Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【去年のニットどう着る?】コンパクトニットはセンタープレスパンツと合わせて「きれい色ワントーン」に

“ちょっとの更新”が素敵を左右するからこそ、去年可愛かったあのニットは、着こなしは、どうアップデートするのが正解? 「コンパクトニット×センタープレスパンツ」はワントーンで着るのが今年流。BAILAの人気コンビ、エディター・伊藤真知さん&スタイリスト加藤かすみさんがポイントを教えてくれました。

《コンパクトニット×センタープレスパンツ》は今年どう着る?

去年はこう着た

去年の着こなし

’20年1月号 撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉

今年はこう着る!

きれい色のワントーンコーデ

シンプルなコンビが即、華やぐきれい色のワントーン
 
「定番色では着尽くしてきたワントーンも、きれい色ならまた印象は一新!」(伊藤さん)、「決め手は案外、靴。重たい黒や茶は避け、抜け感を出したいところ。さわやかに白もいいけれど、秋冬ならほどよく締まるアニマル柄を。ヒョウほど強くなく、アイスブルーにもなじむパイソンが適任」(加藤さん)。ニット¥27000/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン) パンツ¥9900(ノーク バイ ザ ライン)・コート¥26500(ノーク)/ノーク バッグ¥62000/フルラ ジャパン(フルラ) リング(人さし指)¥11000・(中指)¥10000/エテ 靴¥36000/ベイジュ(ピッピシック)

《Kasumi's Point》
一点ピリッときかせるよりワントーンでさらりと。今年のきれい色は“全身”で楽しむのがトレンド。

《Machi's Point》
挑戦しやすいのはブルーやピンク、パープルといったひんやり系のアイスカラー。パイソン靴が相性バッチリ。

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※クレジット表記のないものは本人私物です ※BAILA2020年11月号掲載

【BAILA 11月号はこちらから!】

【去年のニットどう着る?】コンパクトニットはセンタープレスパンツと合わせて「きれい色ワントーン」に_3
【去年のニットどう着る?】コンパクトニットはセンタープレスパンツと合わせて「きれい色ワントーン」に_4

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン