Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

マイナス言葉をまき散らす“エナジーバンパイア”とは?【BAILA本誌連載「松岡修造、指南!燃やせ!君のモチベーション」】

やる気はまず“コトバ”から! 実は誰よりもネガティブだという、日本一熱い男・松岡修造さんが、読者のお悩みにお答えする、BAILA本誌の大人気連載。今回は、人のやる気や気力を吸う“エナジーバンパイア”から身を守る方法アドバイスしていただきました。

【今月の修造ワード】エナジーバンパイアには脱エナジーギバー!

松岡修造がお悩みにアドバイス

ネガティブな人にやる気や気力を吸い取られたことがありますか?


「マイナスな言葉をまき散らす上司に、エネルギーを奪われて困っています。常に否定的で理不尽な態度で接してくるので精神的に疲れます。最近“エナジーバンパイア”という言葉を知り、『私の上司のことだ!』と強く思いました。距離を取りたくても直属の上司なので難しく、どうしたらいいか途方に暮れています」(30歳・マーケティング会社)

 
【松岡さん】
大変ですね……。人のエネルギーを奪う吸血鬼。僕もエナジーバンパイアという言葉を聞いたことがあります。シンプルに考えると、対応するか避けるか道は二つしかない気がします。上司で避けられないとなると対応するしかないんでしょうね。コミュニケーションをとる上で、“十字架”か“にんにく”を使って身を守るのはどうでしょう。

まず“十字架”です。お悩みに常に否定的で理不尽な態度とあります。今はパワハラ的な要素がある場合、周囲に「上司からこういうことを言われています」とハッキリ言える時代です。「これはおかしい」と思ったら、十字架をつき突ける感覚で会社に報告することで解決するケースがあるかもしれませんね。

そこまでする必要はないと思ったら、“にんにく”ガードで、上司のバンパイア的な要素を自分の心の中に取り入れないように身を守る。「私はにんにくだ!」とイメージしながら心にバリアを張って、決して真正面からは向き合わないことが大事です。「今日は機嫌が悪いみたい」と聞き流すもよし。「こういう人にはならないぞ」と反面教師にするもよし。理不尽な態度に対しては、たとえ相手が上司であっても気づかって謝ったり、無理に同意したりすることはキッパリやめましょう。


エナジーバンパイアには脱エナジーギバー

エナジーバンパイアにエネルギーを吸い取られる人は、基本的に優しくていい人だと思うんです。相手に幸せになってもらいたい気持ちから自分のエネルギーを与えてしまう=エナジーギバーになりがち。その心がけは人間関係において大切なことで素晴らしいのですが、悪い吸血鬼を相手にエナジーギバーになってはいけない!

エナジーバンパイアが喜ぶのは、ネガティブな思いを共感してくれる感覚だと推測します。よって相手から反応も同意も得られなかったら、「この人からは何も得られない」と気づいて態度が変わるかもしれない。エナジーバンパイアは無自覚なことが多いので、気づいてもらうためにもある程度大げさに「私は同意しません」「来ないで」とにんにくガードでしっかり伝えましょう。

このお悩みを読んで、意外と誰もがエナジーバンパイアになる可能性があるんじゃないかと、自分を含めた身近なコミュニケーションを振り返りました。自分の立場や相手との関係性を利用してネガティブを発散し、相手にストレスを与えている瞬間が誰でもあるかもしれないと。どんなときも相手のエネルギーを奪わないコミュニケーションを心がけたいですね。

『ネガティブが人を強くする!修造流脳内変換術』(集英社)

好評発売中!!

『ネガティブが人を強くする!修造流脳内変換術』(集英社)

松岡 修造(まつおか しゅうぞう)

松岡 修造(まつおか しゅうぞう)


’95年にウィンブルドンでベスト8に進出するなど、日本を代表するプロテニスプレイヤーとして活躍。現在は、テニス界の発展に尽くす一方、スポーツキャスターなどメディアでも幅広く活躍中。本誌連載を一冊にまとめた単行本『ネガティブが人を強くする!修造流脳内変換術』(集英社)が好評発売中。

撮影/中村和孝〈まきうらオフィス〉 ヘア&メイク/大和田一美・井草真理子〈APREA〉 スタイリスト/中原正登〈FOURTEEN〉 イラスト/佐藤ワカナ  構成・原文/佐久間知子 企画/田畑紫陽子〈BAILA〉 ※BAILA2021年4月号掲載

【BAILA 4月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン