Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【2021春トレンド】大人のシャツの条件は「上品だけどラクに着られる」一択!

ちょっぴり後ろ向きな世の中だからこそ、せめておしゃれはポジティブに! スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんがこの春一目置いているのが「シャツ」。上品だけどラクに着られることが今季の絶対条件とのこと。

品よくスマート、だけどラク。シャツってこんなに身近だったんだ

てろっとした素材や、前後差があってふわふわと動きが出るものなどどこか軽く、リラクシーな雰囲気こそが今どきシャツの絶対条件。手持ちのボトムでも新鮮に映るバンドカラーやセットアップ仕様だったりと、着こなしの上でもラクしておしゃれがかなうのも、時代のムードにぴったり。

Kasumi’s recommend!
今季はセットアップとして着るシャツがとにかく豊富! 別々で使うことも考えて買うほうがお得なので、手持ち服に合い、かつアクセントにもなりそうな旬色を。

Machi’s recommend!
アイロン不要でするっと着られる手軽さも今どきなリラックスシャツのいいところ。レーヨンなど素肌に着て気持ちいい素材は、これからの季節にリピートしたくなります。

シャツ&パンツのセットアップコーデの大政 絢

「セットアップの軽い感じを生かすなら、バッグは小ぶりなポシェットくらいがジャスト。足もともヌーディなサンダルでリラックスして見せるほうが、より今っぽくこなれた印象に」(加藤さん)。シャツ&パンツのセットアップ¥13000・靴¥7990/プラステ ピアス¥57200・リング¥35200/ショールーム セッション(マリハ) ブレスレット¥16500/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーヌ タヴェルニティ) バッグ¥24200/フルラ ジャパン(フルラ)

Kasumi’s recommend!
丸首のバンドカラーも春先から人気のトレンド。首が詰まっているぶん袖はラフにまくるなど、着方でリズムをつけるのも大事。

Machi’s recommend!
代わり映えしないと思ったら、襟の形を変えるだけでも新鮮に。着慣れた白シャツ+スキニーも、丸首ひとつで洒落感がアップ。

シャツ+スキニーのシンプルコーデの大政 絢

シャツ+スキニーのシンプルな組み合わせ。配色もアレンジ自在のモノトーンとくれば、小物は少々やんちゃに。「革靴とサンダルの間のようなグルカサンダルも、ぺたんこ時代の今、注目のトレンド。きちんと感とカジュアル感のバランスのよさがバンドカラーシャツにも似ていて、相性バッチリ」(伊藤さん)。シャツ¥29700(プロタゴニスタ)・バッグ¥71500(ア ヴァケーション)/アマン パンツ¥23100/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) ピアス¥26400(モダンウィーヴィング)・ブレスレット¥14300(フィリップ オーディベール)/プルミエ アロンディスモン 靴¥42900/ビームス ボーイ 原宿(パラブーツ×ビームス ボーイ)

加藤かすみさん

スタイリスト

加藤かすみさん


表紙や特集のほか、広告なども幅広く手がける人気スタイリスト。センスと理論を備えた着こなし術にはファンも多く、“かすみさんのコーデは売れる!”は定説。

伊藤真知

エディター

伊藤真知


本誌をはじめ、数々の女性誌で活躍するファッションエディター。等身大のリアルなコーディネートや真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも好評。

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/大政 絢 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 撮影協力/AWABEES、TITLES、GLITCH COFFEE & ROASTERS ※BAILA2021年4月号掲載

【BAILA 4月号はこちらから!】

【2021春トレンド】大人のシャツの条件は「上品だけどラクに着られる」一択!_3
【2021春トレンド】大人のシャツの条件は「上品だけどラクに着られる」一択!_4

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン