Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. まとめ

【2021春トップスまとめ】おしゃれプロが太鼓判!春、30代が買うべきはこの4アイテム

バイラ世代のおしゃれを知りつくす伊藤真知さん&加藤かすみさんが、この春真っ先に欲しい!と声をそろえたのが「トップス」。久々に明るい色やワクワクするようなデザインも豊富なこの春、大人ならではの選び方と着こなしコツを教えてくれました。2人の対談もぜひチェックして!

<目次>

1.《甘めブラウス》を一つ足すだけで今っぽさが急上昇!

MADISONBLUE《マディソンブルー》

Kasumi's point
「デザインが甘くて色も白の場合、パリッとした素材だとコンサバすぎて難しいことも。洗いがかかっていたり、カジュアル感があるほうが着やすいので、素材選びも大切」


Machi's point
「甘さのさじ加減がわからなければ、トレンド上手なブランドで探すのも近道。メンズっぽいローファーやトレンチなど辛口なアイテムも“締め役”として活用して」

レースブラウスコーデの大政 絢

潔いくらいの甘さがカッコいい。 まずは着慣れたコーデにさりげなく
古着のようなヴィンテージ調の風合いがおしゃれなレースブラウスは、ボトムもカジュアルに振ったほうが好バランス。「定番服に一つ足すだけで、今年っぽくなるのが“甘さ多め”なブラウスの魅力。デニムは基本どんな形でも合いますが、手持ちのスキニーくらいから試してみても」(加藤さん)。ブラウス¥65000/マディソンブルー コート¥52000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ) デニムパンツ¥27500/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) バッグ¥84000/エバゴス ピアス¥5800・リング¥6500/ハルミ ショールーム(グレイ) バングル¥18000/ソワリー 靴¥26000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ルカ グロッシ)

Drawer《ドゥロワー》

Machi's point
「これまでになく大きなフリルが登場したり、今季は甘めというより“激甘”ムード。華やか&細見えに効くのも嬉しい」

ピンクのワントーンコーデの大政 絢

あえてボトムにもピンクを。きれい色同士が今年流
大胆な甘ディテールや構築的に進化したシルエットに加えて、この春はきれいな色も特徴のひとつ。「合わせるパンツもおなじみのベージュからピンクへ。これくらいわかりやすく全身で“色”を楽しむほうが、今っぽさには効果的。色×色のときはボトムが淡い色だと下半身が膨張して見えてしまうので、2トーンくらい深い色を持ってくるイメージで」(加藤さん)。ブラウス¥64000・パンツ¥44000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥90000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザンケッティ)

Rouge vif la clé《ルージュ・ヴィフ ラクレ》

Kasumi's point
「ビッグリボンも透け素材なら甘くなりすぎず大人向き。やわらかなトーンで合わせていっそう女性らしい印象に」

デニムと甘めブラウスのカジュアルコーデの大政 絢

頼れるデニムとなら、甘ブラウスもぐっと身近に
「存在感のあるブラウスをほどよくカジュアルダウンし、毎日に着やすくしてくれるのはやっぱりデニム。今季の人気カラーであり、優しげなピンクベージュにもなじむ明るいブルーが狙い目」(伊藤さん)。リボンは前でも結べる2way。ブラウス¥18000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) デニムパンツ¥33000/サザビーリーグ(マザー) バッグ¥16800/ショールーム セッション(YAHKI) ピアス¥4500・バングル¥7500/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ)

《受け皿ボトムは》

受け皿ボトムはパンツがベスト

パンツがベスト。甘さが悪目立ちしないようにトーンや表情を合わせて
上にボリュームがあるぶん、すっきり決まるパンツが◎。ただしブラウスの主張が強いからとシックな色で落ち着かせようとすると、かえって甘いディテールが奇抜に見えてしまうことも。ブラウスになじむ明るめの色やカジュアルなデニムなど、どこか軽やかさのあるものを選ぶのが正解。※モデル着用分と同じ(右から)パンツ¥44000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) デニムパンツ¥33000/サザビーリーグ(マザー) デニムパンツ¥27500/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)

《甘めブラウス》の選び方と着こなしのコツを詳しくチェックする

2.《バンドカラーシャツ》はカジュアルな丸首が使いやすい

ebure《エブール》

Kasumi's point
「黒パンツなどでもカッコよくて素敵ですが、モノトーンではシャープになりすぎるのできれい色で優しげに。春らしさと同時に、バイラ世代らしいフェミニンさも味わえます」


Machi's point
「一枚でパサッと着たいオーバーサイズ。だからこそ厚手だったり、パリッとしたり、きちんと見えする素材にもこだわりたいところ。深めのスリットも動きやすくて高ポイント!」

バンドカラーシャツコーデの大政 絢

清潔感あふれるクリーンな白。ひとさじの“隙”が女らしさに
「首が詰まったバンドカラー、お尻も隠れるオーバーサイズとなると、女性らしさが不足しがち。抜け感を出す上でも、袖口をたくし上げて手首を見せるひと手間は欠かせません」(加藤さん)。大ぶりなチェーンブレスもクールな女っぽさにひと役。シャツ¥36000/ebure GINZA SIX店(エブール) パンツ¥17000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥42000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブレスレット¥15000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーヌ タヴェルニティ) 

CADUNÉ《カデュネ》

Kasumi's point
「キリッとしたい日に選びがちなシャツだからこそ、ボトムはきれいめパンツで洗練させて。靴やバッグも品のいい感じに」

ブルーのストライプシャツコーデの大政 絢

久しぶりにシャツを着たい、そんな気分に寄り添うブルー
ストライプ+センタープレスパンツの相乗効果で、すらっと。「一般的な“襟つき”と比べてカジュアルなバンドカラーは、あまりシャツを着ない私でも取り入れやすい一枚。とはいえ白は少々ハードルが高いので、よりカジュアルに見えるブルーから挑戦!」(伊藤さん)。シャツ¥21000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥21000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24000/ビームス ライツ 渋谷(ファビオ ルスコーニ)

FRAY I.D《フレイ アイディー》

Machi's point
「旬ブランドからも続々と登場しているニットベストつき。バンドカラーなら重ねても学生感がなく洒落て見えます」

ニットつきシャツのレイヤードの大政 絢

コーデずみの便利な一着は色数をしぼってすっきりと
「トップス一枚でレイヤードが完成されているので、シャツかニット、どちらかに近い色のボトムを合わせるだけできれいにまとまります。さっぱりしすぎるようなら、柄バッグでひと盛りして」(加藤さん)。シャツとニットは単品でも使えて大活躍。ニットつきシャツ¥18000・スカート¥22000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥45000/アマン(ア ヴァケーション) ピアス¥12000・リング¥11000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 靴¥32000/ベイジュ(ピッピシック)

《受け皿ボトムは》

受け皿ボトムはきれいめなデザインを

パンツでもスカートでもシュッと見えるきれいめなデザインを
多くはオーバーシルエットだからこそ、基本的にボトムは細身。シャツのきちんと感を生かし、センタープレスの入ったテーパードやストレートシルエットのパンツできれいめに仕上げるのがベター。スカートを選ぶときも、縦のラインが強調できるプリーツなど、ほっそり感を意識して。※モデル着用分と同じ

《バンドカラーシャツ》の選び方と着こなしのコツを詳しくチェックする

3.《きれい色カーディガン》に大人も似合う明るいカラーが続々

Drawer《ドゥロワー》

Kasumi's point
「ほどよくフィット感のあるリブニットなら美しい体のラインが出てきれいな印象。流れるような動きの出るつやスカートも、女性らしさにひと役買ってくれます」


Machi's point
「発色のよさはもちろん、着心地も軽やかなコットンベースのニット。今日から初夏まで長いシーズンに活躍してくれるからこそ、ちょっと上質なものに投資してみるのもアリ」

寒色系のきれい色カーディガンコーデの大政 絢

透明感を引き出すグリーンとつやめくベージュで美女感アップ!
初めてなら、鮮やかな色でも甘すぎない寒色系からスタート。色×色が難しければ、メインアイテム以外は同じベーシック色でそろえてしまうのも手。「黒やネイビーといったダーク色のボトムは春には重く、きれい色とコントラストがつきすぎてしまうので避けるべき。白ほど爽やかすぎず、グレーより優しく仕上がるベージュがベスト」(伊藤さん)。カーディガン¥49000・トップス¥43000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) スカート¥21000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) バッグ¥180000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザンケッティ) リング¥10000・バングル¥12000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード)

Demi-Luxe BEAMS《デミルクス ビームス》

Kasumi's point
「せっかくのきれいな色なので、ツインニットで印象を強めて。この春、人気の柄スカートも盛り上げ役として投入!」

ニットとペイズリー柄スカートコーデの大政 絢

ニットの色を拾ったペイズリー柄スカートで上品なインパクトを
一見、派手に思えるきれい色×柄スカートも、ニットに近い色を柄で拾えば、思った以上に簡単&上品。「今年は柄スカートのバリエーションも豊富なので、辛めなペイズリー柄で差をつけても新鮮。小物は“真っ白”で抜け感を」(伊藤さん)。カーディガン¥13000・トップス¥11000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) スカート¥24000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) ピアス¥55000・リング¥10000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード) バッグ¥48000(ペリーコ)・靴¥125000(ザネラート)/アマン

ebure《エブール》

Machi's point
「発光したような、それでいて少しくすみがかったようなニュアンスイエローが今年顔。色ボトムでさらに鮮度よく」

旬のカラーonカラーコーデの大政 絢

旬のカラーonカラー。トーンをそろえれば大人っぽくまとまる
「レモン色×ライトブルーのような目を引く色同士は難しいと思われがちですが、淡さや明るさをそろえることを意識して。ここを守ればどんな色のかけ合わせもうまくいきます」(加藤さん)。カーディガン¥26000・トップス¥21000/ebure GINZA SIX店(エブール) パンツ¥17000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マルティニーク) バッグ¥34000/ビームス ライツ 渋谷(ヤングアンドオルセン) ピアス¥17000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ニナ アンド ジュール)

《受け皿ボトムは》

受け皿ボトムは意外性のあるアイテムを

色のインパクトにのみ込まれない意外性のあるボトムを
今年のきれい色は“潔く着る”のがキーワード。赤や黄色にグリーンを合わせるなど、上と同じくらいパンチのある色をボトムに持ってきても、淡さや明るさをそろえておけばチグハグな印象は皆無。控えめに見えるベージュもシルク混で光沢が美しかったり、ドラマチックに映えるものを。※モデル着用分と同じ

《きれい色カーディガン》の選び方と着こなしのコツを詳しくチェックする

4.《ゆるボーダー》は色やフォルムが女っぽくアップデート

SURT《サート》

Kasumi's point
「今季のボーダーは、体が中で動くようなゆるやかなビッグシルエットが可愛い。足もともぺたんこがリアルなので、メンズっぽい太めパンツで力を抜いた着こなしに」


Machi's point
「白地が多めのパネルボーダーは、きれいめな印象になり、大人向き。鎖骨の見える大きな襟ぐりやドロップショルダーもきゃしゃさが引き立つので◎」

マリンライクのブルーボーダートップスコーデの大政 絢

マリンライクがやっぱり素敵! 小さなアップデートでセンスよく
仕上がりの印象を左右するのは、実はアクセ。「パールだときれいめだし、シルバーだとカジュアル寄り。どちらも正解ですが、女性らしいムードを高めたかったらあえて大ぶりのゴールドを。ブルーボーダー×ネイビーパンツのよくある組み合わせでも、大人っぽくバージョンアップできます」(加藤さん)。トップス¥16000(サート)・パンツ¥60400(マリア マクマナス)/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店 バッグ¥13800/ショールーム セッション(YAHKI) ピアス¥34000(ガブリエラ アルディカス)・ブレスレット¥26000(ペリーヌ タヴェルニティ)/ウィム ガゼット ルミネ新宿店 靴¥35000/ベイジュ(ピッピシック)

Demi-Luxe BEAMS《デミルクス ビームス》

Machi's point
「おなじみボーダーはカラーを更新! 優しげグレージュは、同系色ジャケットと一緒ならさらりと着こなせるはず」

ボーダートップスとセットアップコーデの大政 絢

新顔のセットアップで、ゆるくても洗練された着こなしに
ジャケット自体もリネンなど、軽やかな素材に注目を。「今季はセットアップも多く、コーデを考えなくてもいいという意味でもラク。イージーパンツとのセットのようなリラックス感のあるものを選ぶといっそう新鮮に」(加藤さん)。トップス¥10000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ジャケット¥19000・パンツ¥13000/アンクレイヴ バッグ¥58000/フルラ ジャパン(フルラ) ネックレス¥12000/ノーブル 有楽町マルイ店(ユーカリプト) 靴¥35000/ベイジュ(ピッピシック)

Le minor《ルミノア》

Kasumi's point
「顔まわりがパッと明るくなるのが、柄トップスの醍醐味。トレンドを意識した色×色でいっそう華やかさを増して」

テーパードパンツとボーダートップスコーデの大政 絢

誰もが楽しめる柄だから、今っぽさを感じる配色で
「テーパードパンツとのシンプルな着こなしも今年っぽく映るのは、パープル×ピンクという配色の妙。ボーダーは薄手タイプを選んでおくと、インしても腰まわりがもたつかず見た目もきれい」(伊藤さん)。トップス¥13500/メゾン イエナ(ルミノア) パンツ¥21000(トゥモローランド コレクション)・バッグ¥21000(キャロルジェイ)/トゥモローランド コート¥59000/インターリブ(サクラ) ピアス¥10000・ブレスレット¥9500/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール)

《受け皿ボトムは》

受け皿ボトムはちょっときれいめに

週7“ぺたんこ”の今、間をつなぐパンツはちょっときれいめに
ヒールを履く機会が減り、ボーダーもカジュアル。そこにデニムではラフすぎるし、半端丈のスカートではバランスが難しい……と考えると、きれいめパンツが適任。万能なテーパードはもちろん、今どきの太めストレートもぺたんこ靴と相性がよく、アイテムとしても新鮮なのでおすすめ。※モデル着用分と同じ

《ゆるボーダー》の選び方と着こなしのコツを詳しくチェックする

5.《春の4大トップス》おしゃれのプロが伝授!選び方と着こなしのコツ

伊藤真知さんが推す春トップス

伊藤真知さんが推す春トップス

シャツ¥7263/プラステ ブラウス¥56000/サザビーリーグ(マーレット) トップス¥13000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア) (右)カーディガン¥13000・トップス¥11000/デミル クス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) (左)カーディガン¥13000/シュガー・マトリックス(イチエ) デニムパンツ¥19000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザシンゾーン) バッグ¥46000/エバゴス 靴¥83000/エディット フォー ルル(フランチェスコ ルッソ)

《甘めブラウス》は大げさなデザインで潔く着たい気分

甘めブラウス

「ここまでの甘いデザインは初めて。ハリ感のある素材、色もベージュなのでリッチな雰囲気に」(伊藤さん)。ブラウス¥56000/サザビーリーグ(マーレット)

カジュアル派の《バンドカラーシャツ》はほんのり色つきを

バンドカラー

「シャツ慣れしていないこともあり、個人的には白よりも堅さが和らぐブルーがジャスト。お尻まですっぽり隠れるオーバーサイズもお気に入り」(伊藤さん)。シャツ¥7263/プラステ

《きれい色カーディガン》は爽やかな色を女っぽいVネックで

きれい色カーデ

「甘すぎず辛すぎず、どちらにも振れるイエローやグリーンは万能」(伊藤さん)。(右)カーディガン¥13000・トップス¥11000/デミル クス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) (左)カーディガン¥13000/シュガー・マトリックス(イチエ)

カットソーのような薄手&《ゆったりサイズのボーダー》で品よく

ボーダー

「体が泳ぐようなシルエットはきゃしゃ見えにも。ありそうでなかったグレーボーダーが新鮮」(伊藤さん)。トップス¥13000/ドレステリア 新宿店(ドレステリア)

加藤かすみさんが推す春トップス

加藤かすみさんが推す春トップス

トップス(アンスクリア別注)¥18000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(アンスクリア) ブラウス¥25000/サードマガジン (上)カーディガン¥39000/サザビーリーグ(デミリー) (下)カーディガン¥23000・プルオーバー¥16000/アルアバイル(ルル・ウィルビー) シャツ¥10900/ハッシュニュアンス バッグ¥180000/ウィムガゼット ルミネ新宿店(ザンケッティ) スカート¥62000/サードマガジン 靴¥9800/ル タロン渋谷パルコ店(Le Talon)

《ゆるボーダー》はひとクセあるデザインで楽しいインパクトを

ボーダー

「配色の違う二つのボーダーを合わせたユニークなデザイン。今年はこれくらいの遊び心があっても」(加藤さん)。トップス(アンスクリア別注)¥18000/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店(アンスクリア)

《きれい色カーディガン》はリブ素材やツインタイプで女性らしく

きれい色カーデ

「鮮やかだけど原色とも違う、少しくすんだようなトーンが大人好み」(加藤さん)。(上)カーディガン¥39000/サザビーリーグ(デミリー) (下)カーディガン¥23000・プルオーバー¥16000/アルアバイル(ルル・ウィルビー)

《バンドカラーシャツ》はパリッとした白の王道をチョイス

バンドカラー

「シンプルに見えて、実は後ろがあいたデザイン。一枚で着ることも多いので、着たときに動きが出たり、サマになりやすいものがいいですね」(加藤さん)。シャツ¥10900/ハッシュニュアンス

“透ける黒”ならリボンつき《甘めブラウス》も大人っぽい印象に

リボンつきブラウス

「トップスにはあまり色を入れないので黒が多め。デザインの甘さが抑えられると同時にモードっぽい要素も加わって、カッコよく着られます」(加藤さん)。ブラウス¥25000/サードマガジン

ついに4 回目! 人気対談がリターンズ

テンションもおしゃれも一気に上がるから、春はトップスが最優先!

伊藤 かすみさん、ようやく春がきますね! マスク生活も一年になるけれど、まだまだおしゃれが楽しみづらい毎日。せめて顔まわりくらいは華やかに見せたくて、この春も相変わらずトップスばかりに目がいきます。

加藤 リモートワークも増え、“上だけはちゃんとしないと”という意識もありますしね。春物を見ていても、トレンドはトップスに集中している気がします。

伊藤 特に気になったトレンドはありますか?

加藤 まずは甘めブラウスですね。フリルやリボンがついたものは前からあったけど、今季はデザインがより大胆になって、なかなかの“激甘”(笑)。大人ブランドでも多く見かけますし、春にかけて本格的に出てきそうな予感です。

伊藤 たしかに“映える”という意味では、いちばん効果的かも。

加藤 そうそう! ボトムは去年のままでも、一つ足すだけで格段に今年っぽく見える。真っ先に買うアイテムとしてもぴったりです。

伊藤 あと私、実は冬の間にバンドカラーのシャツを買ったんです。ニットの襟元からチラッと見えると可愛いなと思ったんですけど、これがとんでもなく着やすくて!

加藤 バンドカラーは私も好き。仕事も家でという今の時代にあって、きちんと感もありつつカジュアルに着られるシャツというのは、使いやすくていいと思います。

伊藤 かすみさん的にマイブームなトップスはありますか?

加藤 きれい色!(即答)

伊藤 ちょっと意外! ベーシック色好きなイメージがあったので。

加藤 そうなんです、よく着ているのは黒やベージュ、ブラウン系。きれい色って子どもっぽく見える気がしてほとんど持っていなかったんですけど、今年は鮮やかなのに少しくすんだようなトーンがすごくきれいで。これなら大人の私にもいけるかなと。真知さんは色、好きですよね?

伊藤 はい、大好物(笑)。でも今まではボトムで取り入れることが多かったから、春はトップスで挑戦してみたくて……顔映りもよさそうですしね。今季はボーダーもきれいな色が増えたので、アップデートしようと思っています。

加藤 柄ってパッと明るくなるから、いいですよね。一枚は持っている人も多いので、今年はちょっとクセのあるものを選んでみても楽しいかも。冬はアウターも含め全身で素敵かどうかが大事だけれど、薄着になる春はやっぱり上半身が目立ってくるから、トップスが最優先。顔まわりが変われば気分も一気に上がるので、まずはトップスの更新をおすすめします。

教えてくれたのは…
伊藤真知さん

伊藤真知さん


本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーディネートや真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。

加藤かすみさん

加藤かすみさん


本誌の特集、表紙をはじめ、広告やカタログまで幅広く手がける人気スタイリスト。センスと理論に基づいた着こなし術にはファンも多数。

おしゃれプロが推す春トップスを詳しくチェックする

撮影/魚地武大〈TENT〉(物)、渡辺謙太郎(人) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/大政 絢 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年3月号掲載

【BAILA 3月号はこちらから!】

【2021春トップスまとめ】おしゃれプロが太鼓判!春、30代が買うべきはこの4アイテム_27
【2021春トップスまとめ】おしゃれプロが太鼓判!春、30代が買うべきはこの4アイテム_28

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン