Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

「去年のニット」をアプデする方法をおしゃれのプロが伝授!

“ちょっとの更新”が素敵を左右するからこそ、去年可愛かったあのニットは、着こなしは、どうアップデートするのが正解? BAILAの人気コンビ、エディター・伊藤真知さん&スタイリスト加藤かすみさんが、ラクだけど女っぽい“2週目”のテクニックを教えます!

マンネリ? いいえ、「2周目ニットコーデ」こそラクして素敵になれる近道です!

伊藤 ざっくりしたタートルは定番だったし、リブもブラウンも着ていたし……今年のニットって、去年着ていたものもけっこう多い印象ですね。

加藤 あまりトレンドがない、というと否定的になってしまいますが、似ているものが多いのは事実。でもそのぶん素材が変わったり、きれいな色が増えたり、少しずつですが今年らしくアップデートしています。

伊藤 シャーベットのようなアイスカラーも新鮮ですし、毛足の長いモヘアも去年はそんなに見なかった質感。ニットワンピもゆるくてすとんとした形から、メリハリのあるAラインに変わっていたりと、全体的に女性らしくなったのかな?と。

加藤 そうですね。でもその女性らしさも、たとえば肌見せだったら、以前は背中あきやオフショルのようにわかりやすく肌が出るものが多かったけれど、今年だったら透けやタイトなライン。直球よりもどこか奥ゆかしく、品のよさを感じさせることがポイントなのかなと思います。

伊藤 着こなしもこれまではデニムなどでカジュアルに振っていることが多かったのですが、そもそもニットの品がいいのできれいめなパンツにも合わせやすい。個人的には甘くなりそうで苦手だったスカートも、つやのあるサテンやエコレザーのプリーツなど、スカートそのものが大人っぽく更新されたこともあって、ぐっと合わせやすくなりました。

加藤 確かにニットはほっこりしがちなアイテムではあるので、着こなしにも女っぽい要素を足していくのがいいのかなと思います。つやや堅さなどインパクトのあるトレンド素材を合わせることで、“変わった感”も出しやすいですしね。

伊藤 変わったといえば、足もとも。流行のロングブーツはともかく、スニーカーやローファーも含めて圧倒的にぺたんこが増えました。

加藤 生活様式が変わり、“オンオフどっちもいける”ことが重視される今は、スポーティな要素もよりリアルなものとして受け入れられるように。着慣れた茶系のワントーンや、可愛いニットとプリーツスカートだからこそ、スニーカーにしてみるのも今年らしさのひとつの手。きれいだけど走れる、ラクだけど女っぽい、そんなオールマイティな着こなしも、“2周目”の今だから、挑戦しやすいのではないでしょうか。

ニット選びも、着こなしも品のよさを感じる女性らしさを(加藤さん)

品のよさを感じる女性らしさを

揺れるようなモヘアや透け素材が新鮮。(左)¥73000/マディソンブルー (中)¥21000/ロンハーマン (右)¥39000/ル フィル NEWoMan新宿店(ル フィル)

ノーク バイ ザ ラインのニットアップ

旬のワントーンが手軽に楽しめるニットアップも注目。ニット¥16000・スカート¥16000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン)

きれいな色が増えて、ワントーンコーデの楽しみが広がりました!(伊藤さん)

アイスカラーのパンツ

淡くスモーキーなアイスカラーはどんな色ともなじみがよく万能。パンツ(左)¥9900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) (右)¥20000/ルーニィ

フルラのバッグ

バッグ¥60000/フルラ ジャパン(フルラ)

ピッピシックの靴

かっちりショルダーやパイソン靴、やわらかなニットをおしゃれに締める小物もマスト。靴¥36000/ベイジュ(ピッピシック)

ニットラバーな二人の「2周目ニット」の盛りテクは?

小さなピアスで上品な華やぎを

やさしい色が増えた今年は、小さなピアスで上品な華やぎを
「ニットにも合わせにもきれいな色が増えた今季。色の華やかさを損なわないように、盛り上げアクセはやや控えめに。小ぶりでも印象的なゴールドの太めフープピアスを愛用中」

手もとは“締めて”洒落感アップ

暖かいニットに冷たいアクセ。手もとは“締めて”洒落感アップ
「ニット自体がやわらかくふわっとした印象なので、アクセなどはシルバーなど辛口なもので締めたほうが好バランス。時計のベルトも服色に近いものなど、少ない色数で品よく」

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※クレジット表記のないものは本人私物です ※BAILA2020年11月号掲載

【BAILA 11月号はこちらから!】

「去年のニット」をアプデする方法をおしゃれのプロが伝授!_8
「去年のニット」をアプデする方法をおしゃれのプロが伝授!_9

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン