Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Beauty
  3. メイク

【2021春新色メイク×ニット】モヘアニットの日は、オレンジメイクで好感度アップ!

まだまだ出番の多いニットだけど、気分だけでも春らしくリフレッシュしたい。そんなときは心躍る春の新作シャドウやリップを取り入れて。モヘアカーディガンの日は、オレンジのアイメイクでヘルシーに見せるのが新鮮。ヘア&メイクアップアーティスト paku★chanに教えてもらいました。

《モヘアカーディガン》は《ベージュオレンジシャドウ》でヘルシーな色っぽさを

「女らしさの漂うモヘアのゆるカーデはピンクメイクでそのまま可愛くもっていくのも悪くないけれど、この春ならベージュ感覚で使える新生オレンジのアイメイクが断然おすすめ。ビビッドすぎず、シアーで肌なじみのいいオレンジだから、顔から浮かず使いやすさが秀逸なんです。また、媚びないフレッシュな発色は、夏ほど元気なイメージに振りすぎないので、ほどよく色っぽいヘルシー感が出ます」

モヘアカーディガンとベージュオレンジシャドウ

さわやかなオレンジフェイスで好感度UP

【EYE SHADOW】

ベージュ感覚で使えるオレンジカラー
「ベージュ感覚の肌になじむオレンジは、ふわっと心地よい高揚感があるんです」。メインとなるのはフレッシュなオレンジbaは陰影をつくり、cでシアーなきらめきをオン。

SUQQU

スック シグニチャー カラー アイズ 02

《A》スック シグニチャー カラー アイズ 02
¥7000

【MASCARA&CHEEK&LIP】

「グレーにオレンジというかけ合わせが素敵なので、目もと以外もオレンジのワントーンメイクに。マスカラもコッパーブラウンでなじませて」。

ディオール スティック グロウ 715

《B》ディオール スティック グロウ 715
肌に潤いを与えるツヤテクスチャーで、瞬時にみずみずしい肌へ。¥5000/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品)

イヴ・サンローラン ルージュ ボリュプテ シャイン Nº123

《C》イヴ・サンローラン ルージュ ボリュプテ シャイン Nº123
コーラル系のヌードリップ。たっぷり潤って、シワや荒れも飛ばしてくれる。¥4100/イヴ・サンローラン・ボーテ

シャネル ル ヴォリューム ドゥ シャネル 120

《D》シャネル ル ヴォリューム ドゥ シャネル 120
メタリックなコッパーブラウンのマスカラ¥4200(限定色)

【KNIT】

ロートレアモンのグレーモヘアコーデ

やさしい印象のグレーモヘア
インはボーダートップスを合わせて一層軽やかに。カーディガン¥38000/ロートレアモン トップス¥12000/ゲストリスト(ルミノア) パンツ(トップスセット)¥11000/プラステ イヤカフ各¥15500/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) リング¥27000/マリハ 伊勢丹新宿店 バッグ¥30000/グーニー PR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア) 靴¥29000/ベイジュ(ピッピシック)

【How to】

目頭側にオレンジをきかせて、抜け感を

《1》目頭側にオレンジをきかせて、抜け感を
アイホールにaで彫りをつくり、オレンジbを上下の目頭側3分の1と二重幅のみに。アイホールのくぼみにcを。

ツヤチークを幅広く入れ、フレッシュさを増幅

《2》ツヤチークを幅広く入れ、フレッシュさを増幅
Bのつややかな淡いチークは、笑ったときに高くなる箇所に幅広く入れて。内側のみ重ねて、さりげなく立体感を。

唇の色を消して、シアーリップをしっかり発色

《3》唇の色を消して、シアーリップをしっかり発色
シアーなリップだから、一度ファンデーションをのせてティッシュオフし唇の色を消したあとにたっぷり塗って。

【OTHERS】

アディクション ザ アイシャドウ 103P

アディクション ザ アイシャドウ 103P
フェミニン寄りのほんのり赤みを含んだオレンジは、甘口派に。¥2000/アディクション ビューティ(限定色)

THREE ディメンショナル ビジョン アイパレット 10

THREE ディメンショナル ビジョン アイパレット 10
オレンジニュアンスを楽しみたい人に。¥6500(1月13日発売)

キャンメイク シルキースフレアイズ 07

キャンメイク シルキースフレアイズ 07
リーズナブルにして、ツヤ感も発色も色バリエも秀逸。彫りシャドウもきらめきシャドウもセットだから、立体感が自在。¥750/井田ラボラトリーズ(2月28日発売)

(モデル)カーディガン¥38000/ロートレアモン トップス¥12000/ゲストリスト(ルミノア) イヤカフ各¥15500/ノウハウ ジュエリー(ノウハウ) リング¥27000/マリハ 伊勢丹新宿店

教えてくれたのは

paku★chan

ヘア&メイクアップアーティスト

paku★chan


雰囲気のあるメイクのなかに絶妙にトレンドをミックスさせる、理論派のヘア&メイク。著書『すべての「キレイ」に理由がある #かわいい超え 大人メイク教本』(講談社)が発売中。

撮影/菊地泰久〈vale.〉(人)、ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/門馬ちひろ(人) モデル/森絵梨佳 取材・原文/中島 彩 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載

【BAILA 2月号はこちらから!】

【2021春新色メイク×ニット】モヘアニットの日は、オレンジメイクで好感度アップ!_13
【2021春新色メイク×ニット】モヘアニットの日は、オレンジメイクで好感度アップ!_14

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン