Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION

「ボーダーを着る女はモテない」は噓!

「ボーダーを着る女はモテない」ってよく聞くような気がしませんか? そもそもの発端は、超人気占い師・ゲッターズ飯田さんのベストセラー書籍「ゲッターズ飯田のボーダーを着る女は95%モテない! 人気No.1占い師が見抜いた行動と性格の法則224」。飯田さん曰く「これまで付き合ったことがないと相談に来る女性のほとんどがボーダーを着ている」法則に気がついたからだそうなのです。
「ボーダーを着る女はモテない」は噓!_1
「ゲッターズ飯田のボーダーを着る女は95%モテない! 人気No.1占い師が見抜いた行動と性格の法則224」マガジンハウス刊
確かに“ボーダー”柄って、定番だからこそ「ボーダー着とけば、ま、いっか」といったように、無難かつシンプルなコーデに落ち着きがち。確かにそれでは、オフィスミューズ®の名も廃るというもの! ボーダーの持つ清潔感とさわやかさを最大限に生かしつつ、女らしさを極めたおしゃれな着こなしを楽しんでこそ、モテに直結すると考えます。そこでBAILAでは「これこそモテる!」と断言できるボーダースタイル5つをピックアップしました。

【ボーダーの選びかた】“女らしい”デザインを選ぶべし!

「ボーダーを着る女はモテない」は噓!_2
ボーダートップスを選ぶなら、フェミニンなデザインが◎【写真①】
ボーダートップス自体の選びかたから気合いを入れましょう★ 思わず触れたくなるような上質でやわらかな素材を厳選するのはもちろん、デコルテがキレイに見えるほどよく開いたネックライン、きゃしゃな体を連想させるやや大きめの抜け感あふれるデザイン......こだわるべきポイントは多数! 試着を重ねて、自分に似合うボーダーを厳選して。
「ボーダーを着る女はモテない」は噓!_3
トレンドアイテムと合わせることで、女っぽさや今っぽさが加速!【写真②】
自分に似合うボーダートップスを選んだら、次はおしゃれコーデを実践! まずは旬度100%のトレンドボトムと合わせるのが◎。同じクリーンムードのホワイトデニムはいかがでしょうか? 今売れに売れている裾切りっぱなしデニムなら、ほどよいカジュアル感が親しみやすさもプラス。アクセサリーやバッグなどもレディライクに決めて。
「ボーダーを着る女はモテない」は噓!_4
ふわ揺れスカート、パール、鋭角パンプスで女っぽく【写真③】
スカート派なら、こちらも爆売れ中のタイプライタースカートがおススメ。生地をたっぷり使ったリッチなボリューム感と、動くたびに揺れる裾が女っぽさを加速。やわらかなきらめきを添えるパールのネックレスやきゅっと尖った鋭角パンプス、巾着バッグなど、小物にも気を配れば、パーフェクトなデートスタイルの完成です♥︎
「ボーダーを着る女はモテない」は噓!_5
スリットタイトスカートをカジュアルダウンしながら着る【写真③】
深いスリットが入った大人っぽいタイトスカートも、今年はひざ下の長め丈がトレンド。最初はバランスを取るのが難しく感じるかもしれませんが、トップスをウエストにインしてコンパクトにまとめれば解決★ スカートのコンサバ感を払拭するべく、足元をスニーカーにして上手にカジュアルダウンしながらはくとこなれます◎。
「ボーダーを着る女はモテない」は噓!_6
大人っぽいキャメルカラーを合わせればボーダーもオフィス服に格上げ【写真④】
「ボーダー=子どもっぽくなる...」と思って手が出ない人は、キャメルやテラコッタカラーと合わせてみて。ハリや光沢感のあるセンタープレスのパンツや鋭角パンプスと合わせれば、ボーダーの持つ清潔感にきちんとムードが備わって、最強のオフィススタイルにシフト! ジージャンやトートバッグなどでさりげなくカジュアルダウンするとよりおしゃれ上級者に。
「ボーダーを着る女はモテない」は噓!_7
ボーダー自体の配色をチェンジするだけでおしゃれ見え度は加速!【写真⑤】
そもそも、ボーダー柄の代名詞でもあるネイビー×ホワイト自体がちょっとマニッシュなのかも? 疑問を感じたら、ボーダーの配色自体を見直してみて。写真のグリーン×ホワイト以外にも、レッド×ホワイト、レッド×ネイビーなど、ボーダーの持つクリーンさはそのまま、バリエーションはたくさんあります! 色を変えれば印象も劇的にチェンジ。自分に似合う一着を探してみて♩
いかがでしたか? ボーダートップス=ド定番のアイテムだからこそ、ただなんとなく着ているだけでは手抜きしているように見えるから“モテない”レッテルを貼られてしまうんです! ボーダーの選びかたからコーデまで、きちんと女っぽく、おしゃれに見えるように気合いを入れれば、清潔感と親近感たっぷりのモテスタイルに即シフト♥ 半袖だって同じですよね⭐️さっそく明日からトライしてみてくださいね♩
【写真①】トップス¥15000/サザビーリーグ(デミリー)
【写真②】トップス¥11000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) パンツ¥50000/プラージュ 代官山店(レイチェル コーミー)
【写真③】トップス¥4800/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) スカート¥14000/リエス
【写真④】トップス¥15000/アストラット 青山店(アストラット) パンツ¥28000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ヴィア マジーニ)
【写真⑤】トップス¥5500/アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店 スカート¥42000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(マディソンブルー) バッグ¥8500/アナザーエディション ルミネエスト新宿店
撮影/長山一樹<S-14>・遠藤優貴<MOUSTACHE>・村田充輝<S-14>、江原英二<NOSTY>(人)、魚地雄大(物) ヘア&メイク/佐藤エイコ・YUMBOW<ilumini.>、清水美知 スタイリスト/吉村友希、斉藤くみ<SIGNO>、松村純子、佐藤佳菜子 モデル/竹下玲奈、中村遥香(スーパーバイラーズ)、tamiko

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン