Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

【中村アン インタビュー】しなやかに進化するミューズ、いちばん新しい私を語る

目の前の経験を一つ一つ大切に、悩みや迷いすらも力に変えて、進化し続ける中村アンさん。彼女が出会った“新しい自分”。これから出会いたい“まだ知らない私”について語ってもらいました。

「新しい自分に出会いたい」気持ちがどんどん高まっているのを感じている

中村アン

「今、“髪を切りたい願望”がすごく高まっていて。今年の年末あたりに切ろうかと、ひそかに計画を立てているところなんです。切るならばバッサリ、思い切り短くしてイメージを変えたいなって」

髪型を変えれば似合う服も変わる。それだけでなく、立ち居振る舞いやしぐさにも何かしらの変化が起きるかもしれない。「新しい自分に出会うのが今から楽しみなんです」と笑う中村アンさん。


「実は“髪を切りたい願望”はずっと自分の中にあったのですが、なかなか勇気が出ず“役作りで切るときがきたら”と先延ばしにしていたんです。でも、なかなかそんなタイミングは訪れず、だったら“変化は自分から”と。ついに自ら動き始めました(笑)。女優のお仕事を始めたばかりのころはとにかく必死で、与えられたものにこたえるだけで精いっぱいでした。でも、今は少しずつ余裕が生まれ、いい意味で“欲”が出始めたのかもしれないですね。最近、新しい自分に出会いたい気持ちがどんどん高まっているのを感じているんです」


そう語るアンさんが新たに挑戦しているのがドラマ「危険なビーナス」だ。主人公・伯朗(妻夫木聡)の前に突然現れた弟の妻を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)。彼女から「失踪した夫を探してほしい」と頼まれたことをきっかけに、巨額の遺産を抱える名家「矢神家」の相続争いに巻き込まれていくラブサスペンス。アンさんは伯朗が働く動物病院の助手・蔭山元美を好演している。


「妻夫木さんも吉高さんも本当に素敵な方で、お芝居も“すごいな”の連続。見ているだけで勉強になることがたくさん。そんなお二人との初共演もですが、監督の佐藤祐市さんとお仕事できるのもうれしくて。佐藤監督とは来年公開予定の映画『名も無き世界のエンドロール』でご一緒したのですが。実は“もっと知らない自分に出会いたい”と私が思うようになったのは、その映画の出演が大きなきっかけになっているんです。映画で私が演じたのは感情の振り幅が大きい難しい役。今まで演じたことのない役柄だっただけに最初は不安だらけでしたが、乗り越えたあとは大きな達成感を得ることができたんです。それこそ、感情を爆発させるシーンの撮影後は興奮して眠れなかったほど。それは、初めて出会った“今まで知らなかった自分”で……。そこからなんです。まだ知らない私が自分の中に隠れているのならば出会ってみたい、そう思うようになったのは」

まだまだ知らない私が自分の中にいることをお芝居は教えてくれる

「若いころは自分のことがよくわからず苦しい思いをすることもあったけれど。30歳を超えると、ある程度は自分のことがわかり生きやすくなる。同時に、自分自身に飽きてしまう瞬間も増えていくような気がするんです。でも、まだまだ知らない自分がいることを、できないことがまだまだあることを、お芝居は教えてくれる。今はそれがすごく楽しくて」

そして「今作にもきっと新しい引き出しを開けるチャンスがあるはず。そこからどんな自分が出てくるのか楽しみ」と続ける。


「世間ではよく“女優さんは恋多き女性が多い”というけれど、それはきっと新しい自分に出会う機会が多いからだと思うんです。アップデートのスピードが速いから、相手との間にズレが生まれてしまうというか。“あのときは好きだったけど今は違う”になってしまうことも多いのかなって。あくまでも私の想像ですけどね(笑)。ただ、私は“だったら一人でいいや”と思うタイプ。次々と新しい恋ができるような器用さは持ち合わせていないので、“恋多き女性”になるどころか、婚期がまた遠ざかってしまいそうな予感です(笑)」


プライベートでも“新しい自分”に出会いたい欲はある。それは「家庭や子どもをもち、自分のためだけではなく誰かのために生きる自分」。しかし、仕事に気持ちが向いている今は「非現実的な夢」と笑う。「なので、プライベートでは小さな変化の中で出会う新しい自分を楽しんでいます(笑)。たとえば、部屋の模様替え。こないだ、ペルシャじゅうたんを買ったんです。太陽の日差しで表情を変える細かい織りは見ていて飽きないし、なにより柔らかくて座り心地がよくて。テーブルではなく床の上でくつろげるようになったことで、家がより肩の力を抜ける場所になりました」

新しい自分との出会いを楽しみ始めた、33歳のアンさん。
「今まで時間をかけて築き上げてきた“中村アン”のイメージも大切。でも、そこに対しては120%悔いなく向き合った自信がある。だからこそ、次のステージに進みたい気持ちも大きいんだと思います。それは私のトレードマークともいえるロングヘアを切る理由のひとつにもなってると思う。って、ここまで宣言しといて“切る切る詐欺”で終わったりして(笑)。でも、私はそれでもいいと思うんです。目標を掲げ突き進むのも大事だけど、その途中で新しい目標に出会うこともある。違うと思ったら潔くあきらめてもいい。そこで悩み考えた時間は新しい自分に必ずつながる。かたくなになると大切なものを見逃してしまうから、揺れる自分を受け止める柔軟さもときには必要!(笑)」

ドラマ「危険なビーナス」

ドラマ「危険なビーナス」 

10月11日スタート 毎週日曜21時~(TBS系)


獣医として働く伯朗(妻夫木)は正義感が強く嘘がつけないまっすぐな男。そんな彼が疎遠だった「矢神家」の遺産争いに巻き込まれていく。謎の美女は本当に弟の妻なのか?弟はなぜ失踪したのか?人間の欲望が渦巻くラブサスペンス!!

撮影/YUJI TAKEUCHI 〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/百々千晴 取材・原文/石井美輪 構成/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2020年11月号掲載

【BAILA 11月号はこちらから!】

【中村アン インタビュー】しなやかに進化するミューズ、いちばん新しい私を語る_3
【中村アン インタビュー】しなやかに進化するミューズ、いちばん新しい私を語る_4

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン