Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

【シネマナビ】『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 』を渾身レビュー!

海外エンタメ好きなライター・今 祥枝が、30代女性におすすめの最新映画をピックアップ! 今回は、サンフランシスコを舞台にしたヒューマンドラマ『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 』を紹介。主演のジミー・フェイルズの実体験に基づく本作。街の住人たちの夢が入り交じる不思議な魅力に満ちた作品をチェックして!

ナビゲーター

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 』

©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.

『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 』
ゴールデン・ゲート・ブリッジや坂道を走る路面電車で知られる、アメリカ西海岸の大都市サンフランシスコ。移民を多く受け入れてきたため、さまざまな文化が混在する街はアートやファッションの発信地でもある。なかでも街の景観として目を引くのが、19世紀後半から20世紀初頭に建てられた、優雅で可愛らしくもあるヴィクトリアン・ハウスだ。
 
『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』は、フィルモア地区にあるヴィクトリアン様式の家をめぐる物語。祖父が建て、かつて家族と暮らした思い出の家が売りに出されたことを知ったジミーは、再びこの家を手に入れるべく奔走する。そんなジミーのかたわらに、そっと寄り添う友人モント。彼らの日常は、黒人の暮らしやストリートのリアルを伝える一方で、まるで大人の絵本を眺めるかのような、どこかファンタジーのような印象も。
 
実は本作は、主演のジミー・フェイルズの実体験に基づくと同時に、街の住人たちの夢が入り交じる不思議な魅力に満ちた作品だ。戦前は日系人が、戦後は多くの黒人が移り住み、この街や文化を作り上げてきたのだが、都市開発が進みシリコンバレーも近いことから、今ではビリオネアが住む街となった。そのため古くからの住人がハウスボートやワゴン車で暮らすなど、街から追いやられている様子が映画でも描かれている。
 
だからこそジミーは生まれ育った街や家、バラバラになった家族や失われた日々に憧憬を抱き、かなうことのないであろう夢を追い求める。そんなジミーの魂が、現実と夢を行き来しながらたどり着いたラストシーンの景色。それは思いがけずロマンチックで、胸を締めつけるほどの切ない余韻を残す。
 
 
監督・脚本・原案/ジョー・タルボット
出演/ジミー・フェイルズ、ジョナサン・メジャース
公開/新宿シネマカリテ、シネクイントほかにて10/9より

こちらも必見!

『星の子』 

©2020 「星の子」製作委員会

『星の子』 
病弱だった娘を救いたい一心で信仰にのめり込んだ両親と、中学3年生に成長した娘の物語。芥川賞作家・今村夏子の小説の独特の空気感を伝える、ふわりとしたユーモアとやさしさが心にしみる。
 
監督・脚本/大森立嗣
出演/芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世
公開/TOHOシネマズ日比谷ほかにて10/9より

『82年生まれ、キム・ジヨン』 

©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

『82年生まれ、キム・ジヨン』 
韓国の作家、チョ・ナムジュによる同名ベストセラー小説の映画化。33歳の一児の母である主婦が、精神を病んだ理由とは?女性なら誰もが共感必至の生きづらさや、社会の理不尽さに胸が詰まる。
 
監督/キム・ドヨン
出演/チョン・ユミ、コン・ユ
公開/新宿ピカデリーほかにて10/9より

イラスト/ユリコフ・カワヒロ ※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

【シネマナビ】『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 』を渾身レビュー!_4
【シネマナビ】『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 』を渾身レビュー!_5

Baila Movieバイラムービー

JO1がBAILA10月号に初登場!メイキング動画を公開

BAILA10月号特別付録はミュベール 2way収納クラッチBOX

スタイリスト辻直子さんに聞きたい50のこと

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン