いです。

痔核には、内痔核と外痔核の2種類がある

外痔核と内痔核

提供:寺田病院

痔核は発生する場所により、内痔核と外痔核に分けられます。

 

内痔核は、肛門の歯状線(直腸と肛門の境)より内側にできたもの。

 

腸と肛門は、つながってはいるものの、異なる性質を持つ臓器(胎児の頃、まったくの別物として存在した腸と肛門が、成長の過程で繋がったため)。腸粘膜は痛みを感じませんが、肛門上皮は痛みを感じます。

 

腸の内側に痔核ができる内痔核の段階では、ほとんど痛みを感じることなく進行しますが、痔核が大きくなると、肛門から出てくる(脱肛)ように。歯状線の部分はゴムのような筋肉と粘膜で構成されており、排便の際に伸び縮みします。長年、排便で使い続けるうちに内痔核の土台の粘膜にたるみや緩みが生じ、肛門の外に出てくるようになります。

 

初期は指で押し込めば肛門の内側に戻りますが、症状が進行するうちに戻りにくくなり、外痔核の腫れとともに痛みを感じるようになる場合もあります。

外痔核は、肛門の歯状線よりも、外(肛門側)にできた痔核のこと。

便秘などで力んだ後に、急に肛門にできるもので血豆が腫れて強い痛みを伴うので、いわゆるいぼ痔の痛いというイメージはこの外痔核のことです。

 ちなみに、いぼ痔という呼び名から、ついイボ(疣贅・ゆうぜい)を連想してしまいますが、まったく別のもの。いぼ痔は、イボではなく、静脈がこぶ状に膨らんだものです。痔核と言ってもイメージしにくい人が多いため、便宜上、イボ痔と呼んでいるだけです。

肛門の歯状線よりも、外(肛門側)にできた痔核のこと。歯状線の部分はゴムのような筋肉と粘膜で構成されており、排便の際に伸び縮みします。長年、排便で使い続けるうちに粘膜にたるみや緩みが生じ、肛門の外に出てきたものが、外痔核です。

 

便秘などで力んだ後に、急に肛門にできるというイメージがある外痔核ですが、実は誰もが持っている粘膜のたるみ。肛門にあるため、強い痛みを感じるのも特徴です。

 

多くの人は内痔核と繋がった状態で、外痔核が外に出てきます。

ちなみに、イボ痔という呼び名から、ついイボ(疣贅・ゆうぜい)を連想してしまいますが、まったく別のもの。イボではなく、静脈がこぶ状に膨らんだものです。痔核と言ってもイメージしにくい人が多いため、便宜上、イボ痔と呼んでいるだけです。

イボ痔は肛門付近の血豆のようなもの。場所が場所だけに、気付いたら早めに治療をしたいものですね。

取材・文/櫻木えみ 企画/斉藤壮一郎〈BAILA〉

【30代の痔のお悩み】妊娠・出産で痔に?温水洗浄便座で痔になる!? 専門医が回答します!

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン