Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

【大政絢Q&A 2】最近買った一生モノ、見せて!

大政絢がBAILA初カバー!誰もが憧れる、はっと目を引く華やかな顔立ちとしなやかなボディ。そんな隙がないように見える彼女の素の姿は、気配り上手でいるだけで場がなごむ、心地のいい人。今回は「最近買った一生ものは?」「仕事が楽しいと感じる瞬間は?」など、ファッションや仕事について答えてくれました。

大政絢

Fashion

Q13 最近買った一生ものは?

【大政絢Q&A 2】最近買った一生モノ、見せて!_2

Aエルメスのシルバーのブレスレット、シェーヌダンクル店舗を巡ってやっと巡り合えたので、ご縁だと思い迷わず購入しました。セリーヌのショルダーバッグも。美しいデザイン、かつ、上質なレザーに惹かれて。ずっと大切にしていきたいと思えるものをひとつずつ集めて、年を重ねながら丁寧に使っていきたいです。

【大政絢Q&A 2】最近買った一生モノ、見せて!_3

Q14 欲しいものはどう見つける?

A雑誌を見たり、衣装で身につけていいなと思ったり最近は斜めがけできるコンパクトなサイズのバッグをずっと探していたんだけど、いろいろ試してみてルイ・ヴィトンのものを選びました。携帯とリップが入るくらいミニマルなサイズ感がすごく今年っぽくてお気に入り。

【大政絢Q&A 2】最近買った一生モノ、見せて!_4

Q15 好きなブランドは?

Aその時期によって変わるけど、今は、ジル サンダーやロエベにときめいています。ZARAやH&Mのプチプラブランドにもよく助けられているし、BAILAによく載っているノークやアンクレイヴも好き。

Q16 部屋着は何着てる?

Aジェラートピケやオーガニック素材のスウェットなど。ものすごく暑がりなので、タンクトップ×デニムも定番。それにエプロンをつけて料理をしていると、友達からよく「エプロンする意味、ある?」って言われます(笑)。

Work

Q17 30代、モデルとしてどうなりたい?

Aいろんな撮影をすればするほどモデルという仕事が好きになっていくし、その一方で一体一体の衣装の重みも感じ、軽々しく服を着られないなと思うように。アイテムやコーディネートの特徴をしっかりつかんで表現できる力をもっともっと身につけたい

Q18 仕事で緊張することは?

A始まれば大丈夫だけど、その前が大変。実は昨日も初カバーのうれしさと緊張でずっとドキドキしていました。そういうときはストレッチしてゆっくりお風呂に入ってリラックス。テレビや映画は見ずに、アロマをたきながら心を落ち着かせて、深い呼吸をするように心がけます。

Q18_仕事で緊張することは?

Q19 仕事が楽しいと感じる瞬間は?

Aお仕事する相手とものすごく息が合ったと感じる瞬間、涙が出そうになるほどぐっときます。それからスタッフさんや共演者の方々に「また一緒にやろうね」と言ってもらえると、それだけですべてが報われて幸せな気持ちに。

Q20 くじけそうなときはどうする?

A運動して、体にやさしいごはんを食べて、しっかりお風呂に入って、質のいい睡眠をとる。気持ちがふさぎこんでいるからといって引きこもらず、仕事の話なしに一緒にいるだけで気分が上がる友達と過ごすことも大切。将来こうなりたいね。今年はこんなことしよう。など、未来を見据えた明るい話をしていると、自然と前向きな気持ちになれるんです。

BAILAの読者へメッセージ

大政絢

ニット¥32000/ル フィル NEWoMan新宿店(ル フィル) パンツ¥12273/ノーク(ノーク バイ ザライン) ピアス¥450000/TASAKI シューズ¥94000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

BAILA読者の皆さんは、仕事もプライベートもファッションも楽しんで、生き生きと生活しているイメージがあります。忙しい日々を過ごしながら夢を追いかけて、手に入れたいものも明確にある。欲しいものっていろんなことを頑張るためにも、必要不可欠なものだと思うんです。こんなおしゃれをしてみたいとか、こんな女性になりたいとか、そういう前向きな目標を持っている皆さんと同じ気持ちを忘れずに、私自身も頑張りたいと思っています。これからもよろしくお願いします!

撮影/菊地泰久〈vale. 〉 ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/斉藤くみ モデル/大政 絢 取材・原文/通山奈津子 構成/田畑紫陽子〈BAILA〉※BAILA2021年2月号掲載

【BAILA 2月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン