Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

きれいめフェミニン派こそ、この秋の足元はトラッド靴が使える!

女っぽいムードが高まる秋は足元をあえて辛口にするのが旬。スタイリスト吉村友希さんが、今買って来春まで使える本命シューズとしておすすめするのはトラッド靴。女らしい柔ワンピースと合わせて王道の甘×辛スタイルを楽しんで。

ジャラン スリウァヤの靴

「ツヤ感ワンピースの味変に効くのはオーソドックスなレースアップ靴!」
つややかなエナメルも今季は豊富。ドラマチックな赤いワンピースも、重めなトラッド靴で引き締めればデイリーな装いに。靴(2.5)¥32000/ジーエムティー(ジャラン スリウァヤ) ワンピース¥50000/ビームス ハウス 梅田(ロデビエ) ピアス¥19500・リング¥8500/ソワリー バッグ¥115000/エリオポール代官山(ザンケッティ)

ブレンタの靴

「スリッパとしても履けるのがラフで◎」
スマートな形で女らしさもあり。かかとを踏んでスリッパのように履いても決まる。(1)¥44000/ビームス ハウス 丸の内(ブレンタ)

セミクチュールの靴

「上品な紺レザーは履くだけで差がつく」
ネイビーなら端正さもひとしお。甲のチェーンがきまじめにならないポイント。靴(2.8)¥38000/アノア(セミクチュール) ワンピース¥27000/メゾン イエナ(ムンテ)

ピッピシックの靴

「シンプルなローファーはスクエアトゥで脱・優等生に!」
ユニフォームライクなローファーも、ノーズが長いバランス&スクエアトゥでたちまち目新しく。(2)¥37000/ベイジュ(ピッピシック)

ジャラン スリウァヤの靴

「30代ならぜひひとつ本格派を。はやり廃りなく長く愛せる」
ブラウンのようなボルドーのような深みのある色。オーセンティックなウィングチップシューズで、一目置かれる足もとに。靴(2.5)¥32000/ジーエムティー(ジャラン スリウァヤ)

ファビオ ルスコーニ ペル ワシントンの靴、マッキントッシュ ロンドンの靴、ペリーコの靴

「甲のアクセントや大胆な色使いもマニッシュだから“盛りすぎ感”がゼロ」
(上)細いビットを飾ったローファータイプ。マリンテイストを感じる白で秋冬服を活性化。(1)¥25000/銀座ワシントン銀座本店(ファビオ ルスコーニ ペル ワシントン)
(中)今季主流のブラウンコーデに合わせたい。端正なデザインで信頼感を語る一足を。(3.3)¥21800/モーダ・クレア(マッキントッシュ ロンドン)
(下)目を引くトリコカラーも定番の3色なら合わせやすい。ひもなしで脱ぎ履きが簡単なのも人気の秘訣。(1)¥57000/アマン(ペリーコ)

撮影/山本雄生 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/宮本茉由 取材・原文/東原妙子 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です ※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

きれいめフェミニン派こそ、この秋の足元はトラッド靴が使える!_7
きれいめフェミニン派こそ、この秋の足元はトラッド靴が使える!_8

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン