Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【2021春トレンド】モノトーンのドットはロングスカートで取り入れて大人っぽく

ちょっぴり後ろ向きな世の中だからこそ、せめておしゃれはポジティブに! スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんがこの春注目しているのは「モノトーンのドット」。大人っぽく着るには、ブラウスではなくボトムで取り入れるのがコツ。

モノトーンのドットこそ大人にちょうどいい可愛げ

小花やチェックよりも大人っぽく、キャッチーな華やかさを演出できるドット柄は、出番の多い無地トップスをちょっと女っぽく盛り上げたい日に最適なスパイス。柄としては定番だからこそ、潔いロング丈を選ぶなど“無難”に終わらせない工夫を。

Kasumi’s recommend!
ブラウスでは可愛くなりすぎるドット柄もボトムなら女性らしくて大人向き。オール黒にひとつ取り入れるくらいのさりげなさが、簡単&洗練された印象に。

Machi’s recommend!
使い勝手で選ぶなら、黒地×白がベスト。最近はボトムにあまり目新しいトレンドがないので、こういう柄が一枚あると着こなしのバリエーションが広がって便利。

モノトーンのドットのフレアスカートコーデの桐谷美玲

「女性らしいフレアスカート、特にドットのような可愛い柄では、脚を出すと子どもっぽく見えがちなのでロング丈がベター。その代わり透けるカーデやパンプスで肌感を。大人のバイラ世代は、甘さも女っぽさもスマートに演出するのが素敵です」(伊藤さん)。スカート¥68200/サードマガジン カーディガン¥22000/プルミエ アロンディスモン(プルミエ アロンディスモン) ピアス(左耳)¥22000(マリア ブラック)・(右耳)¥8800(マリア ブラック × チノ フォー デミルクス ビームス)/ショールーム セッション バッグ¥121000/エバゴス 靴¥59400/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーコ)

加藤かすみさん

スタイリスト

加藤かすみさん


表紙や特集のほか、広告なども幅広く手がける人気スタイリスト。センスと理論を備えた着こなし術にはファンも多く、“かすみさんのコーデは売れる!”は定説。

伊藤真知

エディター

伊藤真知


本誌をはじめ、数々の女性誌で活躍するファッションエディター。等身大のリアルなコーディネートや真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも好評。

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/桐谷美玲 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 撮影協力/AWABEES、TITLES、GLITCH COFFEE & ROASTERS ※BAILA2021年4月号掲載

【BAILA 4月号はこちらから!】

【2021春トレンド】モノトーンのドットはロングスカートで取り入れて大人っぽく_2
【2021春トレンド】モノトーンのドットはロングスカートで取り入れて大人っぽく_3

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン