Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【去年のニットでおしゃれに】「ゆるタートルニット×プリーツスカート」は“真逆”の素材感で意表をつく!

“ちょっとの更新”が素敵を左右するからこそ、着こなしはどうアップデートするのが正解? 去年可愛かったあのニットの今年っぽい着こなしは? BAILAの人気コンビ、エディター・伊藤真知さん&スタイリスト加藤かすみさんが真っ先におすすめするのは「ゆるタートルニット×プリーツスカート」。ニットはパステルカラーを選んだり、スニーカーを合わせたりして旬の雰囲気に。

《ゆるタートルニット×プリーツスカート》は今年どう着る?

去年はこう着た

去年の着こなし

’19年11月号 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉

今年はこう着る!

ふんわりモヘアときっちり細プリーツ

ふんわりモヘアときっちり細プリーツで“真逆”の素材感ではっと素敵に!

「可愛いニットにプリーツスカート、そこにパンプスだと直球すぎてしまうので、時代のムードも反映したスニーカーを。ちょっとアクティブに見えたほうが、甘い服はおしゃれに仕上がります」(加藤さん)、「素材も色も甘いので、形はハンサムなクルーネックを選ぶと洗練された雰囲気に。モヘアニットの目新しさをじゃませず、それでいてスパイスになるような同系色のスニーカーは理想的」(伊藤さん)。ニット¥60000・スカート¥38000/ボウルズ(ハイク) リング¥48000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥13000(ジャミレイ)・スニーカー¥10000(ナイキ)/ユナイテッドアローズ 有楽町店 

《Kasumi's Point》
揺れるような毛足の長いモヘアを使ったボリュームニットは今季、大注目の一枚。ベーシック色でも登場していますが、せっかくなら色も淡いパステルで更新を。

《Machi's Point》
プリーツスカートとの相性のよさはお墨つき。でも今年は、折り目きっちりの細プリーツで大人っぽく。ハズしではなく、“なじむ”スニーカーも今の気分です!

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※クレジット表記のないものは本人私物です ※BAILA2020年11月号掲載

【BAILA 11月号はこちらから!】

【去年のニットでおしゃれに】「ゆるタートルニット×プリーツスカート」は“真逆”の素材感で意表をつく!_3
【去年のニットでおしゃれに】「ゆるタートルニット×プリーツスカート」は“真逆”の素材感で意表をつく!_4

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン