Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Super Bailars
  3. 谷本千晃

《MyWedding》結婚が決まってまず初めにやったこと

こんにちは!

バイラーズの谷本千晃です

 

今回は、タイトル通り結婚式をすることが決まってから「まず初めにしたこと」について書いていきたいと思います。

私の場合、ヘアメイクに関することでした。

ヘアメイクを決めるときに考えていたこと、こだわっていたこと、失敗しないためのポイントなどを書いていきますね!

 

以前のウェディングブログもよかったら覗いてみてください

 

前回のブログ 《MyWedding》1
前回のブログ 《MyWeeding》2

1番にしたこと

結婚式をやろうと決めて、まず初めにやったことはGoogleで「ブライダル ヘアメイク 人気」と調べることでした。

 

会場でもドレスでもなくヘアメイク。

なぜかというと、成人式とか卒業式のメイクにトラウマがあるからです。

プロの方にやってもらっても、自分でやった方がマシやん!濃くすればいいってもんちゃうで!ってなった経験は多くの人にあると思います。

 

特にヘアなんかは友人の結婚式に参加するときなど機会が多い分、疑問に思うことも多くて。

ヘアは自分でやるよりはマシなんだろうけど、う~んとなったことも多々。

朝早く起きて高いお金払ってこれか~と小さい不満がたまっていきますよね。

 

一般的に上手でも自分の好みじゃなければ意味がないし。。

一生に一度しかない晴れの日は自信をもって迎えたい!という思いが強くて、来てくれた人に心からのおもてなしをするためには、自分の機嫌をとることも大事だと思い、まずはここからでした。

 

 

テンションを左右するのは顔の仕上がり!

最近、ヘアメイクを持ち込みする人も多いですよね。

私も検討しましたが、残念ながらお願いしたい人は当日埋まっていたので提携先で進めることに。

 

会場提携の会社の人たちって情報が少なすぎて技術がわからない!

1か月前のリハーサルになってこの人あわない!って焦りたくない

という思いからいろんな方にやってもらって、イメージを固めたい!と思い、ヘアメイクしてくれるイベントを探していました。

 

そして参加したのが前回書いたエンゲージメントフォトの撮影イベントだったのですが、なんとそのときのメイクさんたちが、私たちが式をする会場の提携会社の方々でした。後から知ってびっくり。

 

正直に言うと、撮影イベントの日のメイクは好みではありませんでした。

もしかしたら外での撮影に特化したメイクだったのかもしれないですが、肌も目も濃くなりすぎて違和感がすごくてうまく笑えませんでした笑

友達に見せても厚塗り感がおばさんくさいと同じ意見。

 

  • 《MyWedding》結婚が決まってまず初めにやったこと_1_1

    向かって右がしてもらたメイク。

    アイラインが太すぎて顔タイプから浮いているし、目を開けると二重幅全部真っ黒で逆に目を小さく見せてしまっていました。

    左はアイラインを落としました。シャドウで陰影をつけてくれているのでこれで十分な印象。

 

アイラインひとつとっても、目の形や二重の幅を見極めて、その人の個性を際立たせるのがプロなのでは?全部指示してたら、いつも通りのメイクになってお金払う意味あるのかな?と、こだわり癖が爆発してしまいました。笑

自分とは好みが合わないと思ったので当日は別の人を希望することに。

  

好みのメイクを発見することはできませんでしたが、リハーサルが2回できたと考えて、これはこれで良かったなと思います。

 

失敗しないために

メイクに関しては、SNSで好きな系統を収集したり、お気に入りのアイテムがあるなら持参、お気に入りのメイクさんがいる場合持ち込みを検討したりと、こだわれるならこだわって損のないところ。

 

持ち込みに厳しい会場だとお断りされることもあるそうですが、会場も契約してほしいので契約前なら有利にもっていけることも多いです。

もし持ち込みを考える場合は、会場を決める前にメイクさんに目星をつけておくのが◎

契約後に言っても相手にしてもらえないとよく聞きます。

私の場合、お目当てのヘアメイクさんが埋まっていたのでメイクに関しては諦めましたが、もうひとつ譲れなかったカメラマンは契約の際に持ち込みOKにしてもらいました。

 

リハーサルをしてみて嫌だったら嫌だと言っていいし、譲れないポイントは全部言っていしまった方がいいです◎

ここだけは当日のテンションの大部分を左右するところなので、自分が納得いくまでこだわるのをおすすめします!

 

 

メイクよりも高いヘアのハードル

つらつらとメイクについて書きましたが、実を言うと普段はあまりメイクに興味がないんです。笑

 

シーズンごとに新しいコスメを買いたすこともなく同じアイテムばかり使ってしまうし、毎日3分以内で終わらせてしまうレベル。

でも似合うか似合わないかくらいは、この顔をずっと見てきたのでさすがにわかりますよ!

 

それに対して、ヘアでいろいろ試すのは大好き!

化粧品にお金かけるなら髪の毛にかけたいし、お気に入りの人がいたら大阪のサロンまで通うほど。

だからこそヘアに関してはすごくこだわりが強く、ハードルが高いんです。

 

撮影イベントのときにヘアを担当してくださったのは、最初にGoogleで検索したときにおすすめ10人の中に出てきた方。

インスタを見ると好みのスタイルがずらっと並んでいたのでフォローして、イベント告知があったので、すかさず参加してきました。

 

なんと、この方もまさかの提携会社の業務パートナーらしく、持ち込み料なしで当日指名できることに!

打ち合わせも何もないイベントのヘアでも本当に理想通りだったので、式も安心してお任せできそうです。

 

 

 

  • 《MyWedding》結婚が決まってまず初めにやったこと_2_1
  • 《MyWedding》結婚が決まってまず初めにやったこと_2_2

これが撮影の時のヘア。

・ローポニーがいい

・前髪くしゃくしゃな感じやってみたい

・おくれ毛は嫌いです

とざっくりと伝えただけでとても可愛くしてくれました。

 

このウェーブ加減と立体感って技量がわかりやすいところだと素人ながらに思っていて。

立体感あるけどめちゃめちゃピンささってるなってスタイルもよく見かけるので、ピンなしでこの絶妙な立体感は惚れ惚れします♡

 

なによりも嬉しかったのが、ヘア担当の方は講演やブライダルがないときは美容師としてお店にもいるそうで、今から5月に向けて普段のメンテナンスもお任せできること。

当日理想のヘアスタイルにするために、前準備からお願いできるってあんまり聞いたことがないので本当にラッキーでした◎

 

当日に向けて前髪を少し伸ばしたほうがいいと言われたので、扱いやすい2wayバングに。

ポニーテールしたときにボリュームが出るように後ろも伸ばしていきます。

  • 《MyWedding》結婚が決まってまず初めにやったこと_3_1

    何もしていない状態。ハゲっぽくならずに適度なシースルーで扱いやすい

  • 《MyWedding》結婚が決まってまず初めにやったこと_3_2

    ド直毛なのでかきあげバングがなかなかきまらないのですが軽くなったことで可能に。

失敗しないために

ヘアアレンジの画像はインスタやピンタレストにもたくさん投稿されているし、とりあえず似合う似合わないを考えなくていいからメイクよりも好みのスタイルを集めていきやすいと思います。

 

指示書にまとめるときはカールの強弱ひとつとっても、好きな画像だけでなく、それと似たスタイルのNGパターンも一緒に載せておくと伝わりやすいです。

 

あとは、イベント前に美容院にいくタイミングも大事ですよね。

よく聞く失敗は前髪を切られすぎたというもの。

カラーの色抜けを考えて美容院にいくのが直前すぎるとこうなる確率が高くなります。

そうならないようにしっかり好みを分かってくれていて、なんでも相談できる美容師さんを見つけておきたいですね!

 

instagram @c_tnm

熱く語りすぎて長くなりましたが、お付き合いいただきありがとうございました!

 

今年のバイラーズ同期には似たような時期にウェディングイベントをこなしている方が多くて、すっごく参考になります。

他の人はどんなのやってるのかなってメイクやヘアを見るの大好きです♡

 

Wedding @wd_chiaki

 

まだ投稿は少ないですが、ウェディング専用アカウントも公開しました。

よければそちらも覗いてみてください

 

次回の《MyWeeding》は和装前撮りについて書きたいと思います。

更新したらインスタでお知らせしますね。

 

今日も読んでいただきありがとうございました

 

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン