Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

神田神保町の老舗「亀澤堂」の愛嬌たっぷり和ませ和菓子【エディターのおうち私物#226】

BAILAエディターズが愛用品からおすすめカルチャーまでを紹介するリレー式コラム、第226回は老舗和菓子店、神田 亀澤堂の「もなかめ」です。

亀につられて思わず笑顔に。亀澤堂の最中「もなかめ」

BAILA編集部のある神田神保町には様々な老舗があります。神保町の交差点近くに店を構える和菓子の「亀澤堂」もそのひとつ。創業1905年の歴史あるお店ですが、親しみやすい雰囲気の“街の和菓子屋さん”といった感じ。看板商品のどら焼きと豆大福は、どちらもスタッフへの差し入れにしてハズさない名品です。
   
先日、亀澤堂に定番のどら焼きを買いに行き、店頭でふと目に止まったのがこちらの亀。

神田亀澤堂の新しい和菓子「もなかめ」

「もなかめ」(1個250円)

まん丸の甲羅に、ニコッと笑った口もと、なんとも言えない愛嬌にノックアウトされました。手乗りサイズの小ささも可愛い。

亀澤堂の「もなかめ」よく見るとにっこりと笑顔

創業111年を記念して発売されたものだそうで、屋号にちなんだ亀の形の最中。薄めの皮の内側は小倉餡がぎっしり詰まっています。

神田亀澤堂の「もなかめ」パッケージ

ネーミングが言葉遊びというのがまたゆるくていい。亀だけにゆっくりのんびり、おやつの時間を和ませてくれる最中です。(編集S)

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン