Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fortune
  3. 2020年開運

【開運風水インテリア】2020年下半期の全体運を西洋占星術師ムーン・リーさんがズバリ!

新型コロナウイルスの影響により、ステイホームを余儀なくされた2020年上半期。まだまだおうち時間が続く今だからこそ、下半期は開運UPを狙える空間づくりを! 怖いほど当たると評判の西洋占星術師、ムーン・リーさんにまずは2020年下半期の流れについて伺いました。

2020年下半期の全体運の流れ

【運勢の流れ】下半期はさらなる試練のとき。負のエネルギーにもっていかれすぎないように

しんどかった2020年上半期を経て、この先希望の光は現れる……と言いたいところだけど、まだまだ不安定な情勢は続きそう。というのも、6月末から牡羊座に居座り続ける火星のせい。これが来年の1月まで居座り続けてしまうの。情熱的で新しいことを切り開いていくポジティブさがある半面、闘争心・戦争・攻撃なども意味するエネルギーの強さを持ち合わせているので、マイナス方向に引っぱられないように注意が必要ね。普段穏やかな性格でも、イライラしやすくなったり、ケンカに巻き込まれたりする可能性も。コロナ禍の影響でピリピリしている部分もあるけれど、そういった星回りでもあるので、負の感情をもってしまったら一度深呼吸をして冷静になるのが賢明。国家間でのトラブルが起きたり、政府や会社など組織への不満も募りやすい星回り。おのずと大きな試練や弊害が伴うけれど、年末にかけて200年に一度といわれる時代の転換期が訪れるので、新しい時代を迎えるための準備と覚悟を決めましょう。

未来まで明るく感じさせてくれるユニークなフラワーベース

未来まで明るく感じさせてくれるユニークなフラワーベース
ユニークなデザインは2020年下半期〜2021年に向けてラッキー。(右)フラワーベースイエロー¥16000(Hubsch)・(中)ブラック¥10000(XLBOOM)/リビング・モティーフ (左)顔モチーフ¥6000/エイチ・ピー・デコ(LaSoufflerie)

【下半期の傾向】噓が暴かれ、本物が残っていきコツコツやることが結果につながる。金運は再来年まで不安定

ここ最近、政界や芸能界でも多くのスキャンダルや不正が暴かれてきたけれど、下半期はその傾向がますますヒートアップしそう。2018年から土星が山羊座に位置し、これが年末まで続くのだけど、そもそも山羊座の事象は“本物志向”。土台のないうわべだけのものごとや嘘ばかりの内容では、ごまかしがきかなくなってくるの。逆をいえば、コツコツまじめに努力をしている人たちには、それが結果としてついてくるから、なにごとにも逃げずに取り組んでみて。金運の流れは、再来年までシビアな様子。株が上がったと思ったら天災が起きたり、一筋縄ではいかないので注意が必要ね。

ピリピリムードを癒す触れ心地

ピリピリムードを癒す触れ心地

イライラしやすい星回りなので、心がすり減ってしまったときは、触れ心地のいいリネンに包まれて、一回リセットするのがおすすめ。(上)スロー¥20860(HIMLA)・(中・下)クッション各¥12500(pappelina)/リビング・モティーフ

【2021年に向けて】12月から木星が水瓶座に入り、ものごとやつながり方も速いスピードでさらに進化

年末から2021年は、ガラリと新しい時代に変わる革命的な転換期。水瓶座は宇宙とも縁深い星でもあるので、UFOや宇宙人の存在が明らかに……なんてことが起こり得るかも。薬の開発にしても、テレワーク化にしても数十年かけてやることを、短期間で行うといった、スピーディな進化を遂げる時代。この時期は“早すぎる”ということはないので、時代はどんどん先取りしていきましょう。風のエレメントである水瓶座は、“軽さ”がキーワード。将来チャレンジしたいビジョンがあるならば、フットワーク軽く、今からスタートするのが開運につながるわ。その場で足踏みしてしまったり、誰かと同じことを続けているようでは、時代においてけぼりにされるので注意して。

【やるべきことは?】新しいことにチャレンジしたり弱点に対し、あえて能動的に動くのも吉

新時代に向けて重要なのが、受け身で過ごさないこと。“私はこういうタイプだから仕方ない”とあきらめたり、“私は○○タイプだからコレ”と与えられた情報だけを受け入れちゃうのではなく、自分で考え切り開いていく力を養っていけるようになってほしいの。オタク気質になることがラッキーにつながるので、普段トライしないような新しいことにもどんどんチャレンジをしてみて。それが自分に合っているのか、自分の弱点はどうしたら克服できるのか、長所はどうやったら伸ばせるのか……。自分やものごとに対して、深掘りしていきましょう。

【おうち時間】まだまだおうち時間が増える今こそ、防災グッズの見直しを

山羊座の時代である2020年は、“用意周到”がキーワード。決してポジティブな星回りではないので、悪いことを想定して備えておくことが改善策に。今まで何も起こらなかったから……と他人事にはせず、いつ何があっても冷静な判断ができるよう、防災グッズや自分の身のまわりの安全対策を。

撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈SIGNO〉  取材・原文/谷口絵美 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2020年9月号掲載

【BAILA 9月号はこちらから!】

【開運風水インテリア】2020年下半期の全体運を西洋占星術師ムーン・リーさんがズバリ!_3
【開運風水インテリア】2020年下半期の全体運を西洋占星術師ムーン・リーさんがズバリ!_4

Baila Movieバイラムービー

BAILA10月号特別付録はミュベール 2way収納クラッチBOX

JO1がBAILA10月号に初登場!メイキング動画を公開

スタイリスト辻直子さんに聞きたい50のこと

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン