Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

【バイラ女子におすすめのコミック】和山やまの最新作『カラオケ行こ!』をレビュー

漫画を愛するライター・中川 薫がバイラ女子におすすめの漫画をピックアップ! 今回は、注目作家・和山やまの最新作『カラオケ行こ!』をご紹介。地味男子中学生と怖いお兄さんの奇妙な友情物語を、とくとご覧あれ!

ナビゲーター

『カラオケ行こ!』

©和山やま/KADOKAWA


デビュー作にして手塚治虫文化賞短編賞を受賞した『夢中さ、きみに。』や『女の園の星』で話題をさらった作者・和山やま。その最新作は、昨年同人誌で発表され大反響を呼んだ作品を再編集したもの。含みのある端正な絵柄と軽快なタイトルが織りなす戸惑いのハーモニー。そして、ふたを開ければ“刺青を彫られるのが怖いヤクザが合唱部員の中学生に泣きつく”という斜め上方向(?)の話だ。

地味なメガネ男子の聡実が、突然ヤクザにカラオケ店に連れ込まれる。「1曲だけ…聴いてくれるか?」と押し切られ、おびえながらも毒舌でやり返し、しまいには友情のようなものまで芽生え……という、ありそうでありえない展開に吹き出してしまう。「何がどうしてそうなった」と、ツッコむ間もなく巻き込まれていくこの感じは、会話が成立しているようで成立していない、だけど話が進んでいくズレ漫才のようで楽しい。

作者の全作品に共通するのは“まじめなのに、どこかズレている”おかしさ。その視点で世の中を眺めたら何にでもポジティブになれそう。

『カラオケ行こ!』

©和山やま/KADOKAWA

『カラオケ行こ!』

和山やま

KADOKAWA 全1巻 700円
合唱部員の中学生・聡実は、ある日突然、ヤクザの狂児に歌のレッスンを頼まれる。なんとしても歌がうまくなりたい狂児に毎週つかまり、やりたくもない歌唱指導を行うが……。

 

漫画好きならこれも必読!

『スインギンドラゴンタイガーブギ』

『スインギンドラゴンタイガーブギ』

灰田高鴻 

講談社 1巻~ 640円 

戦後を生きる日本人たちの本気の“ジャズ”に圧倒される

舞台は太平洋戦争の爪痕残る東京。路上でウッドベースを弾き歌う少女・とらが出会ったのは。興奮と熱狂のジャズ漫画。

イラスト/ユリコフ・カワヒロ ※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

【バイラ女子におすすめのコミック】和山やまの最新作『カラオケ行こ!』をレビュー_4
【バイラ女子におすすめのコミック】和山やまの最新作『カラオケ行こ!』をレビュー_5

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン