Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

花の着回しができる花器、イッタラのアアルトベース251【エディターのおうち私物#245】

花の着回しができる花器、イッタラのアアルトベース251

BAILAエディターズがリレー形式でお気に入りをお届けするコラム、第233回はイッタラの花器の名品、アアルト ベース251です。

 

これは花の「着回し」ができる花器。

こんな毎日だから、せめて花のある暮らしを。

そう思って入手した有名なフラワーベースのおかげで、

最近「毎日花のある暮らし」が続いています。

 

たくさんのカラーや大きさがあるアアルト ベースの中から選んだのは、251というサイズ。

色は、花だけでなく、茎や葉っぱの緑がきれいに見えるクリアをチョイスし、

存在感があって、枝だけでもサマになる高さ約25センチの大きめタイプにしました。

これが大正解!

飾る花の種類や本数に関わらず、どんなときでも絵になるのです。

 

イッタラのアアルトベース251

アアルトベースは、1936年に発表された、フィンランドのデザイナー、アルヴァ・アアルト氏によるもので、

パリ万博に出品され、世界中で愛されている名品中の名品です。

流線型のフォルムは、フィンランドの湖がモチーフとの説があり、

見るたびに北欧の雄大な自然に思いを馳せることに。

見る角度によって形が変わり、あるだけで風景が変わって、どこかユーモラスなのです。

 

私のささやかな3週間花着回しをご紹介します。

 

・とある週末、近所の花屋さんで650円のカラーとユーカリを。

・1週間後の週末、700円でピンクのラナンキュラスと白のライスフラワーと葉っぱのセットを投入。

・さらに数日後カラーはさよなら。

・2週間め、ラナンキュラスは3本に。

・そして数日後、日持ちのするユーカリとライスフラワー、葉っぱのグリーンだけに。

 

花がなくても十分絵になるのは、イレギュラーな流線型が美しいアアルトのおかげ。

あとは週末に出会った花を足す予定。

枝などのグリーンをベースにしておけば、少ない予算とお花で毎日充分楽しめる、

天才アアルトベース!

季節の移り変わりも楽しみです。

アアルトベースにカラーとユーカリ
ラナンキュラスとライスフラワー
ラナンキュラス3本
グリーンのみ

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン